オーナー社長の妻たちへ(生命保険だけじゃ足りない社長の死亡対策)

 

「小さな会社の社長をしていた夫が急に亡くなった」と、青森県からメールがきました。

 


 

メールの差出人は亡くなった社長の妻。

会社の経営には完全にノータッチだったそうだ。

亡夫には兄がいて、妻とは関係性がよくない。

その義兄から「弟の会社には借金があった。後のことはやっておくから、お前は相続放棄をしろ」と言われているとのこと。

調査してみると、会社に借金があった一方で、会社は亡夫に生命保険をかけてもいた。

さも会社の財務状況が良くないように義兄だが、どうやらこの保険金をかすめ取ってやろうと思っていたらしい……

 


 

奥さんは、危うくだまされるところでした。

実は、「社長の急な死亡により奥さんが窮地に立たされる」ケースは多発しています。

 

経営をしていた夫が亡くなると、奥さんとしては、会社のことをわからないので、どうしていいか分かりません。

銀行のカードや暗証番号を知らないから、お金の支払いだってすることができません。

なのに、従業員や債権者から「どうするんですか!?」と突き上げられ、神経をすり減らしてきた方を何人も知っています。

 

仮に、経理等を奥さんがやっていたため会社の状況を知っていたとしても、社長が持つ株式について対応できていないケースは普通です。

株式の権利が移行できないことで、役員変更ができないケースが頻発しています。

万が一に備えて生命保険をかけていたのに、自社株式へのケアがなされていないために、保険金を下せないことだってあるのです。

 

さらに、ひどいケースになると、借金が大きくなった会社を家族が相続してしまい、その後に破産をせざるを得なかったこともありました。

社長は会社の借金を連帯保証しているのが普通です。

もし会社がつぶれたら、社長を相続した奥さんや子供たちに請求が回ってきます。

 

オーナー社長の死亡というのは、怖いです。

何か手を打っておきたいと思われることでしょう。

 

ただ、だからといって奥さんが社長の領域に口を出すようになることは、反対です。

私も男ですが、自分の聖域である仕事に対して、妻に口出しされることを嫌うタイプはたくさんいます。

関係がぎくしゃくしてしまうのがオチだったり……

 

そこでご提案したいのが、手続きNONストップというサービスです。

 

  1. お金の流れを止めない
  2. 株式をしかるべき相手に届ける
  3. 家族を巻き込ませない

 

この3点に絞って、最悪の結果だけはなんとか回避しようとする試みです。

その結果、通常の事業承継や相続対策よりも、はるかに低コストでサービスを提供します。

 

現社長としても
「自分に何かあったときのことは心配だけど、この先まだどうなるかわからないし・・・」
と、完全に事業承継を固めたくないときがあります。

後継者の問題だって、将来的には違う人に変えたくなる可能性があります。

こんなケースで、しっかり決断できるまでのつなぎとしても有効です。

 

低コストで、社長の死亡による最悪の事態を回避する。

家族の関係性に悪影響を与えないで、万が一に備える。

掛け捨て保険のような法的サービスです、

 

「あなたに万が一のことがあったら、会社はどうなるの?」と水を差し向け、それとなしにサービスのことをお伝えしてみてはいかがでしょうか。
問い合わせフォーム

 

サービス内容の詳細については、こちらを御覧ください。

『手続きNONストップ』社長の死亡リスクに備える“手続の保険”

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

三重県伊勢市で事業引継ぎの打診

 

三重県の伊勢で、事業引継ぎの案件のお仕事をしてきました。

終わってから、軽く伊勢神宮の参拝もできました。

 

廃業の準備をしている会社が僕のお客さんです。

「仕事を発注してくれていた顧客に迷惑をかけたくないし、きっちりやりたい」ということで、責任をもってやってくれそうな同業他社を探しています。

 

候補の会社さんと初めての面会でしたが、いい感じでした。

仕事だけでなく、スタッフの一部も雇用してもらえるかもしれません。

 

一般的に、廃業が増えて、会社が無くなることを問題視します。

でも、一番の肝はその終わり方です。

僕の意見としては、ちゃんと価値を残したうえで会社が廃業するならば、会社が減ることになってもそんなに問題ではないのでは、と思っています。

人口減少などを考えると、減ることは致し方なく、業界の再編等は避けられないのでしょう。

 

その淘汰や新陳代謝の過程で、価値あるものまで一緒に喪失してしまわないようにしたいところです。

今回のお仕事のように、価値は他社に譲り渡しつつ、ソフトランディングを図ってもらえたらいいですね。

 

 

明日からは、一応お盆休みです。

でも、原稿書きをはじめ、ほとんど仕事をしている予想です。

 

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

新潟で事業承継や会社分割の個別相談会やります!

