分社話による怪我の功名

1月28日@大阪 ビジネスバトン戦略会議例会
「借金に行き詰まった会社が取りうる手段は!?」


 

土曜日ですが、これから博多に向かいます。

廃業のプロジェクトを進めています。

 

 

今回の記事では、最近関わっていた、ある会社の分社プロジェクトをスタートしていた件をご紹介しましょう。

 

社長の他にもう一人役員(専務)がいた会社です。

受け持っている事業も別々でした。

その二人の関係性が悪くなりつつあるところで「別の会社に分けてほしい」という相談が寄せられていたのです。

 

もともと分社のコンサルティングは得意としてきました。

初回相談からはじまり、状況やニーズの聞き取りを始めました。

専務も独立する気満々です。

 

ビジネスの流れや会社の様子の把握にも努めました。

決算書などを使って分社後のそれぞれの会社の数字をシミュレーションもしました。

 

 

そこで、ある事実が判明します。

「あれ、赤字ですね・・・」

 

専務が受け持っていた事業が、実は赤字だったのです。

 

これまで会計処理をまとめていたため気づいていませんでしたが、この度分社のシミュレーションをしたことで判明しました。

要は、専務は自分で利益を出せず、社長の事業が稼いだ利益で食わせてもらっていたということになります。

 

大口をたたいていた専務も、この事実を受けて大いに反省しました。

そして、責任をとって退社するという方向で話は落ち着きました。

もちろん分社の話は中止です。

 

 

会社にとってはまさに怪我の功名です。

この分社の話が沸いてこなければ、赤字を垂れ流している状況がいつまで続いたか分かりません。

 

また、専務との関係性でも、もし互いに争うような方向になっていたら、時間もエネルギーも相当消耗したはずです。

専務が自ら去ってくれたということは、会社にとってものすごい損を回避できたことを意味しているのです。

 

 

なお奥村としては、契約がアッという間に終わってしまい、ほとんど利益にならない仕事でした。(汗)

 

月ベースで仕事を受けているので、短い期間で終わる仕事ではいただける報酬も少なくなります。

そして、たいていのプロジェクトはスタート時が一番労力的に大変だったりします。

 

とはいえ、お客さんにとって良い結果となったので、よしとしましょう。

いい仕事をすることが一番大切です。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

後継者候補とその配偶者さんと面談

1月28日@大阪 ビジネスバトン戦略会議例会
「借金に行き詰まった会社が取りうる手段は!?」


 

今日は日帰り出張。

事業承継のご支援をしている会社さんへの訪問日でした。

 

社長のお子さんや配偶者さんが、複数社内にいらっしゃる会社です。

そして、今後の事業承継をどうしたらいいか?というところに答えを作っていくことがコンサルティングテーマとなっています。

 

まだコンサルティングはスタートして数か月。

この間でひたすら関係者のお話を聞かせていただいています。

 

ご本人の価値観であったり希望。

これまでの生い立ち。

周囲の方々との関係性・・・などなど。

 

 

集中してお話をお伺いし、その方を自分の中にインプットしようとしています。

 

時間はかかるし、エネルギーも使いますが、この手間を惜しんじゃいけないと考えています。

私の提案を受け入れてもらったり、後になってひっくり返るようなことがほぼないのは、こうした地道な積み上げの土台があるからなんだと思います。

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

借金の対処法を学ぶ(ビジネスバトン戦略会議例会)

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

昨年末に立ち上げた「ビジネスバトン戦略会議」

第一回目の例会(勉強会)のご案内をさせていただきます。

仲間となっていただける専門家の皆様を待っています!!

 

第1回例会
「借金に行き詰まった会社が取りうる手段は!?」

1月の例会テーマは、中小企業診断士の資格も持つ廣石佑志弁護士にご登壇いただきます。

相手のビジネス視点の欠如から、「法律家には話が伝わらい・・・」という社長の嘆きはよく聞かれるところ。

経営と法律に立脚する廣石先生だから、本当の意味で会社に役立つ話をお聞かせいただけることでしょう。

今回は「行き詰まってしまった借金対策」をテーマとします。

 

日時:2020年1月28日(火)19時~21時

場所:大阪市内で調整中。決まり次第、アップします。

参加費:5000円/人

テーマ:
「借金に行き詰まった会社が取りうる手段は!?」

 

※お申し込みはこちらとなります。

https://forms.gle/EqS2dWybZvkRVoL7A

 

ビジネスバトン戦略会議とは?

