事業承継や会社再編を推進する仲間たち

今日から3日間の関東出張です。

初日は、埼玉の顧問先に顔を出し、有志の仲間と所沢で打合せでした。

 

 

2年前の12月からゼミ形式で、事業承継や会社再編のコーディネートのやり方を僕がメンバーに教えるところからはじまりました。

今では「教える」という段階を終え、企画を立てたり、集客への取組みをみんなで協同しています。

好きな仲間が集まって一つのことに取組めているというのはうれしいことです。

 

関西でも、事業承継などに興味がある方とつながりたいと思っています。

どなたかいませんか?

 

【オススメです!】

★引退や事業承継に関心のある社長ためのメルマガ★
「それでも、社長のおわりに挑む会」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★関連サイトのご紹介★
会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

 

会社のあり方を見直すインタビュー

この前の土曜日は新しく始まった顧問先の社長さんへのインタビューと、会社のグランドマップの整理をしました。

夕食もご一緒させていただいたので、結局合計6時間以上行動を共にしました。

 

僕は事業承継デザイナーですが、社長さんが引退まで時間がある場合などは、会社の軸づくりに取り掛かることがあります。

企業文化の構築や業務改善、新規事業等の経営ど真ん中の部分です。

何を自分たちの事業と定義し、どうやって理想と現実のギャップを埋めるかを追求していきます。

 

こういうことをするのは遠回りのような気がするかもしれませんが、土台がしっかりするすることで、力が湧いてくるしブレなくなります。

普通は手っ取り早い成果が欲しくなりますからね。

ただ、小手先のテクニックだけで乗り切ろうとしたって、その賞味期限は短いものでしょう。

 

 

今回も社長さんの想いを引き出し、環境の変化や自社の強みと組み合わせて「これだ!」という方向性を見つけることができました。

そんなときの社長さんの吹っ切れた顔を見れるのは、仕事上の大きな喜びです。

 

スポットでの要望もあったため、社長へのインタビューサービスを顧問から独立させて作ってみました。

これからの会社の未来のことをしっかり整理したい。

こんなときにご利用ください。

事業主のための『扉を開くインタビュー』

 

【オススメです!】

★引退や事業承継に関心のある社長ためのメルマガ★
「それでも、社長のおわりに挑む会」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★関連サイトのご紹介★
会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

 

 

【m&aの失敗】会社が売れないときはどうすればいいのか?

m&aはそう簡単に成立しない現実

「後継者がいなければ会社はm&aだ」と世に喧伝されています。

後継者不在の問題に対して第三社に会社を売却すること(m&a)が特効薬だという主張です。

m&aの仲介業務をなりわいとする業者のみならず、廃業増加にストップをかけたい自治体等の公的な立場のプレーヤーまでが乗っかっている状況です。

しかし、本当にそれは正しいのでしょうか?

私が見るかぎりm&aで会社を売却できるケースは全体にたいするほんの少数派でしかありません。

また奥村のもとには、「m&a仲介会社に売却を依頼したけど結果が出なかった」という相談が多数寄せられています。

普通は売れないを基準にする

会社を第三者に譲渡して出口を迎えられれば、社長としてはハッピーでしょう。

実際にそうやってリタイアを実現したケースもあります。

しかし、それはごく一部のラッキーな話と思った方が合っているように思います。

過剰な期待をしたり、希望的観測をしてしまうと痛い目にあう可能性が高まります。

m&aで会社が売れない原因

ところでどうしてm&aでは会社は売れないのでしょうか?

原因を考えてみましょう。

・事業規模が小さすぎる

m&aではそれなりの事業規模を求められます。

一方で、それに満たない事業規模の会社のほうが多数存在しているという需要と供給のギャップがあります。

事業規模が小さいと、社長が抜けると仕事が回らなくなるケースも増えます。

・利益をあげられない

成熟社会をむかえ、思うように利益をたたき出せない会社が増えています。

買い手は会社を買収して利益を得たいのですから、稼げない会社はなかなか買ってもらえません。

・買収してもシナジーがない

m&aを経験した買い手は、m&aをしたものの思うようにシナジーを得られなかったと感じる場合が多くあります。

それだけm&aというのを機能させることは難しいものなのでしょう。

当然、そうなれば買うのもためらいがちになります。

・仲介手数料が高すぎる

m&aを営む会社では、成功時の『最低』成功報酬が2000万円以上という場合ですら普通です。

こんな手数料を支払ってまで譲渡される会社や事業となると、売れるチャンスが相当少なくなってしまうのが必然です。

 

