新型コロナと撤退や廃業について・・・

「コロナの影響はどうですか?」

最近のコンサルティングのお仕事では、この挨拶が定番化しております。

 

この新型コロナの影響で危惧するところがあります。

 

ひとつは「どうにかしなければ」と焦ることで、変なものに飛びついてしまうことです。

 

冷静に考えれば「そんなおいしい話はない」と思えるものでも、焦っていたり、義務感に追いたてられたりしていると手を出してしまいがちです。

弊社のお客様にもそのきざしがあったケースがあったため、ストップをかけさせていただきました。

 

人は苦しくなると一発逆転を望んでしまいがちです。

でも、そんな魔法は本当はなかったりします。

私たちには地道な努力の積み重ねしかありません。

この点を押さえておきたいですね。

 

 

もうひとつ気になるのは、社長が目先のことにとらわれすぎてしまう件です。

こんな非常事態だからこそ、もっと先を見たほうがいいのかもしれません。

 

もちろん今をしのぐことは大切です。

でも「しのいだところで、その先どうしますか?」というケースも。

 

たとえば、そもそも赤字の会社があったとします。

仮に、コロナ対策の融資を受けることができたとしましょう。

もちろん延命にはつながります。

でも、延命したところでどうするの?ということになってしまうわけで・・・

 

このケースならば、融資を受けて時間をかせぎつつ、黒字に転換する方策をとるのか、さもなくば撤退の決断をすべきです。

 

コロナの副作用で、お金は借りやすくなているし、何かを決断するにも言い訳がしやすくなっています。

これを機に、もっと先まで見ていただきたいと願う次第です。

 

 

今後、新型コロナの影響で廃業や倒産の話は増えることは間違いないでしょう。

 

決断のタイミングややり方がポイントとなり、誤れば大きな損失を被ることになります。

うまく着地させるためには、目線を先において積極的に判断していく必要があります。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

銀行集会で返済条件の緩和をお願い

 

兵庫県で顧問先の銀行集会を開催。

夜のうちに米子へ移動する一日でした。

 

 

兵庫の顧問先は、新型コロナの影響を受けた返済条件変更が議題です。

大幅な売り上げ低下が見込まれるところで、銀行さんに来ていただき返済条件の緩和をお願いした次第です。

早めの対策実行であります。

 

 

「銀行集会を開催しましょう」

こうお客様に提案したときは、驚かれました。

今までの条件変更の話し合いのときは、こちらから銀行に足を運んでいたからです。

呼び出すなんて失礼だという考えもあったと思われます。

 

でも、今回は緊急時。

7行もある銀行を一つ一つ回るのは得策ではありません。

また、銀行さんとしては、債権者を平等に扱っているという面で好感を持ってくださったりする面もあると思います。

 

集会を開催したことで、その場で全行の意見調整ができて、落としどころが見つかりました。

銀行さんは他行の動きを気にするものです。

こうして公明正大にやったことは、かえって良かったんじゃないかと感じています。

 

とはいえ債権者である銀行さんが一堂に会する場を取り仕切るというのは、神経を使います。

終わった後には、妙な疲れが残っていました・・・

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

新型コロナは会社の先行きと自身の進退をしっかり見定める機会

「廃業しようか? 続けようか?」

このような相談は引き続きたくさん寄せられています。

 

新型コロナウィルスによる経営環境の変化も加わるので、このような悩みはさらに増えるのでしょう。

 

「悩む」というと多くの方は「良くないこと」と捉えるのかもしれません。

しかし、自身の在り方を問うような、こんな根本的な問いから生じる悩みは悪くないと思うのです。

これまでと状況が一変している今だからこそ、一旦立ち止まり、会社の先行きと自身の進退を正しく悩む機会にしてはどうでしょうか。

 

 

一方、よろしくないのは、焦って余計なことに手を出したり、踏んじゃいけない地雷を踏んでしまうことです。

 
今回のコロナ騒動で売上が下がるとします。

そこでなんとかしのごうと、焦って返せる見込みのない借金をしたり、他者まで巻き込んでしまったり。

変な投資話や、やけっぱちの新規事業に手を出したり。

こんな視野の狭い短絡的な反応をしてしまうことが怖かったりします。

 

何をするにもこの騒動が終息した後のことまでイメージして判断をしていただきたいところです。

今とるべき基本的な姿勢は、余計なことをしないで内を固める、なのでしょう。

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

このままでは自宅を債権者に取られるだけ・・・

 

