事業継承の後継者支援について

後継者支援のあり方

後継者のサポート役として事業継承に関わることもあります。

調整役であり、また家庭教師的な立場として
世代交代後の経営の飛躍と安定に貢献します。

先代との間に入って意見調整を行ったり、
後継者の方と将来の事業計画を練ります。

また、それに伴う販売促進や法律手続き、
融資へのアドバイスなどもこなします。

1年、延長をする場合は2年で期間を区切り、
後継者のみなさんに『やり方』をお伝えします。

 

(支援の流れ)

①ご相談

②当方からの企画提案・見積もり提示

③着手の検討

④プロジェクト開始

⑤振り返り・改善

 

 

支援の一例

後継者としてモノづくりの会社に入った娘婿さんがいました。

会社は売上の低迷と財務内容の悪化で苦しんでいます。

後継者の娘婿さんは会社をそのまま継ぐことをためらっていました。

そこで、奥村を招へいし「継げる会社のかたちへ整えること」と
「承継後の経営アドバイスを」を依頼します。

奥村は会社分割を使って社内を整理し、
以後の経営コンセプトを後継者と見直しました。

導き出したコンセプトにのっとった事業計画をたて、
実績を積み上げて行ける土台を構築しています。

また、会社の事業承継の目途が立ったのちは、
先代社長の相続等にも着手しています。

 

支援の特徴

奥村の事業継承支援の特色はこちらです。

 

事業継承の真ん中を支援

事業継承の専門家といっても、通常はその一部だけを担います。

たとえば相続税対策であったり、М&Aのデューデリジェンスであったり・・・

しかし、奥村は事業承継を丸ごと支援します。

後継者さがしから教育。

融資や事業計画。

相続準備・・・

事業承継の全体に気を配って打ち手を練ります。

 

 当事者の意見を調整

トラブルの多くは感情対立から起こります。

事業継承では先代と後継者、後継者と古株社員、
後継者と他の相続人、会社と債権者・・・

こんな様々な関係で衝突が起きる恐れがあります。

奥村は人間関係の間に入り、本音を引き出したり、
考え方のものさしを伝えながら、関係者の納得を調整します。

なお、敵対する相手に法律論で対抗することはできません。

その場合は弁護士さんにお声がけください。

 

事業のリノベーションを得意とする

悪い部分を切りすて、
残した部分で新しい価値を作る。

こんなリノベーションを得意とします。

自分たちのあり方や使命から見直し、
新たな顧客獲得にコミットします。

 

 総合的かつ高度なスキル

会社分割などを武器に、
会社の大手術にたくさん従事してきました。

その実績は日本一かもしれません。

これまで関与した遺言や相続、
借金の相談や支援数も相当な数にのぼります。

さらに、新事業の立ち上げや不動産開発など、
自らリスクを負って仕事をしています。

実績から得られた総合力が強みです。

 

費用や支援スタイル

月々5万円から15万円ぐらいの範囲で、
支援中は顧問料をいただくケースがほとんどです。

予算には柔軟に対応いたしますので、
まずはご要望をお聞かせください。

計画立案を行い、
後は月一回の訪問で確認と改善を繰り返すのが
支援スタイルの典型例です。

 

→ お問合せフォーム

→ 奥村聡について

 

▽この記事をシェアする