 

このところ、書かなければいけない原稿に追われていて、ブログの更新が滞り気味です。

すいません。。。

 

さて、今日は出張の2日目です。

新潟に行ってきました。

 

なにかのテレビでたまたま観た、バスセンターの万代そばのカレー。

これが食べたかったのです。

奥村はB級グルメ的なやつが、どうにも好きでして・・・

 

黄色い見た目とソフトな口当たりに反し、辛さがジワジワくるタイプでした。

おいしかった。

こういう個性勝負で長く続く商売っていいですよね。

僕がコンサルで目指したい理想の姿に近いです。

 

 

さて、新潟周辺の社長さんにニュースです。

この度のご縁で、しばらく新潟に通うことが決まりました。

そこで、新潟で個別相談会を開催します!!

 

無料にするか、少しお代をいただくかは決めてませんが、いずれにせよとってもお得な機会になります。

そしてなにより貴重な機会です。

予定は、9月5日(水)

時間や場所などの詳細は追って報告いたします。

ぜひぜひ、ご活用ください!!

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

京都の町家で宿泊業をやりませんか?

 

京都の町家のM&Aについて、買手さん探しの依頼を受けました。

町家を『会社ごと』購入できるので、メリットがあります。

 

 

まず前提として、こちらの会社は、この物件を運用するためだけの会社です。

他の事業もなければ、ほかの資産もありません。
会社ごと譲られるので、旅館業の許可も一緒に引き継げます。

これがもし不動産だけの売買だと、許可の取り直しが必要になります。

再取得には手間もお金もかかるので、ありがたいところですね。

 

また、不動産を所有する会社は変わらないので、所有権移転の登記も不要です。

登録免許税等を節約することができます。

 

 

町家なので築年数は古いのでしょうが、写真のように、きれいにリノベーションされています。

中京区で、希望価格は3800万円です。
ご興味ある方はお声がけください。

 

《雑感》

今回の案件は、不動産M&Aなどと呼ばれます。

まだまだマイナーな手法ですが、税金面のメリットも大きいですね。

マイナス面としては、会社ごとなので、変な負債などを引き継がないようにチェックしなければいけない点があります。

それでも、節税メリットは大きいので、単純に不動産を売買するよりも魅力的なケースも多いはずです。

いずれこの手法が一般化したら、税務署もなにかしら手を打ってくるのでしょうね。。。。

早い者勝ちというところでしょうか。

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

取材をしていただきました。

 

【セミナー登壇のお知らせ】
「ゼロから起業」よりも「継いで起業する」~新しい形の起業セミナー~

 

神戸市産業振興財団さんの事業承継プロジェクトの関係で、取材をしてもらいました。

どうにも取材を受けるというのは慣れません。

僕の場合はどちらかというと語りが足りないような気がします。

いつも「もっと話したほうがいいのかな」と思いつつ、そのまま先に進んでしまう感じになってしまいます。

 

自分がインタビュアーをやった経験の反作用かもしれません。

話がどこまでも止まらない人がいて、一方で、言葉足らずな人がいる。

僕の場合は、後者のタイプの方のほうがインタビューしやすく感じていました。

その感覚で、話が短く淡泊になる傾向があるのかもしれません。

 

明日からは、出張です。

東京、名古屋とまわってきますね。

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

ツールできました!!社長の急逝問題に対応!

 

奥村がずっと訴えている、小さな会社の『社長の急死問題』。

 

ある日突然社長が急逝。

するとお金の引き出し方も分からないから、買掛金も給料も払えない・・・

そうこうしているうちに倒産してしまうことも。

 

代表者がいなくなれば諸々の手続きができません。

いざというときのためにかけていた生命保険ですら、手続き権限を持った人が不在で払ってもらえなかったりすることも。

なのに、新しい社長を登記することができない場合すらあります。

 

また、被害は家族に及ぶことだって。

会社のことなんて何も分からない奥さんが駆り出されて迷惑を被ったり。

ときに、うっかり相続してしまい、家族が会社の借金を丸ごと背負羽目になることまで

 

こんな事態をどうにかしたい。

こう思って考えたサービスが、社長死亡問題に備える『手続きNONストップ』。

告知用ツールができました!

 

なかなか面白い出来ではありませんか?

