事業承継で最初におさえるべき『超』基本とは?

事業承継が気になりはじめた方へ

「事業承継」や「廃業」といったキーワードがちまたにあふれるようになりました。

また、ご自身の年齢等からも事業承継などが気になりはじめた方もいらっしゃるはずです。

この記事は、そんなこれから広い意味での事業承継に取り掛かろうとする方のために書いています。

 

事業承継の出発点は『社長の想い』

後継者がいれば事業承継、いないならМ&A・・・?

「後継者がいる会社は事業承継で会社を子供などに継がせましょう。

いない場合はМ&Aで会社を売却できます」

事業承継の解説にはよくこんな内容が書かれています。

しかし、現実はそう単純ではありません。

これぐらい簡単に割り切って進めるなら、世の中に事業承継の問題で悩む社長はこんなにいないでしょう。

 

事業承継の準備に魂が入らないのはなぜか?

このような解説に仕方に対してもう一つ問題を感じます。

それは、手法などの表面的な部分だけに社長の関心を集めてしまう点です。

逆に言えば、当人である社長の想いや気持ちが全く考慮されていないということです。

「事業承継の準備をしなければ大変なことになりますよ」と煽るだけ煽ります。

そして、「こんな手法があります」と技を紹介する。

この流れには、「社長の本音はどうしたいのですか?」「何を大切にしたいですか?」というマインド部分が欠けています。

事業承継の問題に嫌々取り掛かる社長。

準備をしようとしたけど前に進むエネルギーが足りない社長。

きっと自分の想いが欠けたままスタートを切ってしまったのでしょう。

納得しておわりを迎えたいなら、まずは自分の想いを確かめることからはじめてみてください。

 

事業承継対策=社長の幕引きデザイン

中小企業の社長が納得して、上手に社長を辞めるためには『社長の幕引きデザイン』が必要です。

聞き慣れない言葉ですが、私が作った造語です。

社長や会社の結末は、それぞれに違います。

子供やスタッフへの事業承継、廃業、М&A・・・

しかし、社長個人を軸に考えれば「いつか社長を辞めるときがくる」という共通点が見いだせます。

この『社長のキャリアのおわり』をデザインしましょう、というのが僕からの提案です。

 

ギャップを理想に近づけるデザイン

あなたには「今」があります。

会社ならば、人員や営業状態、資産や負債・・・

社長個人としても資産もあれば、家族や友人などの人間関係もあります。

数値化できない過去の思い出や、希望や恐れだってあるはずです。

まだ見ぬ「未来」もあります。

こうなったらいいなという未来への希望。

このままだったらこんな問題が起きてしまうという未来からの警告。

 

現実を土台に、希望と警告をふまえて、よりよい未来を出現させる。

これが事業承継における『社長の幕引きデザイン』です。

デザインの道具には、М&Aとか生命保険とか法律、節税手法などの各種ツールがあります。

しかし、あくまでツールであることを忘れてはいけません。

これまでの事業承継では、これらのツールがあたかも主役のように語られてきました。

それだけではおかしくなってしまいます。

繰り返しになりますが、軸は、社長の心です。

あなたがどうしたいか。

問われるのは、その意志です。

 

デザインしなければどうなる?

おわりをデザインすることで何がもたらされるのか。

それは、本人の納得であったり、会社が継続するか可能性の向上であったり、資産の保全であったり、人間関係の円満化であったり・・・

やや乱暴にまとめれば、幸せ、です。

 

逆を考えることでもっとイメージはしやすくなるはずです。

幕引きをデザインしないということは、ほったらかして成り行きに任せることになります。

例をあげればこんな感じです。

  • 早めに手を打てば他者に引き継いでもらえたのに、タイミングを逃してもらい手がなくなった会社
  • 継がせるなり、売却するなりすれば残せたはずなのに、廃業してしまい価値を消滅した事業
  • 社長が亡くなって会社から放り出され、路頭にまようことになった従業員
  • いざ問題が生じてからどうしたらいいか分からずイライラする社長
  • ふってわいた税金に呆然とする社長や家族
  • ぎくしゃくした関係が加速し、崩壊させてしまった人間関係・・・

