事業承継からスタートした継続コンサルティングが終了

ある会社さんとのコンサルティング契約が終了しました。

5年近くお付き合いさせてもらったかもしれません。

ずっと継続していたお客さんのなかでは、最も古い会社のひとつでした。

 

もともとは、事業承継がスタートでした。

それも業績が悪く、このままでは会社が消失する、という状態からの事業承継です。

「借金があまりに大きく、売上も下がっているのに後継者に継がせることはできない」

「そもそも事業承継以前の問題として、会社をたたんだほうがいいのでは?」

こんな議論をオーナーの家族がしているところに、奥村が呼ばれました。

 

そこから、負債の整理や経営戦略の見直し、それに伴う相続や社長の自宅の対処・・・

いろんな問題の整理をしながら、どうにか落としどころまで持っていくことができました。

もちろんそんな状況だから、家族間や従業員さんの感情的な問題もありましたし・・・

悪いところを除き、最低限のところだけを引き継ぐかたちで、後継者さんが自分の会社をスタートさせたのです。

 

その後は3期ほど、経営のかたちを築くために継続的にコンサルティングをさせてもらいました。

期のはじめには、事業計画を立てる時間をみっちりつくり、毎月計画と結果比べながら改善を試みました。

ときに、アイデアをひたすら出して、取り組みの企てを探したこともあります。

他社を視察するツアーを企画して、泊りがけで一緒に行ったこともありました。

 

ある程度のかたちができたところで、この度、コンサルティングを終了することになりました。

もう一度飛び立つことができたというところは成果でしょう。

でも、ふりかえると、もっと成功させてあげたかったと悔やむ面もあります。

まだまだできていないこともありますが、徐々にコンサルティングの効果が薄れてきたのも事実です。

いつまでも指導を受けていることが良いとは思いません。

一度間を置くには良いタイミングなはずです。

 

僕自身がたくさん勉強させてもらい、大切な機会をいただいてきました。

たくさんの感謝が溢れてきます。

またお仕事をご一緒できる機会があるかは分かりませんが、そのときにもっと貢献できるようしっかり成長しておきます。

本当にありがとうございました。

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

TASAKIの合併と上場廃止のニュースについて

真珠のTASAKIのニュースがありました。

上場を廃止して、合併するというお話です。

何やら臭うところもあるので、ちょっと検討してみましょう。

(あくまで私見なので、間違いがあったらお許しください)

 

概要はこんなところです。

TASAKIは株式会社スターダストに吸収合併されます。

その前提として、スターダストが既存の株主から株式を買い集めて、株式の上場を廃止します。

 

何が臭うのかといえば、TASAKIが吸収合併されるという部分です。

吸収合併されるということは、合併後TASAKIが消滅してしまいす。

そしてスターダストというよく知らない会社が残るのです。

変な感じがしませんか。

TASAKIという会社の大きさやブランド力を思えば、「普通は逆だろ」と感じると思うのです。

 

案の定、合併後にはスターダストは社名を変更するようです。

『TASAKI』に。

TASAKIをスターダストが吸収合併することにより、TASAKIは消滅する。

しかし、スターダストが社名をすぐにTASAKIに変更する。

すると、世間的にはTASAKIは、存続していると認識するというトリックです。

結局『TASAKI』の知名度を使いたいのですね。

 

ではスターダストは、こんなスキームを使って何がしたいのでしょうか?