m&aで問題解決できないときの作戦を共に

m&a業者ならば、売りやすくて、稼げる会社だけを売却すれば十分なのかもしれません。

しかし、会社を担う社長さんとしたら、それではたまりません。

たとえm&aができなくても、それで事業承継の問題が終わるわけではないのですから・・・

売れなければ売れないなりに作戦を立て、実行していかなければいけません。

こうしてm&aのプランBを実行しました

後継者不在の問題を抱えた中小企業で、m&aによる売却を希望していたケース。

しかし、その希望が実現できなかったときに、次の策を奥村と練り、実行した例をご紹介いたします。

●従業員や第三者後継者へ事業承継

従業員や事業承継を実現させたケースがあります。

中には第三者後継者を外部から招へいすることに成功したケースも。

従業員等が会社を承継する場合、株式を買い取る資力や銀行への保証力が問題となりがちです。

会社分割や事業譲渡などの分社手法を駆使してこのハードルを超えてきました。

●それでもm&aを成立

売り方を変えることでm&aを成立させたこともあります。

相手を見定めて丁寧に交渉を行うことで、会社を引き取ってもらえる場合はあります。

また、奥村が関与するケースでは一般的な仲介手数料よりも割安となることも、一度は失敗したm&aが成功し得る要因でしょう。

●相続発生の場合への備え

m&aを断念し、とりあえず可能な限り現体制で経営を続ける方針になる場合もあります。

状況が変われば別のチャンスが巡ってくることがあるかもしれません。

こんなケースでは、万が一の場合に備えておきます。

たとえば社長が亡くなった場合に株式がふさわしい相手に渡るように、遺言等の法的ツールを活用したりもその一例です。

配偶者や子供が個人保証で苦しまないで済むような手を打っておくこともあります。

お気軽にお声がけください!

どんな作戦が良いかは、会社の状況によって大きく異なります。

まずはゆっくりお話をお伺いさせていただきたいところです。

奥村は、会社を右から左に動かすだけ、m&aや事業承継に関係する手続きだけを業とするプレーヤーとは一線を画します。

会社に深く一歩を踏み込み、事業承継デザイナーとして問題の解決に挑みます。

 

 

心をすり減らし、いつまでも一人でお悩みになるよりも、私と一緒に今やるべきことを明確にしませんか。

ご相談は、全国対応しています。

 

社長の急死問題と、ある社長妻の決断について・・・

本日も急遽、大阪で社長さんの急死にともなう相談がありました。

このところこの手の相談が増えています。

しかも、会社のことがほとんど分からない、亡くなった社長の奥様がお困りになられているパターンが多いところです。

 

奥様は社長の相続権を持つので、そのまま相続すれば株主になります。

会社側としては、早く株主になり、その権限で次の代表者を選んで支払等の業務を止めないようにしてもらいたいところです。

しかし、会社の経営にタッチしていなかった奥様としては、よくわからない世界に軽々しく足を踏み入れたくはありません。

また下手に相続をすれば、個人保証まで相続して重荷を背負わざるえなくなる危険まであります。

 

スピードは求められる一方で、決断は重たい・・・

極めて難しい状況です。

こんな事態が頻発していることについて、今回のブログではまず警鐘をならしておきます。

 

 

都内で相談を受けていた同様のケースで、こんなことがありました。

 

会社の業績も財務内容もよくなく、実質的な資産と負債を比較すると、マイナスの方が多くなる会社がありました。

社長個人としてもこれといった資産がないので、奥様が社長を相続をすれば損をしてしまうことが予想されました。

会社の経営がとん挫し(その予兆はすでにあり)、廃業することになれば、借金が残ります。

そして、その残った借金は相続人に請求がまわって来ることになります。

このような事情から、奥様は相続放棄をする方向で話が進んでいました。

 

ところが、です。

あるとき奥様は「亡くなった主人を相続します」と、宣言をされました。

これには驚きました。

そして本当にそれでいいのか確認しました。

しかし奥様は、社長を相続をすることによるマイナス面もハッキリ理解されています。

 

なぜ、そんなリスクを冒してまで相続をするのでしょうか。

曰く「主人は、死ぬまで会社の再建に執念を燃やしていたから」とのこと。

その意を受け、自分が社長に就任して、前社長が成し遂げられなかった会社の再建に取り組むというのです。

社内のキーマンたちも、共に精一杯頑張りますと励ましていました。

 

この件で資産や借金による損得しか見ていなかった自分を恥じました。

同時にアドバイザーの立場として、奥様を止めなくていいのかという戸惑いもありました。

また、亡き社長と同じビジネスパーソンとして、また事業者として、僕はこんなに人を動かせるほどの熱意をもって働けているのか疑問に思ったりも・・・

 

こんな複雑な心境を抱きつつ、奥様の選んだ答えを受け入れました。

外野の人間が、ご本人が覚悟を決めたことに口を出すのは野暮な話です。

どうしてか分かりませんが、奥様の決断にありがとうと言いたくなりました。

これからの会社経営が上手くいきますように。

 

 