事業承継をはじめとした社長のおわりの場面の不幸は、巷にあふれています。

長年務めてきた役割の終わりがこうなって納得できますか。

 

おわりを受け入れないとはじまらない

キャリアのゴールをデザインするために、その前提として「おわり」を受け入れられなければいけません。

これが本当のスタートです。

「いつかおわりはやってくる」

頭では当たり前に思うかもしれませんが、本当の意味で受け入れるのは簡単ではないはずです。

ひとつの終着点のかたちである『死』で考えてみましょう。

誰でもいつか自分が死ぬことを知っています。

しかし同時に、ほとんどの人は「自分にそんなことは起きない」とも感じています。

どうやら私たちは希望的観測をしてしまう生き物なのですね。

正直に言えば、これまで数多の相続の案件を通じて死に接してきた私ですらそうです。

 

ただこの希望的観測は、かえって私たちを不幸にしてしまうことがあります。

「自分に限って死ぬことはない」という希望的観測が、大切な人にお別れを言う機会を奪ったり、家族や友人との絆を確かめる時間を失わせてしまいます。

希望にすがって無謀なことや効果が得られないことに大切な時間とお金を使ってしまうこともあります。

幸せを中心に考えれば、本当にそれが良かったのか・・・

 

おわりを受け入れなければできないことがあります。

見たくないものは見ない。

考えたくないものは考えない。

こうして放置した問題は、さらに厄介になっていつか戻ってくるでしょう。

 

おわりをデザインする前の事前アクション

対話が未来を拓く

とはいえ、おわりはどうやって受け入れればいいのでしょうか。

こうすれば絶対うまくいくという方法や、簡単で効率的な方法を僕には知りません。

それでもいまのところ最もベターな方法だと思うものはあります。

対話です。

対話を繰り返しすことで、ご自分の心が整えられます。

人に話をすることで、自分の中にしみ込んできます。

もし私をその対話の相手と選んでいただけるのならば、喜んでお話を聞かせていただきます。

 

おわりを計画に組み込んでしまう

あなたは、社長のキャリアの着地点で失敗したいですか?

下手すればこれまでやってきたことをすべて台無しにしてしまう場面です。

しかも最終局面だからこそやり直しはできません。

こんな話を聞けば「上手くできるものならそうしたい」と誰もが思われるでしょう。

ただそれで行動できる人は、実際には少ないようです。

「このままではまずい」と思いつつ、ズルズルいってしまうケースも多いもの。

 

だから、おわりを計画に組み込んでしまうことを提案します。

条件をあらかじめ設定しておきましょう。

「何歳になったら社長を引退する」

「赤字が二期続いたら廃業する」とか。

本当に上手くいかなくなてから悩むより、先に冷静に考えておいた方が結果は良くなります。

社長の幕引きデザインでも、この条件設定は重要になります。

「こうなったら、私のような専門家に相談する」という条件設定もありでしょう。

 

事業承継のデザインに取り掛かる

「事業承継等の社長の終わり方をデザインしてください」

これが僕からのメッセージであり、そのアクションを『社長の幕引きデザイン』と名付けました。

ただ、デザイン方法は、状況によって異なるため「こうするべき」と一言ではお伝え出来ません。

 

社長のおわり方には3つしかない

将来に待ち構えているルートを体系化することが、どんな準備をしていけばいいのかのヒントになるかもしれません。

「社長のおわり方」を整理すると、実は3つのパターンしかないことがわかります。

 

①会社を継がせるのか、②会社をたたむのか。

または③社長自身が亡くなっておわりを迎えるのか。

この3つが幹となります。

さらに、そこから枝がわかれます。

継がせるパターンでも、継がせる相手によって通常の事業承継になったり、М&Aになります。

最近では、第三者が後継ぎとして会社に入ってくることを「継業(けいぎょう)」と呼ぶ場合もあるようです。

また、会社をたたむ場合でも、自主的にたたむ廃業にたいして、強制的につぶされる倒産もあります。

 

このようにおわりを考えることはこれまでほとんどなかったと思います。

体系化させることで、先が見やすくなり、ひいては社長にふさわしいおわり方を見つけやすくなるのではないでしょうか。

 

