継ぐスタ応援セミナーで気づいた「継業のポイント」

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

先日登壇した、日本政策金融公庫の『継ぐスタ応援セミナー』。

100名以上の方から参加申し込みがあったそうです。

個人による会社買収は、思ったよりも注目されているのかもしれません。

 

第一部では奥村が講演を行いました。

その後、実際に継業をされた3名の社長を交えてのパネルディスカッションをコーディネートさせていただきました。

また、終了後には公庫のご担当さんたちとささやかな懇親会もありました。

 

イベントを通じて面白い話をいろいろ聞くことが出来ました。

これから継業を考える方に参考になる話もあると思うので、シェアしたいと思います。

 

①先代社長と一緒に働く問題

先代社長は、後継者社長からすると厄介な存在となることがよくあります。

社長の座を譲ったのに、それまでと変わらない振舞いを続け、後継者はすごく経営がしづらくなってしまったり・・・と。

ゆえに、セオリーとしては、先代社長が会社に残る時間は極力短いほうがいい、となります。

 

しかし、小さな会社では、後継者が現場の仕事も覚えなければいけない場合が多々あります。

純粋に経営だけをすればいいということには、なかなかなりません。

もし現場の仕事まで教えてもらおうと思えば、通常時間がかかります。

このあたりはとても悩ましいところ・・・

 

継業経験者の皆さんは、先代社長と一緒にいるフェーズでは、とにかく言うことを聞いたようです。

しかし、その期間はバラバラです。

「長い間一緒に働いていたら、嫌なところが目につくことが分かっていたので、3カ月に限定した」

こんな経験談もありました。

 

なんとなくですが、後継者が女性のほうが柔軟性があって、先代社長と長く一緒にいられる傾向を感じました。

注意をしておきたいテーマです。

 

②買手の希望が細かすぎる問題

「最近、事業承継のマッチングをしていると、買手サイドの要望が細かく、具体的過ぎることがある」という話を聞きました。

当然、具体的になればなるほど間口を狭めて、ひいては継業が実現できません。

 

継業の場合は、そんなピッタリの会社が目の前に現れることはないので、ある程度の妥協は必要でしょう。

百貨店やAmazonでの買い物ではないのですから、たくさんのものの中からピッタリのものを選ぶことはできません。

 

このことについては、条件を細かくするのではなく、「自分がどうありたいか」にフォーカスすることが有効だと思います。

たとえば、「都会を離れて身の丈に合った仕事をしたい」とか。

「顔なじみのお客さんと長くお使いする事業がいい」とか。

ある種の自分が求めるフィーリングを大切にしてはいかがでしょうか。

そのフィーリングに合致するようなものから選ぶようにすれば「条件が狭すぎて解体会社に出会えない」という事態は避けられるような気がします。

 

③素直が一番だよ、問題

パネルディスカッションに登壇さらた3名の後継者社長は、皆さん素直でした。

これが一番大切なところかもしれません。

会社の数字が読めたか?という話題になったとき、「分からないので教えてくださいと、周囲の人に頭を下げまくった」といったエピソードを教えてくださった方もいました。

 

自分の弱いところを表にだすことは、けっこう難しいものです。

ましてや社長になってしまった後は特にそうでしょう。

それでも「わかりません」「できません」「ごめんなさい」と言えるか。

ここは大きなポイントになります。

事前の準備や知識武装も大切でしょうが、それ以上に大切なことは、こんな人としてのマインドだったりするのでしょう。

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

(東京・大阪)継業スクール開催情報

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

 

毎回好評をいただいている『継業スクール』。

(どうやら本当に好評な様子です)

個人で会社を買ったり経営をするためのノウハウや考え方を、お伝えする目的で開催しています。

東京と大阪開催の次回の日程を決定いたしました。

 

東京:8月31日(土)

大阪:9月14日(土)

 

なお、東京開催は今日より1週間ほどで最低人員に達しない場合は、開催を中止します。

その後の開催も不透明なため、参加の意向をお持ちの方は早めにお申込みをいただけると幸いです。

個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

NHKで、廃業をテーマに奥村が・・・?

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

NHKの名古屋放送局さんから、このところ取材を受けていました。

今日その様子が中部地方のニュースで流されたようです。

奥村は神戸にいるので、どんな取り上げられ方をしているのか、まだ分からないのですが・・・

 

今回の取材テーマは「廃業」でした。

廃業の中でも、よい廃業と、悪い廃業があります。

 

良い廃業というのは、おわりを受け止め、ソフトランディングをすることです。

周囲への悪い影響をできるだけ回避し、関係者へのメリットをできるだけ残そいうというものです。

そのためには、上手な作戦づくりが必要となります。

 

社長が良い廃業をして周囲に利益を残せば、それが自分にも返ってきます。

このことは悪い廃業や倒産と比較すると分かりやすいと思います。

 

無理をしてトコトン事業を続けたうえで、墜落するケースがあります。

こうなると仕入れ先へのお金が払えなくなったり、社長を信じてお金を貸してくれた人を裏切ることになります。

一生恨まれ、社長は地域や業界内に居場所を無くす結末になる可能性も高いでしょう。

周囲に損害を与えれば、それが自分に返ってきてしまうのです。

 

 

逆に、自社の終焉を受け入れれば、着地の仕方をコントロールすることは可能です。

周囲に与える不利益をできるだけ和らげることもできます。

 

 

会社の見切りのつけ方や、社長のやめ方など、ほとんどの社長は出口が見えていません。

どんな終わり方があって、どんな終わり方を目指すのか・・・

少しでも意識が向けられるようになって欲しいと願っています。

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

それ、今はなさなくてもよくないですか?

