情報に投資するのは難しい

 

今日から3日間の東京出張です。

いろいと予定が詰まっています。

 

 

さて先日、会計士さんから企業のスタートアップや上場(IPO)のお話を聞きました。

僕が日ごろ接している会社とは全然違う世界なので、新鮮な気持ちで勉強できました。

 

上場できたら創業者はものすごく儲かるイメージでしたが、現実は案外そうでも無いそうです。

上場まで持っていく段階で、資金調達のためベンチャーキャピタル等の他者に株式を発行しているケースが普通です。

そして、株式の売り抜けを狙っていたベンチャーキャピタル等は、上場したとたんに株式を売却します。

そんな背景があるので、創業者としてはそのタイミングで株式を売ることが、なかなかできないそうです。

 

 

この辺りの話は「資本政策」と呼ばれています。

上場を想定して、いかに他者からお金を引き出しつつ、自己の株式の割合を確保するかが肝となる世界です。

 

この過程で、多くの起業家は百戦錬磨の投資家にいいようにやられてしまうそうです。

 

投資家は自分のために弁護士を雇います。

でも、起業家側の弁護士はめったに雇われていないと言います。

その理由は簡単で、お金がないからです。

雇おうと思えば雇えないこともないのかもしれませんが、お金を出すのをためらってしまうのでしょうね。

ただでさえ事業を立ち上げるためにはお金がかかります。

常に資金が足りないような状況で、守りを固めることを目的としたお金を出しにくいことが想像されます。

 

ただ、こうなるともう大人と子供です。

知らぬ間に、投資家に有利な方向で足元を絡め取られていくのでしょう。

 

 

なんとも皮肉な話です。

弁護士の費用が高いことが、投資家に有利に働いています。

本心では投資家だって「弁護士の費用が安くなればいいのに」と思ったりするのでしょう。

しかし、弁護士の費用が高いおかげで、相対する起業家が弁護士を雇えません。

結果、自分たちが有利な展開で戦えます。

 

 

この話を聞いて、情報の重要性や、知恵のある人間を雇うことの大切さと難しさをあらためて感じました。

自分の仕事でも同様のジレンマはよくあります。

 

「情報が大切だ」とよく指摘されます。

正しいことであって、間違いありません。

たった一つの助言が、数年後に何千万、何億の利益(または損失)につながることだって珍しいことではありません。

 

ただ、いつ、どれぐらい役に立つのかその時はわかりません。

そんな情報のために、先行してお金を出せるのか?

こう問われたら、どうでしょうか。

実際のところ、お金を出せる人は少ないと思うのです。

お金にゆとりがある会社や人なんて、そんなにいません。

また、もし投資する気持ちがあっても、目の前にいる人間その期待に応えてくれるのかは保証されていません。

 

いやはや、目に見えないものに、適切にお金をだすのはとっても難しいことですね。

こう考えると「なんでもっと早く話を聞きに来てくれなかったの……」という、僕がお客さんに抱く残念な気持ちも、仕方ないと思えてきます。

 

 

【奥村聡の事業承継関連コンサルティング】

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさない」
社長急逝対策コンサルティング

 

廃業の記念品?

 

三重で手掛けている廃業のお仕事が一つ大きなヤマを越えました。

先が見えてきました。

 

業務の関係では、お客様にご迷惑をおかけしないで済んでいます。

廃業することをお客さんに伝えてからというもの、「残念だ」「寂しくなる」という声はあったものの、不満やお怒りはありません。

しっかりケアができています。

 

従業員さんとの関係も上手くやれました。

解雇日には、みんなでお別れ会を開催しましたが、みなに気持ちよく旅立ってもらえています。

有休消化期間や、雇用関係が終わったあとまで、廃業にのための伝いを自主的に申し出てくれる従業員さんがたくさんいました。

良い関係を保てたことの証明でしょう。

 

 

「お客さんや従業員を嫌な気持ちにさせない」というのは、依頼主の社長のたっての願いです。

それを実現するために、ものすごく気を使い、実際に手も足も動かしました。

なにより、現場の社長さんが頑張りました。

「何もそこまでしなくても」と思うようなことまでしてあげたり、です。

 

しかし、ただやみくもに頑張ればいいというわけでもありません。

お金や時間の制限はあります。

また、良かれと思ってやったことが裏目に出るなんてことは、よくある落とし穴です。

廃業前というのは、普通の状況ではないのですから。

先までを見通した戦略と、その場の迅速な判断、方針の一貫性等がもとめられます。

 

そんな面で、僕もお役に立てたのでしょう。

「節目節目で適切に判断してもらえらえて助かった」と、今日は社長さんに言ってもらえました。

ありがたいです。

 

 

今は事務所や工場内の機械や備品の処分を重点的に進めています。

ちゃっかり、使い古されたスツールを一ついただいてしまいました。

家に飾ろうと思います。

40年続いた会社の一部を引き継げることがうれしいです。

そして、こちらの会社のお仕事をやらせていただいたことの記念にさせてもらいます。

 