 

しかし、このサービス自体は、最低限の事業承継の備えを廉価で提供するためのもの。

ツールづくりにお金をかけても、投資を回収できる自信がまったくありません。(涙)

問題提起ための社会貢献と割り切りましょう……

 

サービスの内容など、ご興味ある方はリンク先をお読みください。

手続きNONストップ

『手続NONストップ』社長の死亡リスクに備える“手続の保険”

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

社長自宅や会社不動産の(根)抵当権解除抹消、相続等に関する支援

社長と会社の不動産問題の解決に寄与

社長さんのと不動産との間には、様々なトラブルが起きがちです。

重要な資産である一方、会社の債権者との権利関係にも話が及ぶことが多く、処理が難しいケースが多々あります。

担保に取られている会社の不動産や、根抵当権が付いている個人の自宅などの負債関連の問題、相続や活用、売却などで幅広くご相談に乗らせいただきます。

不動産に関わるこんな問題に対応

「会社の借金が返済できなくなると、自宅を失うことになる」

「収益用の物件がいつしか負の資産となっていた」

「分社をする予定だが、不動産をはじめとする資産の分け方が難しい」

「社長に相続があった際に、不動産の遺産分割がもめる原因になった」

「離婚に伴い、自宅をどうするかでもめている」

「売却したいが、銀行の担保に取られて自由にできない」

 

不動産支援の特徴

解決の手口はフリー

不動産の相談先は案外難しいものです。

例えば不動産の仲介業者に声をかければ、売らされる方向で話を方向づけられるのが落ちでしょう。

奥村ならば、様々な解決方法の手口をしがらみにとらわれないで選択することができます。

税金や法律問題もまとめて

不動産には税金の問題が避けて通れません。

担保や抵当権の話となると、法律とも関連が強くなります。

当方では不動産問題を解決する企画を立案しつつ、必要に応じて税理士や弁護士、不動産コンサルタント等を活用できます。

様々な分野に関わる問題をひとまとめに解決します。

解決手法と費用

どんな解決手法を取るか。

それにどれぐらいの費用がかかるか。

気になるところだと思われますが、実際に案件が見えないと何とも言えないのが心苦しいところです。

ただ、提供できた価値に応じた費用しかいただかないというポリシーはお約束できます。

また報酬の払い方や額なども、可能な限り柔軟に対応いたします。

オープンに相談しながら話を進めていきましょう。

 

不動産に関する問題は、まずご相談を

社長のご自宅や会社の不相談に関するご相談はお気軽にお寄せください。

相談申し込みやお問合せは、こちらのフォームをご利用いただければ幸いです。

問い合わせフォーム

【参考】
ご相談・ご依頼について

 

 

(発生済)社長の相続の手続き支援

社長の相続の手続支援

相続は普通の方の場合でも大変です。

それに加え社長の場合は、株式や個人保証など特有の問題も加わります。

迅速な対応が必要

相続では取り返しのつかないことをしてしまう場合があります。

たとえば、会社のトップが不在になることで会社が潰れてしまうことがあります。

株主の相続人たちが、継続できた会社をあっさり廃業させてしまうこともあります。

また、一度故人を相続したら、後になって無かったことにすることはできません。

亡くなった方が負っていた借金や会社の個人保証だって、一度相続したらもう戻れません。

そこで、やるべきこと、やってはいけないことを整理し、迅速に関係者が共有しておく必要があります。

もちろんその指揮を執る存在がいなければ苦労します。

遺産分割を上手にクリアする

すぐにやるべきこと(やってはいけないこと)に対応して落ち着けたら、遺産分割や財産の名義換えに進みます。

この場面では、感情的なもつれが生まれやすいところです。

後継者の方が割の合わない思いをさせられるケースも多いでしょう。

相続に不慣れな方がどこかから聞きかじった知識でまとめようとしたら、かえって問題を大きくしてしまうこともあります。

相続全体をみて遺産分割をコーディネートできる人を中心に置く価値があります。

税金も視野に入れる

相続は法律の問題だけではありません。

税金のことも考えなければ、落とし穴にはまってしまう可能性が高いでしょう。

納税資金をどうするかなどの視点も欠かせません。

相続税の申告等には期限もあるので注意が必要です。

 