廃業や事業承継、M&Aの推進を、支援者ネットワークにより後押しする目的のコミュニティです。

中小企業経営の適正な新陳代謝づくりに貢献します。

代表は、事業承継デザイナーの奥村聡。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

まさに死神!?(今年のお仕事をふりかえって)

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

今年最後の出張に向かう電車の中です。

一泊で長野県の会社2件を訪問する予定です。

 

 

こんな時期なので今年一年のお仕事を振り返ってみましょう。

 

今日もそうなのですが、とにかく今年は移動が多くなりました。

文字通り日本全国でお仕事をしてきました。

 

 

前半と後半でがらりと仕事の様子が変わったことも、今年の面白いところです。

 

4月に「0円で会社を買って死ぬまで年収1000円」という本を光文社から出しました。

サラリーマンや個人の方に会社買収のやり方をお伝えする内容でした。

 

その影響で、会社を買いたい人、会社を継ぐ後継者、さらには起業したい人に向けたお仕事が増えました。

講演の依頼や、自主企画で「継業スクール」という学びも場も運営した次第です。

 

「これからの人」に向けたお仕事が多かったわけです。

 

 

これが、後半になるとがらりと変わります。

 

NHKスペシャル「大廃業時代」で、会社をよりよいおわりに着地させるコンサルタントと出演しました。

(テレビでは「会社のおくりびと」と呼ばれていました)

 

NHKの反響はすさまじいものがあり、様々な依頼が舞い込みました。

「ウチの会社も廃業を考えているから相談に乗って欲しい」とか。

もちろん講演の依頼や、関連企業からのタイアップの依頼もありました。

 

こうして今年の後半は、「おわる人」のための仕事がメインとなったのです。

 

 

「これからの人」と「おわる人」。

会社からの視点で見れば、「起業」と「廃業」。

いわば会社の生と死です。

 

まったく逆の立場のお仕事を一人の人間がしてきたというのは面白いところではないでしょうか。

そして、きわめて奥村らしい動き方だったと思います。

 

 

普通の人は、生まれてから死へ向かうという感覚でいらっしゃるのでしょう。

でも僕が担っているのは、死から生です。

 

生まれてから死んでいくという目につく表の流れの裏側に、死からもう一度生まれさせるという動きがあります。

僕はそこで、ちゃんと終わらせることで、次の始まりを創造しようとしているわけです。

そのスタンスが、明確に現れた今年の仕事でした。

 

 

自分のやっていることを改めて考えると、その役割は死神と同じですね。

 

死神は命を奪うだけでなく、生をも司るようです。

僕は同じような役割を中小企業を対象にやっています。

死神というと怖ろしい存在ですが、なんだか何か親しみを感じてきました。

 

 

今年は本当に充実した仕事をさせていただきました。

ありがとうございました!!

そして、みなさん良いお年をお迎えください。

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

踏み込んでリスクを背負う

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

今日は仙台でした。

前回までのご相談に対し、今度はこちらから取り組みの提案をする回です。

 

今回のご提案内容を簡単に言えば、こんなところです。

「社長にはこのまま気の済むまでやっていただき、万が一の時、後のことは奥村がやっておきます」

 

会社には後継者がいるような、いないような、という微妙なところです。

負債はかなり大きくなっています。

社長としてはすぐに仕事を辞めたいわけではなく、できればまだ続けたいと思っています。

 

 

 

このような状況に対して、あえて問題の先送りをご提案したのです。

普通は「早く決めましょう」ということになるのでしょうけどね。

急いで将来を決めてしまうことは得策ではないと考えました。

 