スターダストは、ファンドが作った形式だけの会社のようです。

特定の目的のためにだけ存在する、いわばペーパーカンパニーです。

そして、まずスターダストがお金を借ります。

担保はこれから手に入れるTASAKIの資産です。

次にスターダストは軍資金を使って、株式を買い集めます。

その結果、TASAKIはスターダストの子会社になります。

(付随して上場も廃止されます)

この時点で、スターダストの貸借対照表には資産としてTASAKIの株式があり、負債には借金があります。

このままでは借金の返済ができないので、スターダストはTASAKIを合併してしまいます。

これでスターダストが借りてきた借金がTASAKIの借金になりました。

いわば、このようなスキームを利用して、TASAKIに借金を背負わしたのです。

借金は結構な金額になるはずですが、TASAKIは営業をしながら返せるのかと勝手な心配もしてしまいます。

 

 

そして、ファンドはどうするのでしょうか。

株を持っているだけでは意味がありません。

株式をお金に変えられる出口が必要なはずです。

株を持ち続けて配当を受け取るという方向もあるのかもしれませんが、それではあまりに効率が悪いでしょう。

短い期間で一気に利益を手にしたいのがファンドの本音ではないでしょうか。

そう考えると、またTASAKIを上場させるつもりなのかなぁと思えてきます。

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

淡路島で宿の運営会議

僕らが運営する淡路島の宿『のびのび日和』

一棟貸しの宿です。

今日はその運営会議がありました。

『日よけ暖簾』も納品されて、建物風格が増した気がします。

→ 淡路島の一棟貸しの宿『のびのび日和』

 

こちらの淡路島の宿では、一応僕が社長です。

南あわじで何か活動をしたいという想いとともに、地域づくりや宿運営の勉強もしたいと思ってはじめました。

ただ僕の仕事の中では大きなウェートを占めていません。

あくまで本業は事業承継や会社再編などの中小企業のコンサルティングです。

 

ただ、面白いもので、他の人からするとこの取組みの印象はとても強いようです。

最近では私のことを紹介されるのに「淡路島のゲストハウスのオーナーです」と言われることが増えました。

何か違うと思いつつ、あまり否定もしませんが。。。(笑)

 

 

ただ、これって実は怖いことですよね。

特に中小企業の経営やマーケティングという面では。

お客さんは自分の頭の中にある印象に支配されます。

好きか嫌いか。

さらには、その会社のサービスや商品を買うか否か。

自分で頭の中に築いたイメージ次第なところがあります。

 

そのイメージは、何か特別なことがあると簡単に変わってしまうということを、このエピソードは伝えているのではないでしょうか。

お客さんは好き勝手にイメージを抱きます。

だから会社側は余計なことをやってはいけません。。

お客さんの頭に残したいイメージから外れることは一切やってはいけないのです。

(自分のことを棚に上げていいますが・・・)

たった一つのミスで、積み上げてきたものを失いかねません。

 

自分たちにふさわしいイメージを築くためには、気の遠くなるような努力が必要です。

しかし、好ましくないイメージは一瞬で出来てしまいます。

本当に怖いですね。

 

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

神戸で新事業立上げに関わる契約書づくり

神戸のとある企業のコンサルティングをしてきました。

老舗の会社さんですが、新業態を立ち上げようとされています。

奥村はディレクター的な役割で参画しています。

 

本日の主なテーマは契約内容の検討と確認でした。

奥村は一応司法書士だったので契約書も作れます。

今はそれを業としているわけではないので、本当は自分では作りたくないのですが・・・

適任がいないのと、お客さんのコストを下げてあげたい理由から、自分で作りました。

こんなスタンスでやっているので、たまに専門家の契約書作成の報酬を聞いて「その限定された役割だけで、その報酬・・・」と、うらやましくなってしまうことも(笑)

 

今回はたまたま契約のお話でしたが、餅は餅屋とばかりに「専門家を使うべきだ」という意見もあるのかもしれません。

でも僕は、専門家に外注することのデメリットが気になってしまうことが多くあります。

その一つの理由が「専門家に話を難しくされること」です。

 

たとえば今回の契約の件でしたら、法律家に頼むと、やたらと細かく難しい契約書を用意してくる場合が多いでしょう。

実際に、僕が契約書を作る前は、先方が弁護士に頼んで素案を作ってきました。

その内容を見た僕のクライアントはうんざりしてしまい、取引の断念まで口に出したものです。

これまでの経緯を知らず、ビジネス的な共通言語を持たない第三者が契約書を作ること自体に無理があったのは事実でしょう。

そして、それこそが専門家の仕事のやり方なのです。

 

