会社の「継がせ方」トップ(子供、従業員、第三者へ)

子供か従業員、それとも第三者に会社を承継?

「誰に会社を継がせるか?」

お子様や従業員さんの場合が後継者となる場合があるでしょう。また、まったくの第三者に継がせるかたち(継業)もあるかもしれません。

関心のあるページのタイトルをクリックして、先にお進みください。

 

会社の「継がせ方」のトピックス

事業承継の後継者選びの概論

「誰に事業を引継ぐか?」

後継者を選ぶものさしなどについて

「子供の後継者がいない場合の事業はどうすれば?」

子供が後継者にならない場合の発想と取組み方

 

子供を後継者とする事業引継ぎ

「子供への事業承継の概論」

子供を会社の後継者にする場合の概論と問題点

「“経営権”を後継者たる子供に譲る」

後継者がリーダーシップを発揮できるように

「“株式”を子供に継承する」

株式を譲渡し会社の所有権を譲る際の方法と課題

「事業継承の“後継者育成”を考える」

後継者が社長業を担えるようにするための教育は?

「借金が大きくなり過ぎた事業引継ぎ」

借金が大きすぎる場合や赤字事業を抱えるさいの事業継承のテクニック

「事業承継税制について」

あたしくなった事業承継税制について解説

 

第三者の後継者への事業承継のトピック

「第三者への事業承継概論」

血がつながらない従業員や外部の第三者に承継する場合の概論

●「血のつながらない従業員後継者に株式を承継

血縁ではないからこそ株式を後継者に届けるための仕込みが必要

●「先代社長の個人保証を外したい

社長交代後は会社の借金のリスク当から逃れたいもの
銀行から個人保証を外させるにはどうすればいいか?

●「従業員には分社して承継する?

「従業員には株価が高くて会社が買えない」
こんな課題をクリアする方法を研究

●「(継継業とは(外部の第三者へ承継)

外から後継者となるべき第三者を招へいする場合

 

事業承継のお手伝いついて

事業承継のご相談はお気軽にお声がけください。

「誰に相談してもしっくりこなかった」という方も、あきらめずにもう一度アクションを起こしてください。

問合せは、こちらのフォームから可能です。

事業“承継”計画づくり支援

第三者後継者への事業承継支援

 

 

▽この記事をシェアする