銀行のM&Aごり押しがウザい!?

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

今日は東海地方の顧問先をご訪問。

 

「銀行のM&A提案の話が、うっとうしい!」

そこでお聞きした話です。

 

「M&Aで会社を売りませんか?」とか、「株主になる先を紹介します」とか。

かなりしつこく銀行が声をかけてくるそうです。

 

 

経営環境が変わり、銀行も厳しい将来が予想されています。

そこで融資ではなく、M&Aなどで手数料を稼ごうと必死になっているようです。

 

また、新しい事業承継関連の制度の実施事例を作りたくてしょうがない面もありそうだと、クライアントのお話から感じました。

 

いずれにせよ、自分のところの都合しか考えていない感じで、お客さんは不快感を表していました。

「土足でズカズカ上がり込んでくる!」と・・・

 

 

姿勢の問題はあるのですが、私としては、そもそも銀行は事業承継等を相談する相手ではないと思っています。

 

100%会社のために貢献してくれる相手ではないし、場合によっては利害が対立する相手です。

そんな相手に腹を割って自社の話をすべきではありません。

 

もちろん、利益がある時は使えばいいのですが、その見極めが大切です。

 

 

 

 


【とにかく一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
▽この記事をシェアする