奥村聡の『電話コンサルティング』について

電話でコンサルティング!?

「ふり返るとこれまで何も積み重ねてこれなかった」

「世の中は変わっているのに、自社は変化できていない」

こんな他社の社長のコメントを聞いて「ウチもだ!」と、ビクっと来た方はいらっしゃいませんか。

 

こんにちは、事業承継デザイナーの奥村聡です。

社長になるのは簡単ですが、社長をやめることは難しい。

この現実を前に、「社長のおわりによりそう」というテーマを掲げ、良いおわりを迎えていただくために仕事をしてきました。

たとえば、支援内容はこのようなものです。

・後継者に会社を引き継がせるための社内体制の構築

・会社や事業の買手探しと売却交渉

・できるだけお金を残しつつ軟着陸を実現する廃業

・社長の死亡リスクに備えた予防策の導入

・過大な負債や不採算部門を承継させないための会社分割

 

電話コンサルティングを立ち上げた経緯

いわばガッツリと踏み込んできたわけです。

大きなエネルギーを投入し、それなりにコンサルティング料をいただいてきました。

しかし、ここで一つの疑問がわきました。

「そこまで緊急で、強い支援は要らない」

「予算が限られている」

だけど、奥村の助言や指導が求められている場合があるのではないか、と。

 

例をあげてみましょう。

後継者となる人間はいるものの、まだ社長のイスを当面譲る考えはない。

しかし、徐々に準備はしていかないといけないことはわかっている。

ただ、何からしていいか分からないし、強制力がはたらないため着手を先送りしてきてしまった。

 

上記のようなケースでは、今すぐ、何十万や何百万もかけてコンサルティングを依頼する必要性は感じられないでしょう。

でも、前々から取り組めばよい準備ができることは間違いありません。

そして、その取り組みをガイドしてくれる人間の存在はありがたいところでしょう。

大きな負担にならない費用というのも条件となるはずです。

そこで奥村は『電話コンサルティング』を立ち上げました。

 

電話コンサルティングって?

電話コンサルティングを一言で表わすと、

毎月1回、電話による30分の電話でおこなう低額のコンサルティング

ということになります。

「経営の課題の、何に、どう手を付けていいのかわからない」「このままではマズいとうすうす感じながら、問題と向かってこなかった」方が、分野の第一人者の視点を使って次のようなことを実現することを目的にします。

・ゴールまで見据えて課題や問題に対応すること

・改善を繰り返し、経営の質を上げること

・方向性を定め、やるべきことをハッキリさせてモチベーションを保つこと

・従業員や周囲の人間には相談できない悩みを解消すること

 

ガッツリと本格的なコンサルティングを依頼するまでに至らないものの、プロの力を借りて状況を良くしていきたい方にふさわしいサービスです。

医療の分野に例えるならば、外科手術までは行わないものの、身体のパフォーマンスを向上するために内科や東洋医学的な手助けを提供するようなイメージとなります。

 

社長が奥村に相談してみたいことは?

日ごろ、奥村へはこのような相談が寄せられることが多々あります。

ピンとくるものがある方には、この電話コンサルティングが有効かもしれません。

●相談例①「後継者の問題」
息子を後継者にするつもりですが、自覚が甘く、このままではとても経営を任せられるようになる気がしません。
どうしたらいいものでしょうか?
●相談例②「借金の問題」
借金の額が大きくなり、このままでは新たな融資を受けることができずに資金ショートを迎えてしまうかもしれない。

そうなったとき、何が起こるのでしょうか?