事業承継の失敗例を参考にする

他社の失敗事例から、ご自身の取り組みを考えるのはとても有効な方法でしょう。

売れるときに売らなかった失敗

かつて、ことあるごとに「あのとき売っておけば」と愚痴をもらす社長がいました。

М&A会社から「一億円以上で会社を売れる」と言われたことがあったそうです。

しかし僕が会社に呼ばれたときには、すでに状況は悪化していて、会社は火の車。

打合せをしている最中も、過去の栄光にすがり「あのとき売っておけば良かった」と何度も口にしていました。

だったら、なぜそのとき会社を売れなかったのでしょうか。

それは、おわり方を考えていなかったことが原因でしょう。

ちなみに本当に一億で売れたのかは怪しいところです。

期待させて動かそうとするのは業者の手ですからね。

借金が増えて辞めるタイミングを逃した失敗

似たようなパターンで、売上が減って借金が増え、辞めるに辞められなくなった社長もいました。

年齢からくる経営力の衰えを感じ「身を引かなければいけない」と思いつつ、ズルズルと引っ張ってしまったパターンです。

社長がいつまでもトップに居座っていた他社のケースでは、従業員からクーデターを起こされた例もあります。

廃業を先走った失敗

もったいない廃業の例もあります。

誰かに継がせたり、売却することが十分できたとはずの事業なのに、社長の判断だけであっさり廃業させてしまった例。

社長が亡くなり、株を引き継いだ相続人によって会社が解散された例もあります。

この事例では、現場のスタッフたちは事業を続けていくことを希望していましたが、相続人の一存で廃業が決められてしまいました。

廃業や清算には思ったよりお金がかかる面もあり、普通は承継させた方が社長は得をします。

それができたケースだけにもったいない話です。

社長の急死や相続による失敗

社長が急に亡くなって会社がまったく機能しなくなり、あっという間につぶれた会社があります。

株式をもって亡くなった社長の相続税があまりに高額になり、後継者が会社を継ぐことが困難になったこともありました。

父である社長を相続した子供たちが、父の負っていた個人保証を相続してしまい結果的に破産したこともあります。

 

幕引きデザインでリスクをコントロールする

社長のキャリアの締めくくりでの失敗事例はまだまだあります。

税理士などをはじめ事業承継の問題を税金の問題としている人がいますが、とんでもない。

問題は多岐にわたり、その原因は様々です。

ただ、多くは事前の準備不足の問題だとも言えます。

事業承継のトラブルを回避する意図をもって上手にとりくまなければ、ほぼ何かしらの問題を引き起こすでしょう。

なりゆきまかせはNGです!

ご本人にもその災いが降りかかることもあれば、後悔に苦しめられる可能性もあります。

 

一方、現実と向かい対策を講じておけば、よりよいおわりに着地させることができます。

もちろん相手方があって、すべてをコントロールしきれない場合もあります。

それでも最悪の事態は防ぐことは可能です。

社長が、社長をやめる。

これは将来100%起きるイベントです。

備えておいて損はありません。

 

事業承継デザインのご相談はお気軽に

「そろそろ、社長を辞めるときのことも考えたい」

「経営の将来に自信がなくなってきた」

「家族のことを考えて相続のことも準備したい」

こんな場合はお気軽にご相談ください。

考えをまとめるための相談相手だったり。

事業承継の計画を立てたり、手続きを実行させる監督役であったり。

今後の会社を担う後継者の家庭教師役であったり。

ときには、後継ぎ探しや、М&Aのご依頼までも。

事業承継デザイナーの奥村は、きっとお役に立てるはずです。

 

【関連サービス】

 

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

 

ご予約をこちらの問合せフォームでいつでも受けています。

相談申込・お問合せ(事業承継や廃業、М&A、社長の相続等)

 

奥村の幕引きデザインの特徴

奥村聡による社長の幕引きデザインの特徴をお伝えいたします。

「どうしたらいいかハッキリしない」という段階でも声をかけてください。

 