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

 

先月、事業承継というよりは、経営再建に近い相談を受けてきました。

3時間にもわたる話し合いとなりました。

その間、何度か「それは今話をする必要がありません」と、僕は答えを拒絶した気がします。

 

たとえば、こんな話の流れです。

 

「このままやっていても利益は出せずに会社はつぶれます。

ならば、思い切ってやり方を変えて利益率を向上させることにチャレンジするべきでしょう」

状況を分析しながら、僕がこのような話を展開します。

 

すると、社長を含めたご家族も、「そうですね。その方向しかないと思います」と。

ならば、次に考えるべきは、当然「どんなどうやってやり方を変えるか?」ですね。

 

ところが、社長がおもむろに言い出します。

「今のオフィスを借りている不動産は、抵当権がついています。もし大家が破産したらどうなりますか?」

 

これ、今考えなくてもいいですよね。

心配かもしれませんが、その答えを知ったところで、利益は向上しません。

そして、利益を向上させられないのならば、会社はつぶれるだけなので、考えても無駄になります。

 

答えられないことはありませんが、答える必要はありません。

むしろ普通に回答してしまうと、ペースを乱され、話し合いは混とんとしていくでしょう。

僕は質問を拒絶し、話を元に戻します。

 

話し合いの交通整備役が重要なポイントとなる場面です。

もし、僕がまだ経験が浅かったころならば、普通に回答してしまったかもしれませんね。

 

 

さて、こんな風に話があちこちに飛ぶ様子を、あなたは滑稽に感じるかもしれません。

でも、行き詰っている会社ではよくある景色です。

 

状況が悪くなると、今本当に考えるべきこと、エネルギーを注ぐべきことに対して集中することが難しくなってしまうのでしょう。

そして、問題の整理と優先順位付けができないから、余計に悪い流れを修正できないし、必要なアクションも起こせなくなってしまうようです。

 

 

 

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

廃業や事業承継に伴う解雇のコツ

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

こちらの横断幕をご覧くだけますか。

 

「○○株式会社は、今すぐ不当解雇を撤回せよ!」と書かれています。

こちらは、ある豪邸を囲うフェンスに掛けられていたものです。

なにやら物々しい雰囲気ですね。

 

会社を解雇された従業員(たち)がいたのでしょう。

その従業員が解雇に抗議するため、社長宅にこのような横断幕をかけたことに間違いはなさそうです。

 

従業員は抵抗の意思を示すためと、社長への嫌がらせのために、無断で横断幕を掛けたと思われます。

翌朝には外されていました。

スーツを着た人間がせわしなく出入りしていたので、弁護士か警察が呼ばれたのでしょう。

 

 

どういったいきさつで解雇になったのかは、僕にはうかがい知れません。

 

ただ、会社を廃業する場合や事業を他者へ承継させる場合にも、従業員さんの解雇や退職勧告が行われることがあります。

そこで、私のブログの読者の皆さんに注意を喚起したいと思い、この話題を選びました。

 

 

こんなことにならないためには、ストーリーがとても重要になります。

従業員を辞めさせるのではなく、できるだけ自ら辞めてもらう方向にもっていくことで余計な反発や反撃はなくなります。

そのために説明を上手にしたり、ときに実情を知ってもらったりします。

 

 

ここで注意しなければいけないのは「法律上、合っているかどうか」が問題ではないということです。

 

たとえ法律上は問題がなくても、相手が解雇を受け入れてくれるかは分かりません。

むしろ法律でものを考えていると、相手からの反感を買ってしまいがちです。

今回の横断幕のような嫌がらせや抵抗につながります。

 

法律上は問題なくても、相手がそれに納得するかは別問題。

そして納得しなかった人間は、社長に嫌がらせや攻撃をすることだってできます。

 

 

あくまで相手は感情のある人間であり、そちらをケアすることが大切です。

 

法律を守るのは最低限の話ですが、法律で白黒つける必要が起きないように、双方が納得できるようなストーリーを描くことが鉄則です。

こういった衝突を回避するために、僕は現場で作戦を考えて、プロジェクトを管理する役割も担っています。

 

 

最後に、上手にストーリーを作って対応すれば、全員が全員納得してくれるわけでもない、ということも押さえておきましょう。

 

ごく一部ですが「話して分からない人」も世の中にいます。

そういう人に対しては、ガチンコで戦わなければいけません。

戦いを恐れてはいけない場合があります。

 

どんな場面でも、誰に対してでも、一つのやり方が通用するわけではないという点も押さえておきたいところです。

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

廃業って簡単では?