たとえば、費用を払って契約書作成を依頼したら、たった5行で終わる内容だったらどう思われますか。

おそらく「仕事を適当にやっている」と不満を感じる方がほとんどでしょう。

もちろんこれは極端な話です。

しかし仕事を受託した人間はこうなることを恐れます。

そして反対に、分量が多くて、重箱の隅をつつくような契約書こそが「いい仕事」と思ってもおかしくないのです。

 

これが厄介なところです。

僕らは商売をやっているのです。

法律だって大切でしょうが、最低限のエネルギーで本当に必要なところだけを押さえておけばいいとしか思いません。

余計なことはできるだけしたくありません。

この点で専門家のマインドは合わないのです。

 

かつて中川政七商店の社長さんの講座を受けたことがあります。

伝統工芸界のカリスマです。

彼は他社のコンサルティングもしています。

まずは定石どおり、現状分析から入るのですが、その際決算書の数字で見るのは次の5点だけだと教えてくれました。

「売上、原材料費、人件費、減価償却費、それ以外の額」

これがもし会計の専門家だったらどうでしょうか。

自己資本比率や総資産利益率だと様々な指標を語りだすでしょう。

で、「それはいいとして、だったら何をすればいいの?」と質問すれば、なにも答えられない人が多いのではないでしょうか。

 

中川社長は最低限の情報だけ入手して、次に進みます。

彼は財務分析がしたいのではなく、コンサル先の売上を上げて、決算書を良くすることが目的なのです。

ルートは最短で、最小限のエネルギーで進んでいきます。

目的は別にあるのだから、余計なことをしているヒマはないのです。

 

仕事への姿勢の違いです。

本当の意味で歩み寄ってくれる専門家はそうそういないのですね。

 

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

埼玉で分社のご相談

 

連休明けの今日。

朝一番の飛行機で神戸と発ち、埼玉へ日帰り出張です。

 

はじめてのお客様から「経営陣でビジョンが違うから分社をしたい」とのご相談がありました。

会計事務所から策の提案はあったようですが、ご本人たちは納得できなかったそうです。

ネットで調べるうちに私のことを見つけ、声をかけてくれました。

 

実際、会計事務所からの提案を聞いてみたのですが、僕としてもその意図が分からないところがありました。

別のやり方がいいと思うし、それを提案してきました。

ただ、僕がすべて正しいのかと言えば、それは分かりません。

見落としている何かがあるのかもしれません。

近く、会計事務所のご担当の先生とも意見交換をして作戦を練るつもりです。

 

専門家は正しい答えを知っているもの、と思っていらっしゃる方がいるかもしれません。

そうなると僕は専門家ではありません。

それなりに正しいと思われる知識は持っているつもりですし、実績も積み重ねてこれたとは思います。

ただし、すべてを知っているわけでもなければ、それを知ることが目的でもありません。

あくまで個々のお客さんにとって一番良いと思われる方法を見つけるのが役割だと思っています。

またお客さんや他の専門分野をもつ先生と一緒に作戦を作るという面もあるのです。

自分の知識にあまり頼ってはいけないのだろうと思っています。

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

 

一般社団法人の基金の件で

 

僕が関わっている一般社団法人に、「基金に出資してもらえるかもしれない」という話があります。

相手は有名な財団で、基金への出資の可否を審査をするにつき、いろいろとリクエストをしてきます。

その一つが社団内の理事構成などです。

簡単に言えば「理事会を設置しろ」と言ってきたのです。

理由は「その方が民主的な意思決定がなされることになるから」だそうです。

 

では、要求通りにしたとしましょう。

すると登記等で10万円以上の出費が必要になる見積もりとなりました。

理事会の設置は10万円もかけてやる価値があることなのでしょうか。

ちなみに、お金を使って理事会を設置したら、必ず出資してくれるならまだましです。

でも今回は、そのための審査のテーブルに乗せるために必要とのことです。

 