●相談例③「社長自身への不安」
病に倒れ、急激に健康への自信がなくなりました。
もし私に何かあれば、会社や家族はどうなるでしょうか?
●相談例④「資金繰り」
これまでドンブリ勘定でやってきたため、正直なところ会社の数字がわかっていません。
これではマズいとは思っていますが、何を、どうすればいいでしょうか?
●相談例⑤「相続問題」
自分に相続が起きた時に、問題が起きないようにしておきたい。
税金もかかるし、個人保証の問題もあるのだと思いますが……?
●相談例⑥「後継者の経営」
社長を継ぐことになているけれど、思うように経営できる気がしない。
どこに気を付けなければいけないのでしょうか?
●相談例⑦「事業モデルの転換」
仕事は忙しいけれど、全然利益が残っていません。
このスタイルを続けていけばジリ貧だと感じていますが、何もできないまま状況は悪くなっています。

 

 

電話コンサルティングの最大の特徴

今の時代、経営ノウハウや手法、情報はいたるところに氾濫しています。

その気になればいくらでも手に入るでしょう。

しかし、それらのものを自社の経営に取り入れることはなかなかできません。

上っ面の知識では役に立たないのです。

 

さらに言ってしまえば、ノウハウの類は役に立たないもののほうが多いのが現実です。

すくなくとも、あなたの会社には合わないかもしれません。

こんな本質を押さえずして、情報に振り回されてしまっている社長が、世の中にはたくさんいます。

 

このサービスの最大の特徴は、奥村の頭を利用できることです。

これまで数多の社長の顛末を見てきました。

結果から逆算して、今何をすべきか、何をしてはいけないのか。

やるならば、どうやるか。

質問と事例をおりまぜて、社長の頭の中をシンプルに整理していただきます。

 

電話コンサルティングに向いている方

「長く稼げる会社を、地道に作っていこうとする方」

「良いかたちでおわりを迎えようとする方」

「問題と向き合って対応し、失敗を回避しようとする方」

「小さくてもキラリと光る会社を作ろうとする方」

 

このような方に、奥村の電話コンサルティングは向いています。

一方で、次のような方々にはオススメできません。

 

自分で考え、行動することなく、「コンサルティングを依頼すればどうにかしてもらえる」と思う依存タイプの方

何をアドバイスされても、自己弁護や否定に走ってしまう方

 

30分という制限時間を考えると、「コンサルタントに任せればなんでもやってもらえる」という期待は通じないことは伝わることでしょう。

一方で、上手に利用すれば、低コストで効果的な効果を上げることが可能となります。

 

ご利用条件

●費用

電話コンサルティングの費用は、月額24,000円です。

通常のコンサルティングが最低でも月額10万円以上かかることを考慮すれば、リーズナブルな設定となっていることが伝わると思います。

 

●期間

契約期間は6カ月となります。

双方の同意があれば、契約更新も可能です。

期間途中での解約も承ります。

 

●サービス申込の条件

①原則として、一度はお会いさせていただいている方を対象とします。
はじめてのお客様は、個別コンサルティングをお申込みいただき、その際に問題の抽出や今後の進め方の打ち合わせを奥村と行ってください。

②ご相談の事例は、弊社のメルマガやブログ、出版などで利用させていただくことがある点をご了承いただきます。
その場合は、社名などは明かさず、会社や個人が特定できない配慮を十分行います。

 

電話コンサルティングの提案はいかがだったでしょうか。

あなたの経営に貢献できることを楽しみにしています。

お問い合わせは、こちらまでお願いします。

→ 問合せフォーム

 

 

よくあるご質問

Q:たった30分で効果は出るのでしょうか?

A:30分でも、やってみるとかなり話せるものです。また、時間の制限を意識することで、とても効率的なコンサルティングが可能となります。

 

Q:1か月に1回だと、あまり進展がないような気がしますが?

A:1カ月という期間は、何もしなければ「あれ、前のときは何したっけ?」という感覚になる期間です。その点では、あやふやなってしまいそうなタイミングでねじを巻き直せるタイミングだと言えそうです。

 

Q:どんな問題にも対応してもらえますか?