①手口フリー

事業承継の支援を自称する多くの事業者の『手口』は固定されています。

たとえば、М&Aだけであったり、相続税対策で合ったりと。

はじめから自分たちが取りたい仕事ありきで物事を進めようとするでしょう。

一方、幕引きデザインの手口には制限がありません。

最終着地点がМ&Aになることもあれば、廃業や第三者への継業になってもかまいません。

「社長と会社にとって一番よいおわりにたどり着ければいい」というスタンスです。

状況に合わせて、自由自在にゴールと手法を組み合わせられます。

 

②圧倒的な場数

祖父の会社の倒産劇の鎮静を指揮し、自ら立ち上げた司法書士事務所を他者に譲渡したことがあります。

事業承継や廃業、再生などの終末を迎えた500社以上の会社に接してきました。

さらに過去には、1000件を超える借金問題の相談を受け、400件以上の相続の支援をしてきました。

経済活動や人生など、『ものごとのおわり』に触れてきた圧倒的な場数があります。

そこから得られたノウハウや価値観は、クライアントの利益につながるはずです。

 

③会社分割・分社の使い手

会社分割をはじめとした会社再編の担い手としての顔も奥村は持っています。

私が運営する『会社分割ドットコム』は長年多くの方に読まれてきました。

会社分割等を得意とする国家資格者はそういません。

しかし、この手法を事業承継にミックスすることで、難関を突破できる場合がたくさんあります。

たとえば、赤字の会社であっても、いい部分だけを後継者に継がせることだってできます。

社長の幕引きをデザインするに強力なツールを駆使できます。

 

④経営、法律、財務等多方面からのアプローチ

事業承継は、さまざまな分野にまたがるテーマです。

資産の分け方や株式の保有による議決権などは法律。

資産の移転に関しては税金。

さらに、会社が対象になる以上、経営面の問題でもあります。

そんな多分野に関連する事業承継なのに、それを支援者する者たちは縦割りの世界に生きています。

たとえば、弁護士ならば法律に関する部分だけを自分の責任範囲と考え、税理士ならば相続税の計算や株価算定にとどまるでしょう。

奥村は事業承継に係るすべてを自分の範疇として支援します。

経営、財務、法律、税金・・・これらすべてを織り込んで、最も良いと思われるデザインを導きます。

まじめだけど頭が固い世の専門家が軽視していそうな人間関係や感情面のケアも忘れません。

 

⑤人と人とでつながる

あくまで人間同士の付き合い方をしようと心がけています。

私が先生となる上下関係ではありません。

それでは言いたいことも言えなくなります。

上から目線で教えたり、やらせるのではなく「一緒にやりましょう」というスタンスです。

また、客と業者という関係でもありません。

「金さえ払えばいいんだろ」という雰囲気の方とはお付き合いしたくありません。

「お金をもらっているから」とこちらが下手にでてペコペコするのもちがうと思います。

一緒にパートナーとなって事業承継に取組み、優れた成果を得るためにはフラットな関係であるべきです。

そのためにお互いに理解し合わなければいけません。

コミュニケーションを重視した仕事をします。

 

⑥しっかり提案

コンサルティングと称して、単なる分析や事象の説明に終始しているケースがあるようです。

資格業の専門家に対しては、「聞いたことしか答えない」「何も提案してくれない」という意見を耳にするケースが多々あります。

消極的なスタンスがちまたに溢れています。

積極的な仕事にはリスクが伴いますからね。

でも、幕引きデザインは「こうしませんか?」と積極的に提案をします。

問題解決までの絵を描き、次のステップを明確にします。

 

⑦幸せにコミット

社長の幕引きをデザインの目的は、税金を減らすことではありません。

法律トラブルを回避することでもありません。

究極の目的は、社長や、社長が大切に思う人に幸せになってもらうことです。

こんな『そもそもの目的』を忘れず、この立場からデザインをし、言葉を発し、提案をします。

 

社長の幕引きデザインのご相談はお気軽に

そろそろ、社長を辞めるときのことも考えたい。

経営の将来に自信がなくなってきた。

家族のことを考えて相続のことも準備したい。

こんな要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約当をこちらの問合せフォームでいつでも受けています。

相談申込・お問合せ(事業承継や廃業、М&A、社長の相続等)

 

《関連サービス》

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

 

