借金など負債が大きくなりすぎた場合の事業引継ぎ

借金が大きくなり過ぎた会社を継がせる?

会社の負債が大きくなり、
この会社を子供に継がせることはできないと
諦めてしまっている社長はいませんか。

または、大きくなり過ぎた借金をそのまま
後継者に背負わせようとしていませんか。

行政などでは
「事業継承を増やさなければ」と声高に主張しています。

でも、事業継承「後」のことは
ほとんどフォーカスされていません。

現実には、会社を下手に継いで
苦しんだ後継者もたくさんいるのです。

「会社を継ぐ」と奮い立ってくれた勇気に対し、
いいかたちでバトンをつないであげてもらいたいものです。

大きな借金は後継者の責任ではないのですから。

 

分社を使って、いいところだけを継がせる

借金が大きすぎて継げないと諦める前に、
少し発想を変えてみてはどうでしょうか。

会社のM&Aの場面では、
財務内容が悪くてそのままでは売れないときがあります。

そんなときは、事業譲渡や会社分割などの
分社手法を利用して一部だけを売ったりします。

事業継承にもこの手法は応用できるのです。

 

 

 

たとえば、資産が4000万円で負債が
6000万円の会社があったとします。

こんな会社でも資産4000万円と、
それと同等の負債4000万円だけを
切り取って継がせることができます。

 

 

経済的なルールからすれば、
この会社の株式は1円で買ったっていいでしょう。

単純な計算になりますが、
資産-負債で価値が残らないのですから。

買い手が後継者や、それが子供であっても同じです。

 

こうすれば後継者は負債を軽くして会社をスタートできます。

なにかズルいことをしていると
感じる方がいらっしゃるかもしれません。

そいういう方には、何もしないで継がせることの不条理を
考えていただきたいところです。

先の例の会社ならば、マイナス2000万円の会社です。

後継者はこの会社を押し付けられるどころか、
借金の個人保証までさせられます。

会社で借金を返せなくなれば、
自宅などの個人資産をすべて奪われ、
破産もしなければなりません。

経済原理からいっておかしなことだと思いませんか。

マイナス2000万円のものを買う取引なんて
普通はあり得ません。

 

私は、銀行をはじめとした相手に不当な害を与えたり、
無視してこそこそやることをすすめるているのではありません。

しかりとした論拠をもち、オープンに堂々とすすめるべきです。

また債権者等にも意図を伝えてプロジェクトを打診すべきです。

そんなスタンスを取りながらでも、知恵を使って工夫はできます。

 

なお、債権者主導のプロジェクトは上手くいかないものです。

あくまでこちらで絵を描き、主体的に手を打つべきでしょう。

理不尽なことに立ち向かう勇気をもってください。

 

会社は整えてから継ぐもの 

発想を変えることで、
事業継承はもっと実現性が高まります。

会社が再発展するきっかけにもできます。

そのまま会社を継ぐのが、これまでの事業継承でした。

でも、これからは
「会社を整えてから継ぐ」のが事業継承スタンダードになるでしょう。

 

事業をやっていたら、会社のなかにウミが溜まります。

借金だけでなく、
不良資産や不採算事業などもそれにあたります。

これを整理しつつ、
必要な部分だけを承継するという発想です。

 

そもそも継ぐ人がいなければ会社は無くなってしまうのです。

その時の損失は大きいでしょう。

失われる雇用や長年培ってきた技術。

取引先やお客さんへの迷惑。

地域へのダメージは最小限にしたいところ。

そして、会社としては負を整理し、
もう一度発展できる足掛かりを作ることも大切です。

分社を使った事業承継は、
これらを実現させる切り札なのです。

 

※分社を使った手法などの詳しいやり方などは
奥村が運営する「会社分割ドットコム」に載っています。

よろしければこちらもお読みください。

 

→ 後継者支援について

▽この記事をシェアする