相続手続き支援の特徴

経営面や会社への気配り

社長の死亡や相続が会社に及ぼす影響まで考慮して、采配をふるえることが奥村の一つの特徴です。

一般的に、相続問題を扱う専門家は、個人資産の相続の面しか扱うことができないでしょう。

しかし、会社の社長となると考慮すべきはそれだけでは足りません。

相続や遺言の実績

事業承継や経営コンサルティングに乗る出す前の奥村は、資格業における相続手続きサービスを構築した先駆けでした。

講演や執筆なども多数行い、年間150件以上の相談を受けていた時代もあります。

一般的な相続問題への実績という面でも申し分ないでしょう。

当事者の間に踏み込み、関係者の心理をケアするスタンスで相続問題に取り組み、無事にゴールまで導いてきました。

税金まで一気通貫

相続や事業承継の問題は、税金、法律、手続、不動産……と、様々な分野に関わります。

一方、それに対応するべき専門家の世界は縦割りです。

そのため、「誰に相談していいのか分からない」「いろんな人を探さないといけない」といった現場の不便が生じています。

当方では、一括して相続を取り扱うことが可能です。

必要に応じて税理士や弁護士等の専門家のコーディネートも行います。

真っ先に相談すべき窓口のはずです。

 

相続支援の費用や仕事の流れ

費用は案件の内容により異なりますが、一般的な社長の相続の場合、当方の報酬は30万から50万円。

大きな相続の場合は100万から150万となるケースが多いと思われます。

ただし、税務申告や不動産の名義変更の有無などによって、費用の総額は大きく変わります。

当方では、解決手法を提案する際に、相続でかかり得る総費用の見積もりも行っています。

この結果を見て依頼の可否を判断いただけますので、お気軽にお声がけください。

相続支援の流れ

①ご相談

②当方からの企画提案・見積もり提示

③着手の検討

④プロジェクト開始

 

時間を無駄にしないでください

とにかく大切なことは、相続が発生したら「迅速に適切な動きを行うこと」です。

迷って時間を失うより、まずは一度お話を聞いていただきたいところです。

お問合せやご相談は下記の問合せフォームをご利用いただけると幸いです。

お急ぎの場合は、携帯番号もご利用ください。

→ お問合せフォーム

 

会計&経営コンサルティング顧問

会計税務と経営から、事業承継まで手厚くサポート

「顧問の税理士の先生は何も提案してくれない」

「経営の相談にも乗ってもらいたいのに……」

こんな物足りなさを顧問契約をしている会計事務所に感じている会社が多いのが現実です。

そこでご提案させていただきたい、奥村の会計顧問です。

顧問の会計事務所への苦言

事業承継や経営のコンサルティングで会社に踏み込む私には、会計事務所や顧問税理士さんの仕事のスタンスがよく見えます。

良い仕事をなされている事務所もありますが、そうでないケースもかなりあります。

例えば「なんでこんなに問題が大きくなっているのに、会計事務所は指摘もアドバイスもしてこなかったのか」と思うようなケース。

お客さんの会社のためにやることなのに、定型業務以外のことだと面倒くさがる事務所も。

プロジェクトには会計処理や税務対策も不可欠になるので、無視して進めるわけにもいきません。

しかし、一緒に仕事をしづらいケースが多く、そもそもウチから見たら第三者なのであまり強く言うわけにもいかなかったりします……

 

会計サービスとコンサルティングの合わせ技

このような不満を感じているうちに「ウチで会計サービスまで提供してしまおう」という発想を持ちました。

とはいっても奥村が日々の経理から税務申告まですることはできません。

そこで、パートナーの会計事務所や税理士さんと共同で会計顧問を行います。

たとえば、顧問契約を結んでいる会計事務所の職員が、毎月会社を訪問するのならば、2ヵ月や3ヵ月に1回の訪問を奥村がします。

その際には経営や事業承継などの深いところの相談もできます。

奥村とパートナーの会計事務所とは常に情報交換をして大切なことをシェアしておきます。

こんなやり方をすることで、より良い経営のサポートが可能となります。

奥村の会計顧問のメリット

長く会社を見守ることができる

会計という企業活動に不可欠な営みを通じて会社を関わることができるので、長期間無理なく支援をすることができます。

トータルコストを抑えられる

会計顧問と奥村へのコンサルティングを別々に頼むよりも、トータルコストを下げられます。

当方と会計事務所で共通する作業や手間を省けるためです。

多方面からチェックと提案

会計や税務だけでなく、法務や経営などからの視点も加わるため、より良い提案がなさせる可能性がグッと高まります。

 

まずはお気軽にご相談を

当方の会計顧問にご興味をお持ちいただいた会社さんは、お気軽にお問合せください。

問合せは下記のフォームをご利用いただけると幸いです。

問い合わせフォーム