幕引きデザインの進行イメージ

社長の幕引きデザイン進行の流れ

社長と奥村が二人三脚となり、いかにキヤリアと経営の出口がデザインされていくか。

一般的な進行のイメージをお伝えします。

自らの手でゴールを描き、未来を拓きましょう。

 

①ご面談・聞き取り

まずはお会いしてお話をさせていただきます。

目の前の仕事を遮断し、ゆっくりをした気分でお話できる場所がいいですね。

じっくりとお話を聞かせていただきながら、状況を把握したり、社長の希望の聞き取らせていただきます。

この最初の面談はとても大切です。

情報を共有するだけでなく、お互いを理解し、信頼関係を築くことができるかの確認作業でもあります。

このための手間と時間を軽視する方のお仕事は引き受けられません。

価値観が合わないのだから、いずれ二人三脚で取り組むことが困難になるはずです。

この面談は、事業主のための『扉を開くインタビュー』として実施させていただきます。

 

②調査

お聞き取りからさらに調査を進めます。

この工程では、資料によるデータ収集と他者へのインタビューの2パターンの調査をします。

前者の調査では、決算書や登記簿などを分析します。

顧客リストや社内の組織図を見せていただく場合もあるでしょう。

後者では、後継者や配偶者へのインタビューなどがメインです。

顧問税理士の先生などに意見を求める場合もあります。

 

③計画案づくり

お聞き取りした内容と調査で判明した事実をもとに、奥村が幕引きデザインの素案(計画のたたき台)を作る工程です。

最終的に実現したいゴールのビジョンを描き、そこに至るまでの行動を計画します。

起こり得るトラブルを洗い出し、対応方法も検討します。

経営的な視点、法律や税金的なアプローチ、そして人間関係や感情面などをケアしながらゴールへの地図を描きます。

 

④提案・推敲・計画完成

計画案ができたら社長に提案します。

コメントをいただきながらその計画案を主性。

より精度の高い計画に改善していきます。

他の専門家からフィードバックをもらうこともあります。

実行のスケジュールや、トータルでかかる費用や税金の見積もりなども織り込んだ計画を完成させます

 

⑤計画実行

完成させた計画を実行します。

実施する内容は千差万別。

計画の内容次第では、ときに会社分割を実施したり、遺言を作ったりすることもあるでしょう。

次代の経営スタイルの確立にむけたプロジェクトを、後継者とスタートする場合も。

また、М&Aを実現するため買い手のリサーチに入るようなケースもあるかもしれません。

 

⑥経過フォロー

計画実行の段階で主な仕込みは終了します。

しかし、その後も微調整が必要となったり、別の手続が発生したりします。

経過をみまもり、必要な手続きやアクションの実行を確認します。

 

時間はどれぐらいかかるか?

スタートから計画実行まで6カ月ほどかかる場合が一般的です。

関係者の意見調整などにより多くの時間がかかる場合もあります。

一方、資金繰りの悪化などで時間的な猶予がないケースでは、見切り発車でも大急ぎで進めるケースも場合もあります。

このあたりは臨機応変に対応します。

 

費用について

費用には弊社の費用だけでなく、ほとんどの場合で他の費用や税金も発生します。

弊社へのお支払いについては、半年から一年の顧問契約を結んでいただき、月額10万円から20万円のコンサルティング料をいただいて計画づくりに取り掛かるケースが一般的です。

 

他者への費用や税金

他の費用としては、会計事務所の報酬であったり、登記や遺言の作成に対する費用がかかることがあります。

取組に付随した税金が発生する場合もあるでしょう。

結局のところ、スタート時においてはトータルでいくら必要になるのか分かりません。

そこで次の点を心掛けています。

①コストを適正な費用にコントロールする

出費を減らせるように工夫。

見積もりを比較したり、余計な税金の発生を避ける手立てを探すなどして費用をコントロールします。

②事前に全体的な費用が見えるようにする

計画実行前に、必要なアクションとそれにかかる費用や税金を整理。

「全体としていくらかかるか」をクライアントと確認してからスタートします。

「後になって、あれもこれもと、認識していなかった出費を要求された」というありがちなパターンを防ぎます。

③払い方を調整する

料金の分割払いや後払いなどを駆使して、ご本人や会社の状況に合わせた支払い方ができるようにします。

 