東京に来ております。

羽田空港に着いたときは「(新型コロナの影響で)人が少ない!」と驚きました。

しかし、在来線に乗るとまだまだ人は多く・・・

やっぱり東京です。

 

 

今回は社長の自宅に関する案件の打ち合わせがありました。

 

もともとは別の要望で話が相談が来ました。

しかし、状況を知っていくと「社長の自宅の問題」が発覚。

 

「このまま手を打たず、漫然と会社を続けようとするれば自宅を失います。

手元に何も残せません」

こんな警告を初回の面談時、社長にしました。

 

業績がパッとしないこともあり、当時の社長は、資金をつなぐためにお金を借りることしか頭にありません。

しかし、普通には借りづらい状況です。

おそらく次の融資を引き出そうとすれば、銀行から自宅の担保提供を要求されるでしょう。

そうなってしまうと、いずれ事業継続を断念したときに自宅を失います。

(その可能性は相当高い)

 

「そうなってもいいのですか?」という問いをすると、社長は、まず自宅の保全に取り組むことを決断されました。

あとは私のほうで企画を練って実行するのみです。

 

たまたまですが、担保を差し出す前のタイミングで関われてよかったです。

 

時すでに遅しというケースも多いところ。

何か大きな判断をするときは相談をしてもらいたいのですが・・・なかなか理想的な形で声をかけてもらえるケースは少ないのが現実です。

 

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

新型コロナウィルスの影響と経営的対策

 

とある顧問先でのお話です。

そこは事業承継に関連する依頼を受け、水面下でプロジェクトの準備をしています。

 

 

つい数日前も打ち合わせのために訪問しました。

 

本題に入る前に雑談をしていると、今回の新型コロナウィルスの話となりました。

 

業績への影響を聞いてみると「売上げが減少している・・・」と。

去年と対比すると明らかなようです。

そこで、準備を進めているプロジェクトは一旦棚上げし、新型コロナウィルスの対策に転換することを提案しました。

 

 

現場レベルでもいろいろとやるべきことがあるでしょう。(話題のテレワークとか)

経営面の対策としては、とにかく環境悪化に備えて手元のお金を確保すること。

顧問先の場合は、一番目の矢として「銀行への返済猶予をお願いしよう」ということで決まりました。

 

わずか1時間で、方針を転換し、具体的なやり方まで見通しを作りました。

銀行集会開催の段取りを進めてもらっています。

 

 

本当にこの方策が正解なのかは、現段階では分かりません。

たとえば、すぐに売り上げが回復する可能性だってあるでしょう。

 

しかし、危機対応に対しては、後手を踏むのが最悪だと思っています。

勇み足くらいでちょうどよいのではないでしょうか。

 

政府は政府で「今回への経済への影響を考慮して対策を行う」と発表しました。

しかし、それを待つのではなく、自分たちでやるべきこと、やれることをしておくべきでしょう。

フタを開けてみたら、政府の対策は不十分だったり、そもそも使えないものだったりすることだってあり得るのです。

 

 

そしてやるからには、最初から最大の戦力を投じて消火を目指すべきです。

 

私たちは一般的に面倒くさがりだし、変化を好みません。

ゆえに「様子を見ながら必要あればその都度対応しよう」となりがちです。

しかし、これをやっちゃうと、火は大きくなって消せた日まで消せなくなってしまったりします。

 

「どうしよう・・・」と思考停止に陥っている場合ではありません。

対策をやるか、やらないかをすぐ判断。

やると決めたら、スピーディかつ思い切って、です。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

支援者向け事業承継講師をしました(石川県七尾市)

 

今日は、石川県七尾市へ。

能登半島です。

 

七尾は各機関が連携して事業承継をバックアップする仕組みを作られています。

そんな精力的な地域において、事業承継の支援者向けにお話させていただきました。

 

方向性は、「奥村は日頃こんな支援をしています」をお伝えし、自らのお仕事のヒントにしていただこうという狙いです。

 

終了後名刺交換をしたあるご参加者から、こんなコメントをいただきました。

「奥村さんの言っていたことは、すごくよくわかります。

私もそれが正しいと思います。

ただ、自分の属する組織の建前で、なかなかそれは言えなくて・・・」と。

 

そうなんですね。

組織内のルールがあるし、他の機関や人とのしがらみも多いようです。

そう思うと、フリーで好き勝手やらせてもらえる私の立場はありがたいです。

ゆえにお客様へはより大きな価値をお届けしなければいけませんね。

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

「あえて廃業のススメ」三井住友銀行主催事業承継セミナー

 

先日の大阪産創館における三井住友銀行主催の事業承継セミナーに登壇しました。

 

