社長の相続・遺言トップ

事業継承と相続・遺言の関係

ここでは社長の相続について研究します。

 

会社の株式を持っていた社長が亡くなると、
その相続を巡って様々な問題が生じることがあります。

「相続税が高くて払えない」

「相続人の話し合いがまとまらず遺産分割ができない」など。

それ故、相続対策もしっかりしておきたいところです。

 

ただ意識しておいていただきたいことは、
「相続=事業承継」ではないということです。

確かに相続が起きることで、
会社の社長交代が起きることもあります。

また、相続税を扱う税理士などからすれば
「事業継承≒相続」なのです。

だからと言って社長まで事業継承の問題を
「相続の問題』だと考えてしまったら事業承継は失敗します。

 

経営的な面での事業継承は、
社長が元気なうちに終わらせてしまうものです。

もし相続が起きてから取り組むようでは遅すぎます。

過去には、何の準備もないまま社長が急逝し、
会社も一緒に終焉を迎えてしまった会社がありました。

適切な事業継承の準備ができていれば、
会社を残すことができたはずです。

 

また、相続をメインに相続対策をすることが、
会社経営のマイナスとなってしまうことがあります。

たとえば、社長の資産を平等に相続人に分けさせることで、
本来会社のために残しておきたい資産が
流出することだってあるでしょう。

株式を買い取るために会社の現金を使い果たし、
存続を危うくしてしまうことだってあり得ます。

 

あくまで会社運営から見た事業継承が優先されるべきなのです。

 

 

事業継承×相続・遺言の話題

 

「社長の相続概論」

まずは相続の基礎知識を。

 

「事業継承における遺産分割対策」

遺産分割とはなにか。

上手く話をまとめる方法は。

 

「遺言を社長の相続で活用」

遺言や生命保険を使って相続の問題を切り抜ける。

 

「相続税と株価対策」

相続税の概要と、事業継承を見据えた相続対策。

 

「借金・個人保証まで相続していないか?」

借金や連帯保証のリスクへの注意喚起と対処法。

 

「事業継承での生命保険活用」

生命保険を事業継承の場面で上手に活用。

 

「事業継承の場面における家族信託の利用」

話題の家族信託は、事業継承で活躍するか。