A:問題の内容によっては電話コンサルティングは向いていない時があります。たとえば喫緊に迫った問題に対応しなければいけないようなときです。また、コンサルタントが大きな労力を負担しなければいけないケースにも向いていません。

 

Q:他の方はどのように電話コンサルティングを利用していますか?

A:通常のお困りごとの相談をされる他、自分なりの工夫で電話コンサルティングを活用されている方がいます。

例)
・一か月の行動と成果の振り返りの場として使う方

・6カ月で成し遂げるテーマを決めて、進捗を追いかける方

・経営の勉強のため、毎回テーマを決めて質問をぶつけてくる方

・従業員への説明等の予行練習に使う方

・新しい取り組みのフィードバックをもらいたい方

 

Q:会社の規模に制限はありますか?

A:基本的にはありません。1人で活動されているフリーランスの方から100人近くの会社の社長さんまでご利用いただいています。

 

 

知らぬ間にメルマガの読者が増えていました

3月23日(土)~24日(日)『継業スクール』プレ開催。
モニター参加募集中
→ 会社の買い方継ぎ方を学ぶ『継業スクール』


 

昨日はメルマガを出しました。

久々に読者数をチェックしてみたら200人ほどの方が登録してくれています。

 

思ったよりもずっと多くて驚きました。

もちろん全員が熱心な読者ではなく、メルマガが届いてもメールを開いてもらえないケースも結構あるでしょう。

それでもありがたい数字には間違いありません。

そして、一方で申し訳なくも思いました・・・

 

 

正直なところ、メルマガに関してはかなり手を抜いてきました。

発行頻度は少なく、気が向いたときだけ書くというレベルです。

下手すると何カ月も書かないで放置していたことも・・・

 

ところがそんなメルマガなのに、結構な人数の読者になっていました。

告知や読者集めに力を入れてこなかっただけに不思議な気持ちです。

 

これからはもう少ししっかり発行しようと思います。

ブログで大っぴらに書くには角が立つ内容も多いので・・・(笑)

こういうのはメルマガのほうが向いていますね。

 

「毎週発行します!」などとお約束してしまうと、すぐに破ることになってしまいそうで怖いので、具体的な数字は出せません。(笑)

これまでよりは、がんばります!

 

※メルマガ登録は、こちらです※
奥村のメルマガ『おわりを良くする経営』

 

 

 

あとつぎ探し中!!
↓ ↓

【大阪】女性専用フィットネス施設の事業譲渡案件

美容室の承継に興味ある方、いかがですか?【神戸市・長田区】


【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

年齢を重ねるほど、社長を辞められなくなる

3月23日(土)~24日(日)『継業スクール』プレ開催。
モニター参加募集中
→ 会社の買い方継ぎ方を学ぶ『継業スクール』


 

 

東京出張から帰りの新幹線でブログを書いています。

 

今、あらためて「社長の老い」について考えていました。

 

本来ならば、年を取ればとるほどに社長を辞める必要性や必然性は高まるはずです。

この点は同意いただけますね。

 

でも、年を取ればとるほどに、社長を辞めることが難しくなっています。

ジレンマです。

 

ものごとを認識する力は衰え、判断力も鈍ります。

辞めることも一種のチャレンジであるところ、そのチャレンジ精神は乏しくなります。

すごかった社長でも急に衰えたりするようですね。

 

最近のご相談では、社長本人は「まだまだやれますよ」と口にしていました。

しかし、客観的に見たところ、理解力が全然ついてきていません。

 

事業の重大事の話が出た時には「そんな話は聞いてないぞ」と激高します。

でも、番頭さんから報告は受けていた様子です。。。

 

自分の経営能力に問題が生じていることを理解できない。

問題を問題として認識できないのですから、解決できるわけはありません。

やるせないことです。

 

社長さんに「はやく退きましょう」と、僕は言いません。

「潔く後進に譲るべきだ」との道徳的な言葉をかけるのは大っ嫌いです。

 

