新型コロナウィルスの影響と経営的対策

 

とある顧問先でのお話です。

そこは事業承継に関連する依頼を受け、水面下でプロジェクトの準備をしています。

 

 

つい数日前も打ち合わせのために訪問しました。

 

本題に入る前に雑談をしていると、今回の新型コロナウィルスの話となりました。

 

業績への影響を聞いてみると「売上げが減少している・・・」と。

去年と対比すると明らかなようです。

そこで、準備を進めているプロジェクトは一旦棚上げし、新型コロナウィルスの対策に転換することを提案しました。

 

 

現場レベルでもいろいろとやるべきことがあるでしょう。(話題のテレワークとか)

経営面の対策としては、とにかく環境悪化に備えて手元のお金を確保すること。

顧問先の場合は、一番目の矢として「銀行への返済猶予をお願いしよう」ということで決まりました。

 

わずか1時間で、方針を転換し、具体的なやり方まで見通しを作りました。

銀行集会開催の段取りを進めてもらっています。

 

 

本当にこの方策が正解なのかは、現段階では分かりません。

たとえば、すぐに売り上げが回復する可能性だってあるでしょう。

 

しかし、危機対応に対しては、後手を踏むのが最悪だと思っています。

勇み足くらいでちょうどよいのではないでしょうか。

 

政府は政府で「今回への経済への影響を考慮して対策を行う」と発表しました。

しかし、それを待つのではなく、自分たちでやるべきこと、やれることをしておくべきでしょう。

フタを開けてみたら、政府の対策は不十分だったり、そもそも使えないものだったりすることだってあり得るのです。

 

 

そしてやるからには、最初から最大の戦力を投じて消火を目指すべきです。

 

私たちは一般的に面倒くさがりだし、変化を好みません。

ゆえに「様子を見ながら必要あればその都度対応しよう」となりがちです。

しかし、これをやっちゃうと、火は大きくなって消せた日まで消せなくなってしまったりします。

 

「どうしよう・・・」と思考停止に陥っている場合ではありません。

対策をやるか、やらないかをすぐ判断。

やると決めたら、スピーディかつ思い切って、です。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)
▽この記事をシェアする