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

本日はテレビの取材を受けていました。

かなりの長時間。

カメラガ回っていると、なんだか固くなって滑らかに話せません。

うーん、私もまだまだです。

 

 

「廃業って簡単じゃないんですか?」

ディレクターさんから質問がありました。

たしかに、普通の方がそう思うのも仕方ないでしょう。

 

「今は大廃業時代で、毎年3万社が廃業している・・・」

なんて話を聞くと、さも廃業が簡単なように感じます。

 

しかし、実際にはいろいろと問題があります。

やってみないと分からない難しさはたくさんあるはずです。

 

世の中には自己判断で進めている社長もいらっしゃることでしょうが、きっと、危うかったり、下手な手を打ってしまっているケースは多いと思います。

やっぱり、専門知識を持って場数を踏んできた人間と、初めて廃業を体験する人では、見えている範囲や遠さは全然異なりますからね。

 

 

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

政策金融公庫の『継ぐスタ』セミナーに登壇決定

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

日本政策金融公庫の主催の『継ぐスタ』というセミナーに登壇することになりました。

今期より「事業承継室」というものができて、これが最初のイベントだそうです。

お声がけいただいて光栄です。

 

『継ぐスタ』の狙いは、後継者がいない会社と創業希望者をつなげること。

第三者承継や継業と呼ばれるケースの増大です。

僕の本では「継業スタートアップ」と名をつけていた、あれです。

 

継ぐスタ応援セミナー ~事業を受け継いでスタートする 新たな創業のカタチ~

 

いよいよ、公庫が本気で第三者継業に力を入れはじめた様子です。

 

もともと融資を受けている会社はたくさんあって、創業希望者が真っ先に頼る公的金融機関です。

その両者をつなげるとなると・・・!?

 

勢力図が大きく変わっていきそうな気がします。

注目されだした個人による会社の買取りですが、ググーッと加速していくことになるのかもしれません。

 

※追伸※

7月11日(木)に大阪で、事業承継や廃業の個別相談会をやります。

関心ある社長さん、是非この機会をご利用ください。

 

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

銀行の借金を継がないで買うことなんてできない!?

7月11日(木)大阪で廃業や事業承継の個別無料相談会を開催!
この機会をお気軽にご利用ください!
※お申込みは当サイトのフォームからお願いします


 

 

なんだかとても、忙しくなってしまいました。

新しいお話が来るとともに、止まっていた話が再始動をはじめたり・・・

穏やかに、淡々とお仕事をしたいのですが・・・

 

 

さて、ただいま、会社を他社へ継承したいお客様に関わっています。

 

社長の体調がすぐれず入退院を繰り返します。

資金繰りも厳しい状況が続いています。

借金も大きいです。

 

そこで、関係が近い同業他社に会社を引き継いでもらおうという方針になりました。

 

ただ、業績や財務内容を見たら、普通は買ってもらえなそうです。

資産よりも借金が多い債務超過です。

 

そこでこちらとしては「会社分割等で負債は残してもいいので、事業だけでも引き取ってもらいたい」というオファーを出しました。

この意味や、可否は、僕のブログや本を読んでくださっている方ならば、わかっていただけると思います。

 

しかし、先方からは「そんなことができるわけがない!」という回答でした。

そしてそれ以上話を聞こうともしません。

自分たちにとっても大きなメリットがあるのですが・・・もったいないですね。

 

 

こういう態度をとる人って、実はたくさんいます。

 

別に信じていなくてもいいのです。

 

それでも一度耳を傾けてみればいいはずです。

自分が間違っているかもしれません。

それで利益や機会を見逃してしまう損失を回避できるなら、話を聞いてみるぐらいなんてことはありません。

 

ところが、自分の知っている範囲だけで、物事を判断してしまう人がたくさんいます。

自分の知らないことは、できないこと

自分の知らないことは、良くないこと

 

短絡的にこんな結論を出してしまう人が多かったりします。

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

顧問先の電話相談

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

 

 

奥村は『フレンドシップ顧問』というサービスもしています。

いろいろと特典があるのですが、その中で電話相談も受けています。

 

お客さんにとっても経営や会社、さらには社長の私的な部分を相談できる相手がいるのはいいことでしょう。

こちらとしても、顔が見える相手だから適切な助言が出来たりします。

 

 

今週末は、そんな顧問先から数件の電話相談のご予約が入っていました。

「この先会社どうしようか」と、本格的な取り組みに着手するかどうかの相談だったり、

最近の経営を振り返ったうえで、社長が考える次の手に対する意見を聞かれたり、でした。

 

 

奥村としては、こんな社長さん達との関係性が好きです。

状況が悪くなってからでなく、悪くならないためのお手伝いができます。

 

また、目の前の仕事に追われる毎日からふと顔を上げていただき、考えを整理してもらったり、気づきをご提供できる機会に立ち会えるのはうれしいかぎりです。

 

 


参加申込受付中!!
個人で会社を買う方法を学ぶ『継業スクール』

【とにかく一度相談をしてみたい!」なら】
個別コンサルティング
【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』