中小企業の社長なんだから、自分の好きにやればいい。

全部自分の身に返ってくるだけです。

そして、外からなにを言ったところで、変わらない人は変らないということは身に染みています。

 

社長が自分から「どうにかしよう」と思わなければ、どうにもならないのが中小企業。

僕は基本的に、傍観する姿勢を保つようにしています。

 

よって、社長の席を譲るかどうかは、社長次第です。

どうぞお好きになさってください。

ただ、早めに辞めることを心掛けないと、いつまでも辞められなくなってしまうのが現実です。

このことは知っておいていただきたいところです。

 

 

あとつぎ探し中!!
↓ ↓

【大阪】女性専用フィットネス施設の事業譲渡案件

美容室の承継に興味ある方、いかがですか?【神戸市・長田区】


【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

関東出張です

3月23日(土)~24日(日)『継業スクール』プレ開催。
モニター参加募集中
→ 会社の買い方継ぎ方を学ぶ『継業スクール』


 

祝日ですが、今日から関東出張スタートです。

茨城、横浜、東京とまわって神戸に帰ります。

それにしても寒いです。

ホームで電車を待っている時間だけで凍り付きそうです・・・

 

あとつぎ探し中!!
↓ ↓

【大阪】女性専用フィットネス施設の事業譲渡案件

美容室の承継に興味ある方、いかがですか?【神戸市・長田区】

 


【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【M&A】大阪のフィットネス施設で事業譲渡先を探します

 

わたくしがお手伝いして、大阪のフィットネス施設の事業譲渡先を探すことになりました。

ご興味ある方は、リンク先の記事をごらんください。

 

【大阪】女性専用フィットネス施設の事業譲渡案件

 

 

【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

 

【大阪】女性専用フィットネス施設の事業譲渡案件

事業の譲渡先を探しています!

お金も稼ぎたいけど、世の中の役に立っていることも実感したい。

人の温かさを感じられるところで働きたい。

こんな想いを満たしてくれる事業は思いのほか少ない気がします。

お金のためとはいえ、ギスギスしたところには身を置きたくないですね。

今回ご紹介する案件ならば、温かい気持ちでビジネスや投資ができるような気がします。

 

どんな事業?

大阪北部の駅近くにある、フィットネス施設の事業譲渡先を探しています。

会員さんを集い、ビルの一室に機材を置いてフィットネスの機会や場を手提供するスタイルのご商売です。

施設内には、写真のような運動器具がそろっています。

(公開できる写真が少なくて恐縮です)

 

現在現役の会員数は160名以上。

20代から80代の女性が会員で、ボリュームゾーンは50~60代だそうです。

 

ご夫婦で経営をなさっており、現場のお仕事は奥様が主体となって運営してきました。

諸事情により権利を手放すことを決断されましたが、会員さんやスタッフさんとの関係もよく「どなたかに引き継いでいただいて、この場を残してもらいたい」と願っていらっしゃいます。

わたくしも少し営業中の施設を覗かせていただきましたが、会員さんたちがなごやかにおしゃべりしている姿を見て「本当に愛されている場だ」と感じました。

「ウチの会員さんはみなさん上品です」とオーナーご夫妻が自慢なされるのがよく分かります。

裕福な方が多い地域で、お金にゆとりのある会員さんが多そうです。

 

事業を譲渡する条件

今回の事業引継ぎの条件や目安はこのようなものとなっています。

●形式:事業譲渡

事業に必要な契約や備品ならびに、一部の負債が含まれています

●譲渡対価:約200万円

現在、資産の評価を査定中のため少々変動する場合があります

●その他:譲渡コーディネート費30万円(税別)

 

 

今回の案件を考察

このお話の良いところは、次の2点でしょう。

「会員さんがいて、設備もあるので、ただちに事業が立ち上げられること」。

加えて失礼な表現にはなりますが「客層がいいこと」です。

最初の立ち上げや集客の苦労が不要で、お客さんに恵まれているというのはうれしいところでしょう。

 

こんな方にぜひ!