ただし、やるだけやって社長に何かあったとき、会社が放置されるような状況になっては問題です。

そこで最後の最後は奥村が、その時の状況に適したお片付けをさせていただくという提案です。

 

 

はっきりいって、コンサルタントとしては踏み込み過ぎな内容です。

第三者として距離を保つのがコンサルタントの一般的な型ならば、この提案を実行したら私は当事者となってしまいます。

でもこのあたりは、覚悟の上だし、より良い仕事をするためにリスクも背負っていこうと考えています。

 

ときに月々のコンサルティング料の支払いを猶予したこともあれば、本当に正念場ではお客様にお金をお貸ししたことだってありました。。

 

 

踏み込むがゆえに、仕事を受けるかどうかの判断は慎重です。

とくにお客さんとの相性や人間性はよく見させていただいています。

「お金さえもらえれば、なんでも仕事をうける」という姿勢とはまったく逆です。

 

「この人のために頑張りたい」と思えるかどうかが一番のポイントです。

幸い、いまは良いお客様とばかりお仕事をさせていただけています。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

表から見えない時間

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

今週の前半は東京、千葉、横浜を回り、そこから東北宮城県へと。

大移動となりました。

後半は関西にいられたのですが、事務処理が追いつきません・・・(涙)

 

 

お客さんからは、打ち合わせなどをはじめとした「会っている時間」しか見えません。

でも裏側には、お客さんのためにそれ以上の時間がかけられています。

 

 

よく「弁護士の費用が高い」といった声を聞きます。

 

でも、弁護士さんの場合「お客さんとやり取りをしている4倍くらいの時間を事務作業で使っている」と最近何かで目にしました。

そこまで考えたら、費用が高いとは言えないようなケースも案外あるのかもしれませんね。

 

私の場合も、お客さんから見えない時間がたくさんあります。

 

数字や状況を分析したり。

課題を打開するアイデアを考えたり。

お客様に理解してもらうための資料を作ったり。

ときには、陰で他の専門家と打ち合わせをしたり、お客様のチャンスを引き出すための下交渉をしていることも。

 

やはり、実際にお会いしている時間よりも、こちらの時間のほうがはるかに長いでしょう。

 

 

「会社に聞くる時間が減っている」と、かつてある会社の社長から不満を言われたことがあります。

 

しかし、私としては一切手を抜いているわけではなく、むしろ、こうした裏の動きを活発化させている時期でもありました。

どうも、コンサルタントは自分と会っている時間だけしか働いていない、と考える傾向があったようです。

 

話し合いは持ちましたが、価値観や考え方が折り合わないと判断したため、最終的には仕事を降ろさせていただきました。

 

 

ちなみにこの方、自社の従業員に対してもこんなものの見方をしていました。

遅くまで残業をしているか。

休日でも出社したか。

こんなところを評価の対象にしていたのです。

結果、長時間仕事をしている「ふり」をする人が、多い職場になってしまっていました。

 

ものごとをいかに受け取り、どう解釈するか。

誤りが怖いし、難しいところですね。

 

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

ブログを書き続ける意味は?

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

ブログの更新をしばし怠っていました。

理由は、仕事が一杯だからです。

 

でも、時間がなかったという意味ではありません。

 

「これ以上お仕事の依頼が来ても困るのに、それでもブログを書く理由は?」

この問いに対する答えが見つからなかったためです。

 

ブログを書き始めた動機は「集客」でした。

ブログの記事に興味を持っていただいた方から声をかけてもらえたら。

ブログを更新することで、サイトのSEO対策になれば。

こんなところが本音でした。

 

しかし、ありがたいことに、日本中からたくさんのお仕事をご依頼いただけるようになりました。

キャパシティーはオーバーしています。

 

そうなると「それでもブログを書き続ける理由があるのか?」という疑問が沸いたわけです。

これは自然な流れですよね。

 

当初の目的が達せられたのならば、ブログを更新し続けるならば別の目的を見つけなければいけません。

 

こんな課題に対して

「とりあえず書き続けて、事業承継コンサルティングの現場の臭いを届け続けなければいけない」

と、腹に落として考えられるようになりました。

 

 

「(僕が出ていた)NHKを観て、こんな仕事をしてくれる人がいるんだと知った」

先日お会いした千葉のお客様がこうおっしゃっていました。

 

発信し続けることで、それによって考えたり、救われたりする方がいるのだと改めて感じた次第です。

 

まだ会ったことがない方、そしてもしかしたら一生お会いすることもない方。

そんな方の役に立つことを期待して書き続けるのも悪くないかと、今は思っています。

ポツポツと書き続けていきましょう。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

事業承継デザイナーを輩出していきたい!

