事業承継計画づくり&実行コンサルティング

事業承継コンサルティング

会社の現状や課題を加味し、事業承継プロジェクトを計画します。

これまで600社を超える会社の出口づくりを支援してきた実績が強みです。会社分割等の法的手法の活用を武器とし、利害関係の調整までも担います。

(支援の流れ)

①ご相談

②当方からの企画提案・見積もり提示

③着手の検討

④プロジェクト開始

 

支援の一例

当方からの支援を受けた場合のイメージを描いていただくため
ある会社の事例をご紹介します。

————————————–

A社はモノづくりの会社でした。

後継者はいるものの業績が落ち込んでいます。

「これからどうしたらいいか?」
と奥村のもとへ相談に来られました。
奥村は社長と後継者たるお子さんへのインタビューと、決算書等のデータを分析し、このまま会社を継がせることの危険を伝えました。

負債の額が適正範囲を超えてしまっていたのです。

そこで分社手法を使い、負債を含めた旧来の内容と、新しい価値づくりにチャレンジする2社に分けることを提案。

旧来の会社は、負債の整理をしつつ、ご家族への個人保証の危険を回避する策を講じました。

また、新しいチャレンジのための会社では、後継者に引き継がせる動線を作りつつ、生き抜くための新たな事業モデルに取り掛かりました。

この内容を計画にまとめ、法的手続きや関係者との交渉などのサポートを行っていきます。

周囲への迷惑や損害を最小限におさえつつ、後継者が無理なく経営をしていけるかたちを作りました。

 

支援の特徴

①手口フリー

通常の支援者は支援の手口が偏ります。

М&A仲介会社ならば、会社を売らせようとします。税理士ならば相続税対策として株価を引き下げようとします。

しかし、奥村には特定の手口様々な選択肢から会社の状況に応じてベストと思われる提案ができます。

 

 ②全体コーディネート

法律、会計、税、手続き、人間関係・・・など。

全体を見回して計画を立案し、プロジェクトを成就させるためコーディネートをします。

一部分だけをやってくれる専門家のスタイルではありません。

社長の相談相手であり、プロジェクトのマネージャーでもあるのです。

 

 ③総合的かつ高度なスキル

会社分割などを武器に、会社の大手術にたくさん従事してきました。その実績は個人のプレーヤーとしては日本一かもしれません。

これまで関与した遺言や相続、借金の相談や支援数も相当な数にのぼります。さらに、新事業の立ち上げや不動産開発など、自らリスクを負って仕事をしています。

実績から得られた総合力が強みです。

 

費用やスケジュール

気になる費用ですが、月額10万円から15万円の顧問料をいただいている
場合が多くあります。半年から一年のスパンで仕込みを完成させます。

お付き合いの仕方は様々で、費用やスケジュールさらにはやり方を変えることで調整ができます。依頼主の会社の状況と要望に合わせた提案を行います。

ご興味をお持ちいただいた方は、まずお気軽にお声がけください。

→ お問合せフォーム

→ 奥村聡について

【参考】
→ 第三者後継者への事業承継

 

▽この記事をシェアする