現在事業として利益は出ていますが、投資だけを目的とする場合、現状ではさほど利益は残せなそうです。

お金だけ出すことを希望される場合は、改めて運営責任者を雇わなければいけなくなり、利益が削減されるからです。

 

そこで、「自ら運営者にもなる方」にまずはおすすめいたします。

お客さんとコミュニケーションをとるのが好きな方にいいですね。

なお、運動が苦手な方でも問題なく指導等ができるそうです。

 

または「既に他の事業でスタッフさんを抱えている方」にもおすすめです。

新たに人を雇うことなく、こちらの仕事を割り振ることができれば、経費はさほど増やさないで済むでしょう。

 

そして、「こちらの会員さんが自社の商品やサービスのターゲットと合致する方」にもチャンスではないでしょうか。

強いシナジーがあることでしょう。

経営を経験したことのある方ならば、見込み客を集める手間やコストの大変さはご理解いただけると思います。

過去の会員さんまで含めると、1000名を超える顧客名簿があります。

 

時間が限られています!

実は、買手を探していられる時間がわずかしかありません。

そのために対価や取引コストを抑えて提案しています。

また同様の理由で、弊社が売り手と買い手の間に入るスタイルで交渉等を進めさせていただきます。

 

正直なところ、細かいところにこだわる方には避けていただきたいところです。

そもそも事業譲渡である点と、譲渡対価の額からして、抱えるリスクは小さいとも考えられます。

このあたりのニュアンスが通じる方に、サクッと引き継いでいただけることを願っています。

 

引き継ぐことを本気で検討される方、本サイトの問合せフォームからご連絡ください。

→ 問合せフォーム

 

ご注意事項

この案件は、募集以来、かなりの数の問合せをいただいています。

その中で時折、事業の承継を、不動産の売買レベルに軽く捉えていらっしゃる方がいらっしゃいます。

売主は大きなリスクを抱えるため、守秘義務等を徹底しなければなりません。

また、お客さんやスタッフが関わるデリケートな取り組みです。

このあたりへの配慮を感じられない方の場合、最初の段階でお断り申し上げなければいけません。

売主の心情や置かれている立場、生きものである「事業」というものを対象として扱う点に、想像力をはたらかせていただければ幸いです。

 

初開催『継業スクール』のモニターを大募集!!!【大阪】

 

新しい取り組みをはじめることにしました。

その名は『継業スクール』

事業承継で人生の選択肢を増やす『継業スクール』

 

継業とは、サラリーマンや主婦の方などの個人が、会社を引き取って経営を承継することと定義しています。

たしかにM&Aの一種です。

しかし一般的なこちらの場合は、企業が自社の利益のために他社を買い取るニュアンスが強くなります。

ビジネスという言葉そのもので、お金が優先される世界です。

一方で継業のほうは、その人の生き方がテーマとして強く、ビジネスという言葉よりも「商売」や「なりわい」という言葉のほうに親和性があります。

 

こんな継業について、これまで著書等でその面白さや可能性を訴えてきたつもりです。

これだけ廃業が増え、その予備軍もたくさんあるのですから、可能性に満ち溢れた分野です。

 

しかし、いざチャレンジしたくても「知識や経験が足りなくて心許ない」と尻込みされる方がたくさんいらっしゃいました。

また、事前の準備や考え方を間違っていたために、継業に失敗してしまうケースも見てきました。

そこで、より上手く継業を果たしていただくために、スクールという機会をつくることにしました。

 

自信を持って交渉にのぞみ、自分の経営を確立できるようになっていただくことがゴールです。

将来的な独立も視野にいているビジネスマンの方。

社会復帰を願っている主婦の方。

さらには、すでに後継者候補として家業に入っている方におすすめです。

 

まずは大阪でプレ開催を予定しています。

一緒にコンテンツをつくってくださるモニター受講生を募集いたします。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