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

これから島根・鳥取遠征がはじまります。

一度出張から戻っても2日後にまたすぐ鳥取に行くので、今週の半分は山陰となります。

 

 

働き方改革だとか言ってるご時世に、仕事が増えすぎてヒーヒー言ってます。

結局、奥村みたいなポジショニングの人が他にいないのが問題なのでしょう。

 

となれば「事業承継デザイナー」という職業を確立したいところ。

「事業承継デザイナー」として生きる人を生み出し、増やしていきたいですね。。。

 

 

具体的な提案はちょっと先になりそうです。

ただ、その前段階となりそうな企画はすでに用意しております。

 

『ビジネスバトン戦略会議』というコミュニティを立ち上げ、勉強会や意見交換、相互支援などをしていくつもりです。

12月5日にオープニングパーティを開催します。

ご興味ある方は、ぜひ遊びにいらしてください。

 

申込や詳細は、リンク先の記事をお読みいただきたいです。

事業承継の支援コミュニティを立ち上げます(ビジネスバトン戦略会議)

 

 

 

 


【とにかく一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

通算相談数800件達成!

【新刊】『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)


 

本日は、仙台出張。

2件の新規相談(個別コンサルティング)をお受けしたので、通算相談件数が800件となりました。

 

 

個別コンサルティングには強い思い入れがあります。

 

司法書士事務所を売却してコンサルサントの道を選んだ時、「とにかく社長の相談を受けまくろう」と心に決めました。

 

当初は「司法書士がなんでコンサルティング!?」という反応をされることが多く、それに対して堂々と対応できるような実績を積もうという野心がありました。

また、そもそも廃業や事業承継の分野における参考とすべき先人がいなかったため、会社や社長との接点を増やして方法を模索するしかない事情もありました。

 

 

こうしてはじめた個別コンサルティングですが、途中からは意地で継続しています。

 

正直なところ、売り上げとしては小さく、現状では日当もいただいていないのできついケースもあります。

片道5時間以上かけて90分のセッションをこなして、また5時間かけて帰ってきたり・・・と。

 

しかし、ここまできたら目標の1000件は達成したいところ。

ようやく頂上が見えてきた気がします。

 

 

数だけでなく、内容にもこだわっています。

 

意識しているのは「具体的」であることです。

 

たとえば、相談を依頼していただいた方に「次のスップは、これをこうしましょう」というところまで落とし込むようにしています。

当たり前のように思われるかもしれませんが、他の専門家への相談を見聞きしていると案外そうではないと思います。

 

たとえば、決算書を見て「利益率が低いですね」と指摘するだけで終了だったり。

分析だったり、ときに感想だけを言って終わっているケースが多いように思います。

 

しかし、大切なことは「だから、どうするか」です。

 

利益率が低いならば、どうするか。

そこまで具体的にしなければ、お客さまは動いたり、判断できません。

 

先日のお客様は「会社をたたむか決めてから連絡してください」と税理士に突き返されたそうですが、決められないから相談に来ているのです。

本当に役に立つ専門家であろうとするならば、どうやって決めたらいいかまでを伝えられなければいけません。

 

どうしても先送りしてしまいそうな論点に対し、YESかNOかの2者択一まで絞り込んで判断を迫るようなケースも、僕の場合はよくあります。

相談業務に対して「個別コンサルティング」と、コンサルティングの名をつけていることは、この辺りのこだわりの表れです。

 

 


【とにかく一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【会社を見守る顧問】
フレンドシップ顧問
【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』