このセミナーに臨むにあたり完全なる新ネタを用意しました。

事業承継セミナーにおいて、なんと、あえて『廃業』を見直す提案をしたのです。

 

 

「廃業しないために事業承継を考える・・・」

このイベントの告知文にはこんな言葉がありました。

僕はすごく違和感を覚えました。

 

承継やM&Aというのは相手方があってこその話です。

自己完結できる廃業を「悪」としてしまうと、会社の重要な出口のひとつを封じてしまします。

結果、より悪い状況(行くところまで行っての倒産が代表例)になってしまうでしょう。

 

また、廃業を基準として自社の出口を考えていったほうが、実は上手くいきます。

「廃業したらどうなるのか?」という現実的なところを見ようしなければ、地に足の着いた取り組みができません。

その計画は、どこかで破綻する可能性が高くあります。

 

 

もちろん「承継されるよりも廃業のほうがいい」と言っているのではありません。

価値あるものが残っていくことは尊いです。

この点は誤解なく受け取っていただきたいところです。

 

 

廃業の増加を受け、それを問題視するようにあんりました。

結果、M&A等しかみとめない雰囲気が少し出てきた気がします。

 

でも外野の声にとらわれる必要はありません。

 

廃業か承継という出口のかたちが重要なのではありません。。

出口のかたちは会社の状況によって自然と決まってしまう面があります。

 

ポイントは、社長が自分でケジメをつけようとするか否かの問題です。

そのために「廃業からものを考えていくほうがよい」という僕の提案でした。

 

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

後継者はもとより、経営に関わるみなさんに聞いてほしい講演

 

※新型コロナウィルスの影響を考慮し、本イベントは中止となりました※

 

会社の適正な新陳代謝を促す目的の私たちのネットワーク『ビジネスバトン戦略会議』。

定期的な勉強の場を設けています。

3月の例会では、ゲストで千葉から素敵な後継者社長をお招きいたします。

 

 

3月19日(木)18時30分~

ビジネスバトン戦略会議 第二回例会

「後継者社長に学ぶ事業承継成功のツボ」

ゲスト:(株)やます(旧、諏訪商店) 諏訪寿一様

 

 

千葉県のお土産店を父から継いだ諏訪社長は、会社を大きく発展させます。

今では千葉を引っ張る会社になったと言っても過言ではないでしょう。

グループの強化の一環でM&Aによる他社の買収も実行されています。

 

 

奥村とは旧知の仲の諏訪社長です。

よく経営者には「論語とそろばん」が大切だと言われます。

諏訪さんの場合、この両方のバランスがよく、しかもどちらのレベルも相当高いのです。

同世代の経営者としてものすごく尊敬しております。

 

 

諏訪社長のお話、もちろんこれからの経営者の役に立つこと間違いありません。

 

これから会社を継がせる方、後継者を育てなければいけない方にも聞いてもらいたいですね。

税理士やコンサルタント等の経営支援者の方は、クライアントの社長や後継者を誘って一緒に聞きに来てみてはいかがでしょうか?

 

懇親会も開催予定です。

こちらはキャパシティの関係で、早く定員に達してしまうことが予想されます。

 

 

※新型コロナウィルスの影響を考慮し、本イベントは中止となりました※

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)

いい仕事をしてきても報われなかった社長・・・

 

年齢と体力の低下が原因で廃業をせざる得なくなっている社長さんと一緒に、撤退戦に臨んでいます。

 

現状は資産よりも借金のほうが多くなっている状況です。

ということは、会社をたたんだら借金が残ってしまうのですが・・・

しかし、もうそんなに長くは仕事を続けられない状況です。

避けられない条件がある以上、背に腹は代えられません。

 

 

社長がしみじみこぼした言葉で、やるせない気持ちになりました。

「私は経営があまりうまくなかった。

一生懸命仕事をしてきたんだけどね。

(廃業で)みんなに迷惑かけることになっちゃうけど申し訳ない」

 

社長の人柄と仕事ぶりを目の当たりにしました。

 

確かな技術を持ち、責任感を持って顧客の会社の機械を守ってきました。

他の人には代わりができない役割です。

 

でも、経済的には報いてもらえず、ここまできました。

「大きな会社にいいように使われてきた」と表現しても言い過ぎではないでしょう。

なのに最後まで、自分の責任を果たせないことに心を痛めています。

 

当事者ではないけれど、僕は悔しく思います。

 

廃業を前に、これからかけこみで、たくさんの仕事の依頼が舞い込むと予想します。

強気の見積もりで一矢報いてやりましょう。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)