このままでは自宅を債権者に取られるだけ・・・

 

東京に来ております。

羽田空港に着いたときは「(新型コロナの影響で)人が少ない!」と驚きました。

しかし、在来線に乗るとまだまだ人は多く・・・

やっぱり東京です。

 

 

今回は社長の自宅に関する案件の打ち合わせがありました。

 

もともとは別の要望で話が相談が来ました。

しかし、状況を知っていくと「社長の自宅の問題」が発覚。

 

「このまま手を打たず、漫然と会社を続けようとするれば自宅を失います。

手元に何も残せません」

こんな警告を初回の面談時、社長にしました。

 

業績がパッとしないこともあり、当時の社長は、資金をつなぐためにお金を借りることしか頭にありません。

しかし、普通には借りづらい状況です。

おそらく次の融資を引き出そうとすれば、銀行から自宅の担保提供を要求されるでしょう。

そうなってしまうと、いずれ事業継続を断念したときに自宅を失います。

(その可能性は相当高い)

 

「そうなってもいいのですか?」という問いをすると、社長は、まず自宅の保全に取り組むことを決断されました。

あとは私のほうで企画を練って実行するのみです。

 

たまたまですが、担保を差し出す前のタイミングで関われてよかったです。

 

時すでに遅しというケースも多いところ。

何か大きな判断をするときは相談をしてもらいたいのですが・・・なかなか理想的な形で声をかけてもらえるケースは少ないのが現実です。

 

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)
▽この記事をシェアする