→『継業スクール

 

 

【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく、まず一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

 

神戸市長田区の美容室であとつぎ探し

日曜日の朝、おはようございます。

 

神戸市長田区の美容室よりお声がけいただきました。

「お店をシェアしながら、将来的には承継してもらえる人がいないでしょうか・・・」とのことです。

 

こちらの記事で紹介しています。

→美容室の承継に興味ある方、いかがですか?【神戸市・長田区】

 

心当たりの方がいらっしゃれば、ぜひご紹介ください。

また、SNS等で広めていただけると幸いです。

 

 

【奥村聡への相談・個別コンサルティング】
→「とにかく、まず一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【事業承継関連コンサルティングメニュー】
→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさず、家族を巻き込まない」
社長急逝対策コンサルティング

【会社を見守る顧問契約】
電話&メール顧問

 

美容室の承継に興味ある方、いかがですか?【神戸市・長田区】

神戸市長田区の美容室のあとつぎ募集です!

こちらは最寄り駅から歩いて3分ぐらいの場所にお店があります。

周囲3、4キロの範囲にはマンションが立ち並んでいる地域です。

 

さて、今回のお話ですが、オーナーさんは今すぐ引退を考えているわけではありません。

それでも、スペースに余裕があるので「場所をシェアして使ってくださる方」や「将来のあとつぎ候補」を探していらっしゃいます。

まずは一緒に仕事をしながら様子を見つつ、「いずれは承継も・・・」という展開が考えられそうです。

 

オーナーさんは2代目です。

今の店はご自身が建てられ、そこで30年間お仕事を続けてこられてきました。

とにかくお客さんに喜んでもらえることを追求してきたそうです。

「お客さんによってそれぞれ喜ばれるポイントが違い、それを見つけて実行することが大切です」と語られます。

「自分の技術がすごいとは思っていません。でも、お客様が望むことができるようになるため、いまでも努力し続けています」とのことです。

仕事に向き合うオーナーさんの姿勢に、自然と頭が下がります。

 

お客さんとの接し方や仕事に対する考え方が素晴らしい方だと感じました。

今回お話をお伺いして、商売をするうえで大切ことをたくさん学ばせていただけた気がします。

こんなオーナーさんと一緒に仕事ができる経験は、きっと、単なる技術の伝達にとどまらない、将来の財産になるでしょう。

 

もし、あとつぎを迎えるならば、どんな方に来てもらいたいか質問してみました。

「お客さんに喜んでもらえることができる方」と、オーナーさんは明解に答えます。

スキル面としては、カラーリストとしての経験があって、カット技術も持ち合わせている方が好ましいそうです。

これまでヘナカラーリングを施術し続け、お客様から評価をいただいてきたお店です。

オーナーさんはカラーリングについて造形が深く、アドバイスもいただけそうです。

 

オーナーご自身が事業承継で事業を引き継いだ経験者であり、また自分独自のスタイルを築いてきた方でもあります。

「先代のマネだけでなく、あとつぎにはあとつぎのやり方があるはず。新しいことを思いついたらどんどんやってみてほしい」とのメッセージもいただきました。

あとつぎの立場への理解があるところもありがたい点ですね。

 

将来のお店の承継も視野に入れつつ、まずは間借りをしながらご自分のお客さんへサービスを提供するところからはじめてみるのはいかがでしょうか。

幸いお店内には鏡や椅子の余裕があります。

独立してゼロから店を作ることと比べれば、資金的にも無理なく一歩目が踏み出だせそうです。

 

【申込や問合せについて】

●問合せやエントリーの窓口は、あきないバトン編集部となります。連絡は本サイトの問合せフォームをご利用ください。

●事業譲渡対価や時期などの諸条件は、先方オーナーとの話し合いにより決めていただきます。

●あとつぎ候補者には、独占交渉権を獲得時に金10万円(税別)のマッチング手数料をお支払いいただきます。