 

【奥村聡の事業承継関連コンサルティング】

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさない」
社長急逝対策コンサルティング

 

社長が急死して給料を払ってもらえない・・・

 

「社長さんがお亡くなりになり、給料を払ってもらえない」

「お客さんが待っているけど、業務を再開することができない」

こんな内容を趣旨とする相談のメールが送られてきました。

 

本当に難しい状況です。

社長本人の死亡により、会社の機能がストップしてしまいます。

意識されていないかもしれませんが、この手のトラブルは巷で頻繁に起きています。

 

あらかじめ手を打って、対策をしておいていただきたいといつも願っている問題です。

ウチでは、こんなコンサルティングメニューを用意しています。
「社長の死亡リスクに備える・オーナー経営者の急死対策コンサルティング」

でも、まだまだ普及具合はものたりないと感じています。

このコンサルティングが必要な会社の数。

守るものの重要性。

これらを考慮したら、こんなもので止まってはいけません。

 

売れもしないホームページを作るのに、社長はポイっと50万、100万と出したりします。

しかし、会社の存続や家族の平和に直結することに投資しないというのは、寂しいばかりです。

 

なんだか今日のブログは愚痴ばかりになってしまいました。

 

 

【奥村聡の事業承継関連コンサルティング】

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさない」
社長急逝対策コンサルティング

 

企画提案

とあるお客様の会社に本日、2回目の訪問をしてきました。

前回、状況や課題をお聞き、資料をお預かりしてきました。

それを踏まえて、作戦を考えました。

その作戦を資料にして提案してきた次第です。

 

策には正解がありません。

全ての会社において状況は違うので、他社のものをそのまま使うこともできません。

会社や社長さんたちの未来を明るくできるように、一生懸命考えます。

 

それを資料に落とし込むのも、結構骨が折れる作業です。

お客様のところで、他の業者から提出された資料を目にさせてもらうことがありますが、形式だけ整えている場合がほとんどです。

一般論を説明するだけで、ボリュームを稼いでいたり。

提案書のように見せて、なんの提案にもなっていなかったり。

僕の場合は、シンプルに、本質的で、行動に移せる企画書づくりを心掛けています。

 

出来上がった企画書だけを見ていると、簡単に作れてしまうような印象を持つ方もいらっしゃるのかもしれません。

でも、考えてかたちにする作業は、とてもとてもエネルギーと時間がかかります。

ここらへんがなかなか伝わらないのは、知的労働者のせつないところですね。

 

【奥村聡の事業承継関連コンサルティング】

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

→「経営者の死亡で会社をつぶさない」
社長急逝対策コンサルティング

 

 

事業承継の顧問契約が増えつつあります

 

本日は、神戸で二件のアポがありました。

ひとつは、こちらからの提案の機会です。

前回ニーズや課題をお聴き取りしていて、それに対してこちらで策を練っていました。

もう一つは、社長のご親族からの相談で、廃業等に関してでした。

 

このところ一番多いご相談は、廃業です。

前もってというよりは、すぐにでも動き出さなければいけないケースが多いところです。

 

その一方で、今後の事業承継等を視野に入れた足の長い取り組みの依頼も増えています。

顧問契約のようなかたちのお仕事です。

 

今日の一件目もそうでした。

社長さんとしてはまだまだ仕事をするつもりです。

でも、引退をする期間までに何が起きるか分かりません。

また、廃業する場合になっても、後継ぎを探すことになっても、その出口を見据えて準備しているかどうかで結果は大きく変わるはずです。

そんな背景があるなかで、僕に声をかけてくださりました。

 

これは本当にうれしいことです。

「もっと前に声をかけてくれれば・・・」と残念に思うのは日常茶飯事です。

しかし、このように早いタイミングからご一緒できれば、かなり良い方向に持っていける可能性が高まります。

もし途中でなにかあったとしても、すぐに対応できます。

 

お客さんとしても、投資額を抑えながら見守られるので、トータルではメリットのほうが大きいはずです。

こんなお客さんが増えるのは、素直にうれしいですね。

 

社長の引退や世代交代、さらには廃業や会社の売却……と、上手に出口を迎えることは本当に大変です。

もっと、もっと社長さんの意識が高まることを願っています。

 

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

 

デスクワークの一日

 

早くも10月になってしまいました。

今日は一日デスクワークです。

提案資料を作ったり、販促ツールを作ったり。

原稿も書きました。

 

仕事が溜まっていましたが、あっという間に時間が経ってしまいます。

理想の半分ぐらいの消化というところでしょうか・・・

 

打ち合わせなどは、お客さんから僕の仕事がよく見えます。

でもその裏で、さらにたくさんの時間がひとつのプロジェクトに費やされていたりします。

3倍から5倍ぐらいは見えない仕事をしている気がしますね。

 

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

 

《事業承継700社目》ただの解説と提案の違い

 

