Q.社長の”おわり”について発信されているようですが、どんなおわり方があるのですか?

A.基本的に、社長のおわり方は3つにしかありません。

会社を誰かに継がせるか、たたむか、社長の命が尽きるかです。

以下、もう少し細かく解説しましょう。

 

自主的か、強制的なおわりか?

自主的な道と強制的な結末の軸で分けてみます。

 

自主的な結末は、社長が自ら決断して退任するパターンです。

後継者がいてその人間に社長の椅子を譲り、自分は会社を去るのが代表例。

その相手が、息子などの家族なのか、従業員なのか、さらにはまったくの第三者なのかによっても細かく分類できます。

なお、まったくの第三者を招へいして会社や店を継いでもらうことを『継業』と呼ぶこともあります。

 

さらに、社長の判断により、自らすすんで会社をたたむ『廃業』もあります。

廃業も、立派な社長の幕引きのかたちです。

継がせるだけがすべてではありません。

将来を考えて撤退の手を打ったり、後継者がいないためにやむを得ず苦しい決断をしたり・・・と。

強制的な退任

反対に、強制的に社長の座を追われることもあります。

自分の意思とは関係ありません。

 

そのひとつは『死』です。相続が発生することで、社長としてのキャリアを終わらせる方もいます。

類似のパターンとして、事故や健康状態の問題で退任を迫られるパターンもあります。

 

倒産や破産の場合も強敵的に社長の座を追われるケースです。

会社のコンディションがこれ以上の従事を許してくれない状態と言えるでしょう。

 

社長のキャリアの終着点は上記のいずれかに該当するはずです。あまり考えたことはない話かと思います。

あなたならばどの終着点を望みますか。

 

 

▽この記事をシェアする