専門家選びで役立つ知識と知恵の話

 

あらためて「知識」と「知恵」は全然違いますね。

 

知識がたくさんある人が、知恵を持っているということではありません。

むしろ、知識は乏しくても、頭を使って状況を打破できる力をもった人がいます。

 

会社をたたむかどうかの瀬戸際だったり、後継者に継がせるにしてもいかにうまくやるか。

こういう会社の出口の場面では、「知恵」のほうが不足しているようです。

 

資格業をはじめとする専門家は、知識は豊富です。

でも、道は拓けていません。

「専門家は通り一遍の一般論を語るだけで、どうしたらいいのかは教えてくれなかった」

こんな意見は巷でよく聞きます。

 

「教えてもらう」というスタンスにやや問題を感じないわけでもありません。

それでも、専門家が効果的な役割をできていないということは事実なのでしょう。

 

 

社長は相手に知識を求めているのか。

それとも、知恵を求めているのか。

このあたりの軸をしっかりすると、パートナー探しでのミスマッチは防げるのかもしれません。

 

 

 

【奥村聡への相談・個別コンサルティング】

→「とにかく、まず一度話を聞いてみたい!」
個別コンサルティング

【事業承継関連コンサルティングメニュー】

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさず、家族を巻き込まない」
社長急逝対策コンサルティング

▽この記事をシェアする