社長の幕引きデザインのご相談はお気軽に

そろそろ、社長を辞めるときのことも考えたい。

経営の将来に自信がなくなってきた。

家族のことを考えて相続のことも準備したい。

こんな要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約当をこちらの問合せフォームでいつでも受けています。

相談申込・お問合せ(事業承継や廃業、М&A、社長の相続等)

 

《関連サービス》

→「継がせられる会社(売れる会社)をつくる」
事業承継コンサルティング

→「会社を無事に着地させる」
廃業・清算コンサルティング

 

社長の幕引きデザインの意義

おわりをデザインしなかったことによる悲劇

「社長のおわり方の作戦を練っておいてください」

これが僕からのメッセージであり、そのアクションを『社長の幕引きデザイン』と名付けました。

幕引きをデザインする意義は何でしょうか。

それを理解するには、反対の「幕引きをデザインしなかったら」を考えてみたほうがわかりやすそうです。

 

おわりを定めずズルズルと引っ張って失敗した例

かつて、ことあるごとに「あのとき売っておけば」と愚痴をもらす社長がいました。

М&A会社から「一億円以上で会社を売れる」と言われたことがあったそうです。

しかし僕が会社に呼ばれたときには、すでに状況は悪化していて、会社は火の車。

打合せをしている最中も、過去の栄光にすがり「あのとき売っておけば良かった」と何度も口にしていました。

だったら、なぜそのとき会社を売れなかったのでしょうか。

それは、おわり方を考えていなかったことが原因でしょう。

ちなみに、本当に売る気になれば会社を一億で売れたのかは怪しいところです。

期待させて動かそうとするのは業者の手ですからね。

 

似たようなパターンで、売上が減って借金が増え、辞めるに辞められなくなった社長もいました。

年齢からくる経営力の衰えを感じ「身を引かなければいけない」と思いつつ、ズルズルと引っ張ってしまったパターンです。

社長がいつまでもトップに居座っていた他社のケースでは、従業員からクーデターを起こされた例もあります。

 

廃業させないことができたのに・・・

もったいない廃業の例もあります。

誰かに継がせたり、売却することが十分できたとはずの事業なのに、社長の判断だけであっさり廃業させてしまった例。

社長が亡くなり、株を引き継いだ相続人によって会社が解散された例もあります。

この事例では、現場のスタッフたちは事業を続けていくことを希望していましたが、相続人の一存で廃業が決められてしまいました。

廃業や清算には思ったよりお金がかかる面もあり、普通は承継させた方が社長は得をします。

それができたケースだけにもったいない話です。

 

怖い社長の急死や相続

社長が急に亡くなって会社がまったく機能しなくなり、あっという間につぶれた会社があります。

株式をもって亡くなった社長の相続税があまりに高額になり、後継者が会社を継ぐことが困難になったこともありました。

父である社長を相続した子供たちが、父の負っていた個人保証を相続してしまい結果的に破産したこともあります。

 

幕引きデザインでリスクをコントロールする

社長のキャリアの締めくくりでの失敗事例はまだまだあります。

多くは事前の準備不足の問題です。

NO、なりゆきまかせ!

意図をもって上手な着地にとりくまなければ、ほぼ何かしらのトラブルを引き起こすでしょう。

もちろんご本人にもその災いが降りかかることもあれば、後悔に苦しめられる可能性もあります。

方や現実と向かい対策を講じておけば、よりよいおわりに着地させることができます。

もちろん相手方があって、すべてをコントロールしきれない場合もあります。

それでも最悪の事態は防ぐことは可能です。

社長が、社長をやめる。

これは将来100%起きるイベントです。

備えておいて損はありません。

 

社長の幕引きデザインのご相談はお気軽に

そろそろ、社長を辞めるときのことも考えたい。

経営の将来に自信がなくなってきた。

家族のことを考えて相続のことも準備したい。

こんな要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約当をこちらの問合せフォームでいつでも受けています。

お問合せ(事業承継や廃業、社長の相続等)