僕には無駄なお金に思えてなりません。

別に理事会を設置したところで、民主的な意思決定になる確証はありません。

理事会がなくても民主的な意思決定をする仕組みづくりはできるでしょう。

なんとも・・・

 

こんな感じで、公共的な立場の団体や人は形式を重視する傾向があります。

そのための無駄なお金や時間を勘定の外に置きます。

言ってしまえば、きれいごとばかりを先行させるのです。

商売や事業をやっている人間からするとこの感覚にはついていけません。

相手はこちらが頭を下げて、自分たちの言うとおりにするのは当然と言わんがばかりなのでしょうけど・・・

もっと事業者に寄り添ってもらえないものでしょうか。

10万円を生み出すのにどれだけの苦労があるのか想像もしないのでしょう。

同じお金を使わせるにしても、意味あるものに使わせたいという発想もないはずです。

 

たまたま僕が関わっているので、理事会について柔軟な取り扱いをしてもらえるように意見を表明しています。

でも、世の国家資格で飯を食べている人間も、そちらのお役所や公共団体の感覚の人間ばかりがあふれています。

不都合なことは「ルールだから」ではねのけます。

こちらの課題やニーズに合わせてやり方を変えることなく、杓子定規の応対をします。

そのくせ社会正義みたいなことを語るのは大好きで・・・

事業者にもっと寄り添ってあげていい時代なんだと思います。

お金や雇用や価値を生み出す人を、もっと励まし、支えなければ。

地域をかき混ぜて再生させたい

 

昨夜は、僕が主宰する『ひょうごエンジン』の第19回目のミーティングでした。

活躍する面白いゲストを招いてイベントを企画し、参加者間のつながる場を作ったり、仕事や人生のヒントを得てもらう機会を作ったりしています。

いわゆる街づくりや、地域づくりといった活動です。

 

これらは、会社分割や事業承継の専門家としての奥村を知る人からすると、違和感のある行動かもしれません。

日本の社会では一つのことだけを集中してやり込むことが評価され、いろいろと手をだすことに否定的な感覚を持つ方が多いのかもしれません。

でも、僕にとっては企業の事業承継や廃業などのお手伝いも、ひょうごエンジンでやっている地域づくり活動も同じぐらい大切な活動です。

両方やることの必然性も感じています。

 

僕の仕事の定義は「既存のものを活かして再生したり残していくこと」です。

それゆえ『再生家』を名乗っています。

会社分割の使い手としてポジションを築くことができましたが、それも既存の事業や会社を残していこうとしたことの結果です。

会社を残していきたかっただけです。

同様に古い建物だってリノベーションして再活用するのが好きです。

そして、地域だってぐるぐるかき混ぜることで元気にしたいと思っています。

僕が地域づくりに関わることに、自分としてはなんの不思議もありません。

 

もうひとつ別の理由があります。

これからの事業づくりのヒントは、地域活動から得られるのではないかと期待しているのです。

地域と商売というものは、別物として取り扱われてきたと思っています。

それゆえ両者の関わるところには、まだ未着手の資源がたくさん眠っているかもしれません。

また今は、稼ぐことを優先させたらかえって稼げなくなりがちな時代だと感じています。

地域社会に関わりつつオープンなマインドで事業を行うことが、成功を生む新たなスタンスになるのではないか、とも。

 

こんな考えてひょうごエンジンの活動をしてきました。

事業承継などの経営コンサルティングと地域づくりの活動は、きっと相乗効果をもたらしてくれるでしょう。

やることは増えて大変ですけどね((笑)

 

 

★★関連サイトのご紹介★★

会社分割ドットコム
分社手法の活用で事業承継や会社再生、
組織変更を切り抜ける方法

事業承継・廃業相談室
社長交代や相続、後継者育成など
中小企業の出口戦略の本当のところを

ひょうごエンジン
奥村が手掛ける地域活動。
空き家のリノベーションや地域おこしのプロジェクト

神戸栄町で事業承継や再生時のコンセプト設定について思う

 