今日は米子で新規のご相談でした。

週末に遠方に御呼ばれするパターンがこのところ続いています。

 

今回のご相談で、おそらく700社目のご支援先になりました。

数え忘れもありそうなので、正確ではなさそうですが・・・

 

カウントに対しては、お話をお伺いして、私なりに「こうしたらどうでしょうか?」と提案したものをカウントしています。

手も足も出なかったもの、なにも解決アイデアが浮かばなかったものは、カウント外です。

(といっても、そんな結果になった記憶はありません)

 

 

個人的には「提案」にこだわっています。

右に行くのか、左に行くのか、ダッシュをするのか。。。

とにかく、次の動き方を僕なりに提案します。

もちろん、その背景にはゴールを見据えた作戦があります。

 

「コンサルトならば、提案して当然」と思われるかもしれません。

でも、会社の先行きを決定してしまうことに対し、作戦を立てられる人ってそんなにいません。

能力的な問題かもしれません。

それに加えて、リスクをとることから腰が引けてしまっている場合も多いのでしょう。

「こうしましょう!」と提案したら、その策には責任が伴います。

 

お客さんが他からもらった提案資料(のようなもの)を見せていただけることがたまにあります。

それらを読むと、たいがいは作戦ではなく、単なる解説である場合が多いところ。

もっともらしく形式とボリュームを整えているものの、そこに書かれていることはある手法の説明だけだったりします。

それは「こうしましょう」という提案とは大きく異なります。

コンサルティングをしているように見せていながら、実際はこんなレベルに留まっていたり。。。

 

僕としては、これからも提案にこだわっていきたいところです。

その提案が受け入れられるか、否かは、別問題。

もちろん受け入れていただければいいのですが、条件がそろわないこともあります。

それでも「私はこう思います」という提案だけは、しっかり打ち出すスタンスでありたいと願います。

とにかくリスクをとってでも、具体的に策を提示していきましょう。

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

事業承継コンサルティングに最も大切な力は?

 

今日は、本の執筆のためある方に取材をさせてもらいました。

最初に経営で関わった会社を上場させ、また新たな会社の立ち上げに挑んでいる方です。

やっぱり、面白い!!

勉強になることばかりの一時間半。

お忙しいお身に関わらず、お時間を作っていただき感謝感激です。

 

 

話は変わります。

先日、お客様からこんなメールをいただきました。

少し紹介させていただきましょう。

「すべて相手にも納得して頂き、お陰様でスムーズな話し合いをすることができました。

この何年かで、はじめて、お互いに穏やかに 話し合いをすることができました。

ようやく一歩、踏み出すことができました。

ありがとうございました」

 

事業承継と部分的な事業撤退が重なったような案件でした。

家族の人間関係も複雑に絡み合っていました。

僕が間に入り、論点を整理して、段々と出口が見えてきた状況です。

(この先、まだひと悶着あるかもしれませんが)

 

僕のコンサルティングでは、すごく当事者の心理に気を使っていると思います。

そのためのコミュニケーションにも時間とエネルギーを使います。

 

このところは、事業承継等のコンサルタントとして第一人者的に扱っていただくことが増えました。

すると、とても知識が充実していたり、技がすごかったりすると思われるようです。

でも、本当のところは違うと思います。

 

もし、自分に他の専門家よりも優れている点があるとするならば、人間感情の整理なのではないかと、感じています。

話がまとまるかたちを作ることが、うまいのだと思います。

 

多くの専門家が、軽視したり、見落としがちなところだと思います。

知識が充実していれば、

座学でたくさん勉強していれば、

事業承継の案件をこなせるようになるとつい考えます。

 

しかし、現実は違います。

知識を使う前に、関係者のマインドを整えていかなければいけません。

それができなけれあ、せっかく学んだ知識も技も使える場面はやってきません。

 

議論を重ねて、ようやく話が進むかなと思ったら、また振出しに戻って……

こんなことを繰り返す場合が現場ではよくあります。

表面上は方法論に問題があるように思えたりしますが、実は関係者の心理面に問題があったりします。

 

納得できていなかったり、やり気がない心理が、やり方の問題点を指摘するという態度に出たりするわけです。

この本質を見抜けなければ、いつまでも出口が見えてきません。

枝葉の方法論をいくら考えていても無駄になります。

 

僕の場合は、このあたりを含めたコーディネート力に対して、お客さんから一番評価をいただいているのでしょう。

 

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

『神戸100年経営支援事業』を取り上げていただきました

 

公益財団神戸産業振興財団で発行している「神戸イー・ティップス」に、『100年経営支援事業』のことが取り上げられていました。

事業承継に関するプロジェクトで、各専門家の知見から問題整理や解決へのアドバイスができるところが特徴です。

奥村は、統括アドバイザーの役目をいただいています。

見開きで、僕のインタビューやセミナーの様子を載せて特集してもらっています。

ありがとうございます!!

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