廃業すると借金等の債務が残ってしまうとき?

廃業したら借金が残ってしまう場合は?

「事業はうまくいっていない」

「本当なら廃業したいけど、会社をやめると借金が払えなくなってしまうからやめられない」

こんな前にも後にも進めないケースは巷に多いようです。

廃業して清算しようにも、資金不足で金などの負債が残ってしまう場合があります。

このケースでの負債の処理について考えてみましょう。

個人で責任を負うのは個人保証のある分だけ

お話を進める前に、法的な前提を整理しておきましょう。

残った会社の借金は、社長個人が肩代わりしなければならない、と考えていらっしゃるかもしれません。

でもこちらが例外です。

本来会社と社長個人は別人格なので、会社の借金を社長個人の資産を使って支払う義務はありません。

銀行からの借金のように連帯保証がある場合の例外です。

この点、個人事業の場合は事業と事業主が同一なので、事業の負債は個人として責任を負う必要があります。

 残った借金はどうなる?

返せる分の返済をしたけれど、銀行からの借金は残ってしまった場合を考えてみましょう。

まず、会社としては営業もやっていないし、資産も返済に回してしまったので、今後は支払い能力はありません。

あとは個人保証に基づき社長に請求がなされます。

ここで2つの方向性があります。

ひとつは残った借金や個人保証を、きれいに破産等で「法的処理」してしまうことです。

もうひとつは、銀行と交渉して「分割返済」などをする道です。

借金が残ることが気持ち悪い方や、全てすっきりさせて出直したいという方は法的処理がオススメです。

自己破産等を使って処理をします。

このあたりは弁護士さんにご相談してみてください。

 

対、保証協会は?

 

ここでは後者の分割払いについて説明します。

 

まず「保証協会付きの借金」を検討しましょう。

こちらの負債は。通常の返済が不能と判断された時点で代位弁済が行われます。

保証協会が銀行に返済を肩代わりし、債権が銀行から保証協会に移されます。

以後は、新たな債権者となった保証協会との話し合いになります。

 

当然先方としては一括ですべて払って欲しいのですが、現実それは無理でしょう

結局「月々いくらだったら払えるの?」という話になります。

額はケースバイケースですが、

5万とか3万円とか・・・

月々5000円で同意してもらった社長もいたようです。

なお、債権カットには保証協会はあまり応じてくれないようです。

 

対、サービサーは?

保証協会が付いていない債権は、サービサーに売られることがあります。

サービサーとは国に認められた債権回収会社です。

 

銀行はサービサーに債権を売ることで、一部を回収できるメリットと早く決着がつくメリットを受けられます。

一方のサービサーは、不良債権として額面よりずっと安い値段で債権を手に入れます。

 

債権が売られたら、そこからの交渉の相手はサービサーに代わります。

 

サービサーに債権が移るのはチャンスになることもあります。

先方から分割支払いの交渉などを持ち掛けてくるかもしれません。

条件面が合うようでしたら、出口が見えてきます。

 

また先方は、相当安く債権を買っているはずです。

そこで、彼らが買った値段よりも多く払えるならば、残りを放棄してくれる場合がありえるかもしれません。

 

たとえば1000万円の債権を、サービサーは3%の30万円で買ったとしましょう。

これに対し、あなたが60万円一括で払うことができれば、もしかするとサービサーとしては「元はとれた」として、残りの支払いを免除してくれるかもしれません。

 

このようなイメージで債務の処理ができる場合があります。

 

 

※廃業支援については、こちら

★引退や事業承継に関心のある社長のメルマガ★
→ おわりを考える社長のメルマガ

 

▽この記事をシェアする