新しいプロジェクトについて仲間と集まっての打ち合わせ。

神戸の栄町にあるカフェに集合しました。

まだアイデアを広げる段階なので、発想を変えられるようにと思って新しい場所を使ってみました。

ねらいが当たったのか面白いアイデアがたくさん出て、今後の展開が楽しみです。

 

 

ここ神戸・栄町は知る人ぞ知る雑貨の街です。

いつからか雑貨店やカフェが集まりだし、雑貨店の聖地として広く知られるようになっています。

 

街のはじまりを想像してみます。

まだ雑貨の聖地になる前のとき、ここで商売をはじめた方にとっておそらく神戸の中心地は家賃が高かったのでしょう。

中心というのは、三ノ宮や元町です。

そこで、少し外れているけどそんなにアクセスが悪くなく、家賃が割安だったこの地を見つけたんじゃないか、と思っています。

さらによく考えると、店舗に向いた物件が多かったり、面白げな雰囲気があったり・・・と。

隠れたポテンシャルの高さもあったのでしょう。

こうして最初に誰かが店をだしました。

その様子を見ていた他の人もこの地に惹かてお店を出しはじめます。

そうして、ある程度雑貨店が集積されたところで、雑貨の聖地として認識されていったのだと推測しています。

 

神戸・栄町は狙ってそれをやったのではないと思っています。

しかし僕はこれを狙って実現できるようになりたいと取り組んでいます。

たとえば、事業承継で後継者の代になったときや、会社の経営を立て直しているとき、僕は「会社として何を目指すか」を組み立てなおします。

そうしなければ力が分散してしまうし、逆に、方向性がピシッと決まって肚に落ちれば力が沸いてきます。

で、その目指す方針の見つけ方として、「〇〇の聖地を作る」といったイメージを持つのが有効な場合があります。

自分たちで新たな領域を作りだしてしまうのです。

 

栄町は雑貨の聖地となりましたが、そのおかげでさらに出店を希望する人が集まってきます。

お客さんにも認知されるので、買い物客も増えます。

結果、家賃も高くなりますね。

 

同様に会社が有利に営業できて、今後も生き残れるような聖地を作るのです。

自社にあるものや外部環境を考慮しながら「こんな聖地なら作れるんじゃない?」とあれこれ考えます。

これがなかなかしんどい営みですが、光が見えたときの快感はすごいものがあります。

 

僕自分自身も、専門家としての聖地づくりは考えています。

自分を聖地というのは変なので、代名詞とでも言ったほうがふさわしいのかもしれません。

「〇〇と言えば奥村」の〇〇みたいなものですね。

会社分割といえば奥村にはある程度実現できたと思っています。

でも単に技を売るのではなく、その先を会社と一緒に作っていけるようになりたいと思っています。

そこで今目指しているのは「事業承継といえば奥村」と連想してもらえるようになることです。

範囲はかなり広がるので、認知してもらえるようになるまでにはいっぱい頑張らないといけませんね。

奈良のお客様訪問

 

ものすごく風が強く、冬に逆戻りしたかのような寒さ・・・

おかしな気候の一日でした。

 

本日の午前中は神戸で考えるお仕事。

新しいプロジェクトの企画やこれから作るホームページの構成、コンサル先のお客さんの分析や準備などをしていました。

一転、午後からはお出かけして、奈良のお客様の会社訪問です。

 

このところ新事業の立ち上げなどのお仕事が増えています。

事業承継やМ&A、相続対策や廃業などの出口づくりの仕事と比べると、先が見通せないのが特徴です。

間違いなく成功する方法なんて誰にも分からないのでしょう。

だから、何が出てくるか分からないライブ感があって、とてもスリリング。

不安も楽しみも大きいですね。

もちろんプレッシャーもその分大きくなりますが・・・

とにかく、どうにかこうにか結果を出したいところです。