【オススメです!】

★引退や事業承継に関心のある社長ためのメルマガ★
「それでも、社長のおわりに挑む会」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★関連サイトのご紹介★
会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

神戸空港で「まさか!?」の・・・

今日から関東出張3日間です。

昨日から風邪気味で身体がしんどいですが、どうにかなるでしょう。

 

僕は東京への出張で、7割型飛行機を使います。

好みとしては新幹線なのですが、神戸空港発のスカイマークを事前に予約すればかなり割安で移動できます。

時には片道7000円代や6000円代なんてこともあります。

 

スカイマークでは、予約するだけならばキャンセルしても無料です。

なので、「とりあえず早めに予約しておこう」となります。

 

さて、本日ですが、いつものとおりベスパで空港まで行きました。

チェックイン機にクレジットカードをかざしても「予約がありません」と。

「んっ!!?」

どうやら、予約はしたものの、カード決済をしないまま無効にされてしまった模様です。

痛恨のミス。

 

わずかに空席があったので、その場でチケットを買って飛行機には乗れました。

でも、正規の値段なのでかなり損した気分です・・・(涙)

 

 

【オススメです!】

★引退や事業承継に関心のある社長ためのメルマガ★
「それでも、社長のおわりに挑む会」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★関連サイトのご紹介★
会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

 

大阪神戸間ミーティングルーム『岡本SOHO』

(2018年4月完成予定)

大阪梅田から直通20分のミーティングルーム

関西における住みたい街ランキングのトップ3の常連である神戸市岡本。

この街にお客様をお招きできるミーティングルームを作りました。

大阪梅田からでも、阪急神戸線特急で乗り換えなしの20分で到着できます。

坂を少し上りますが、その分スカっと抜ける景色が広がります。

落ち着いた街並みの中にあるビンテージマンションの一室。

後ろはすぐ山で、反対方向では海まで見通せます。

仕事に追われるいつもの日常からちょっと離れて、これまでを振り返ったり、じっくり作戦を練ったりしませんか。

 

特徴や設備

  • 阪急岡本(北口改札)から5分
    ※JR摂津本山からは9分
  • Wボードやプロジェクターの準備あり
  • キャパシティは、最大7名まで
  • おいしいコーヒーをご用意しています

 

こんなときにご利用ください

奥村への経営や事業承継相談以外の場合でも、こんなニーズのときにご利用ください。

ご要望があれば奥村がファシリテーターを務めます。

「新しいアイデアを得たい」
「チームミーティングを活性化させたい」
「じっくり自分に向きあう時間が欲しい」
「今後の作戦を練り込みたい」

 

アクセス方法

徒歩の場合

徒歩の場合は岡本駅を北側(山側)へ進んでください。

細かい住所等は個別にお伝えいたします。

坂になるので、足腰に自信のない方や、夏場は駅でタクシーに乗っていただいた方が無難かもしれません。

 

車の場合

ただいま『岡本SOHO』では、駐車場を確保できていません。

また、周辺にはコインパーキングはなく、岡本駅の周辺のものをご利用いただくことになります。

周囲は路上駐車の取締は厳しくない様子ですが、オススメできません。

 

実家の家業が気になる人の「save the 家業」プロジェクト

実家が家業を営んでいるみなさんへ

『save the 家業』プロジェクトは、こんなみなさんとつながり、ご実家の家業を支援できることを目指しています。

「自分では継ぐ気はないけど、
事業がどうなるのか気になる」

「継がないことに少し負い目を感じている」

「家業のトラブルの火の粉が
自分に降りかかってこないか心配」

「家業を継ぎたい気持ちはあるけど、
正直、迷っている」

こんな問題が起こっています!

事業承継や相続の現場では、下記のようなトラブルが起きています。

あなたの実家の家業でも起きる可能性があり、身内まで巻き込まれてしまうことだと思われます。

  • 廃業時の借金が残り、家族に請求がまわってきた!
  • 債権者に社長が自宅をとられてしまった!
  • 遺産分割で揉めたり、税金が払えなくて苦しんだ!
  • 残せたはずの事業なのにたたんでしまった!

上記のような問題が起きないか不安だと思われます。

でも、どうなっているのか聞きづらかったり、口を出すのもはばかれるところがあるかもしれません。

デリケートな問題だし、一歩引いたところにいるみなさんがでしゃばるのも気が引けるところではないでしょうか。

 

事業承継デザイナーを利用する!?

