ケース別アクション

事業継承の戦略を持たないと自由を失う

事業継承や廃業などの『出口の場面』の取り組みには
「正直気が進まない」という方も多いのではないでしょうか。

話として重たく、楽しいものではないかもしれません。

また頑張ったところで、
売上の向上などの短期的な利益につながるわけでもありません。

どちらかといえば保険的な意味合いであり、
長期的な投資になります。

 

そんな出口づくりの取り組みなので、
社長さんは、やはり後回しにしがちです。

「やらなければ分からないけれど、気が進まない」

そう感じている社長さんもきっと多いはず。

事業継承の案内人としてはいつも困っているのですが・・・

 

出口戦略を持っているか?

『出口戦略』という言葉を聞いたことがございますか。

出口というのは会社やご自身の社長としてのゴールですね。

出口戦略となると、
ご自身で設定したゴールへのルートを確立することになります。

簡単にいえば
「あなたはどいういうときに、
どうやって社長を辞めるのか?」
です。

 

経営戦略と同様、こんな言葉があるよう
に出口にも戦略が必要なのです。

しかし多くの社長さんは出口の戦略を持っていなかったりします。

するとそのまま時が流れ、
年齢や健康上の問題で強制的に引退せざるを得なくなったりします。

もちろん準備ないままお亡くなりになってしまうときも。

また、借金や業績低迷の理由で
これ以上続けられなくなるケースもあります。

 

戦略を持たないと選択肢がなくなってしまい、
その場しのぎで対応することしかなくなってしまいます。

そう、戦略を持たないと自由を失うのです。

はたしてそこに待っているゴールは、
本当に社長さんにとって良かったものなのか・・・

 

僕は社長さんの「会社をこうしたい」という
自らの意思を大切にしたいと願っています。

ただ、いざ出口への取り組みを開始するにしても、
なかなかイメージが沸きづらいところもあると思います。

こんな感じで進めていけばどうかという
アクションプランの例を提示してみます。

取組みのイメージをつかんでいただければ幸いです。

イメージがつかめれば行動を起こしやすくなるはずです。

ご一緒にアクションプランを考えていきましょう。

 

【ケース別アクションプラン】

後継者がいない場合のアクション

後継者が決まっていない会社は、
どんな順番でどんなアクションをとるべきか?

 

子供や配偶者に会社を継がせたい場合のアクション

子供や配偶者が
後継者に決まっている場合のアクションプランは?

 

第三者を後継者にしたい場合のアクション

血縁のない第三者が後継者の場合に取るべきアクション。

 

社長の相続対策に取り組む場合のアクション

相続の事前対策について。

一般人とは異なる社長ならではの論点もあります。

 

過大債務を抱えた会社の事業継承アクション

借金が大きくて、廃業も、事業継承も進まないというケースでは
どんなアクションをとればいいか。

 

リスケジュール中の会社はどうする?

現在、銀行借入のリスケジュールを受けているけれど、
出口が見えないままの会社は?