とはいえ、心配なものは気になります。

トラブルを防げるならば防ぎたいところ。

それが自分にも降りかかってくる可能性があるならなおさらです。

家業に携わる両親等が、危険に気づき、自ら対応してくれたらどんなにいいことが・・・

 

もし家業を救うために事業承継デザイナーの奥村聡がお役に立てるなら、ご利用ください。

たとえば、「こんな人いるよ。相談してみる?」と切り出していただいたり。

私の本やツールをご両親に贈っていただいたり。

このサイト内で参考になりそうなページを見つけて、リンクを教えてあげるのもいいかもしれません。

こんな感じでちょっとしたきっかけを作ってあげるのはいかがでしょうか。

社長のおわりをより良いものにすることが、私の使命です。

みなさんの実家の家業のお役に立てれば喜びです。

 

 

事業承継や廃業、相続に関する相談はリンク先の問い合わせフォームからお願いします。

問い合わせフォーム

 

 

М&A会社の都合で担当が変えられた、と・・・

米子への出張の帰りです。

 

昨年後半からかかわっている会社さんの件でした。

社長交代や株式、連帯保証の処理はほぼ終わりました。

相続まで見据えた、遺言(または死因贈与契約)への落し込みという段階まで来ています。

 

早めに現地に入り、ネットで見つけていた美味しそうなカレー屋さんを訪問。

しかし、悲しいかな、定休日・・・

ちゃんとチェックしておかないといけません。

食べられないと、余計に美味しいカレーのような気がしてきます。

 

 

さて、先日お会いした横浜の社長さんが「М&Aの担当者を勝手に替えられた」と怒っていました。

その会社は半年前からМ&A仲介会社に依頼して買い手を探しています。

ところがこの度「担当者が銀行に出向することになった」と、別の担当を付けてきた次第です。

これに対して社長は面白くないと感じていました。

たしかに、仲介会社側の都合だけでコロコロ状況を変えられるのは癪にさわるでしょう。

ただ、それが企業だと言えば、企業だったりもしますね。

 

 

ウチの場合は、担当が変わることは基本的にありません。

そもそも他にコンサルティングができる人間が社内にいません。

僕自身、社長と会社と直接やり取りをしたいと思って、今のスタイルをとっています。

だから、一度お付き合いをはじめたら、一生その会社とお付き合いするつもりで仕事をしています。

先のМ&A会社の話をお聞きしていると、僕のようなスタイルに良さを感じてくださる社長もいらっしゃるのかと思いました。

 

会計事務所の例などでも、似たような例をよく聞きます。

開業したころは本職が一件一件丁寧にケアしてくれていて満足度も高かった。

しかし、事務所に人間が増えると同時にスタッフまかせになり、サービスのクオリティが低下して・・・と。

会計事務所からすれば「仕方ないでしょ」って言いたくなるかもしれません。

でも、あくまで会計事務所の勝手な都合でもあります。

 

ずっと自分が直接仕事をするつもりなのか。

それとも、いずれはスタッフに投げるつもりなのか。

最初の時からどちらのポリシーなのか教えてくれたら誠実なんですけどね。

 

 

【オススメです!】

★引退や事業承継に関心のある社長ためのメルマガ★
「それでも、社長のおわりに挑む会」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★関連サイトのご紹介★
会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

 

事業承継のピンチに気づくきっかけとなるリーフレット

「社長のお後がよろしいようで」できました!

社長さんに、注意を喚起しつつ、ご自身や会社の幕引きを意識を持っていただきたい。

そう願ってツールを作りました。

「社長のお後がよろしいようで」というタイトルのツールです。

 

 

なんで落語?

今回のツールは落語調です。

デザイナーさんとのやり取りで出てきたアイデアです。

 

落語の締めに発せられる「お後がよろしいようで」の言葉。

これは、一番盛り上がっているときに終わりを作ることだそうです。

逆に言えば、その気になればまだ続けられるときに、あえて終わります。

場が温まっているので、舞台袖に控える次の話し手さんは良い状態でバトンを受け取れます。

「お後がよろしいようで」には、こんな意味が込められているとお聞きしました。

事業承継の世界にも通じるものがありますね。

 

シンプルに読みやすく

内容としては、本質を外さないことを第一にしました。

しかし、専門家が作るそれは、文字数が多くなって読むのが大変になり勝ちです。

1から10まで説明しようとしてしまいますからね。

しかし、紙面の制限もあるし、そもそも長い文章は読んでもらえないケースがおおいでしょう。

思い切って割り切り、キーワードで伝えることを試みました。

関心を引き出せれば十分だと考えています。

 

こんな使い方を!

「社長のお後がよろしいようで」は、こんな使い方ができそうです。

  • 事業承継が気になりだした社長が、ざっくりと問題の全体像を把握する
  • 会社や家業の先のことを全然準備しようとしない社長にそっと手渡す
  • 啓蒙のため法人会などでメンバーに配布する

 

お届けいたします!

せっかく作ったツールなので、有効利用したいところです。

「欲しい」や「配りたい」というニーズがございましたら、お届けします。

お気軽にお声がけくださいませ!!

配布依頼は、下記リンク先のフォームからお願いします。

お問合せ(事業承継や廃業、社長の相続等)