『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?  ー誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』 出版のお知らせ

視界不良だった“会社のおわり”と“社長退任”の場面に地図を提供

こんにちは。

事業承継デザイナーの奥村聡です。

事業承継や廃業を考える中小企業の社長さん向けの本を出すことになりました。

社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)

 

経営者の高齢化が進む日本は大廃業時代にあります。

新型コロナウィルスの影響で廃業や倒産する企業も増えています。

「会社の今後をどうするか」「自分はどうやって身を引くのか」は、すべての中小企業の社長に関わる最大の悩みと言えるでしょう。

 

しかし、適切な相談相手がなかなか見つかりません。

そして、全体像を見せてくれる人はもっといません。

800社以上の終わりに寄り添ってきた奥村が、社長をやめるときに広がっている景色を明かすことにしました。

未知の世界への地図を提供し、会社へのケジメの付け方や社長の役割の締めくくり方の現場の知恵を伝授します。

 

書籍の基本情報

仕様:四六判、1色刷、256ページ

刊行日:2020年9月7日

ISBN:978-4-7981-6739-8

著者:奥村 聡(おくむら・さとし)

出版:翔泳社

 

本書のポイント

・NHKスペシャル『大廃業時代』に出演したコンサルタントが「会社の今後」の考え方を徹底解説!

・誰も教えてくれなかった社長と会社の末路を見せたうえで、上手な着地の方法を伝授!

・大廃業時代+新型コロナウィルスの影響で需要が高まる1冊!

 

こんな方に読んでいただきたい

●日本全国の中小企業の社長さん

今まさに会社をどうしようか悩んでいらっしゃる方は、すぐにお読みください。これまで語られていなかった現場知恵が見つかるはずです。
まだ時間がある社長さんにも読んでいただけることを願います。すべての社長に、会社をやめる時がきます。最終着地点の景色が見えているかいないかで、判断や行動の精度が大きく変わるためです。

●社長のことが心配なご家族

社長や会社のことを心配する配偶者やお子さまの声を聞くことがあります。立場の違いや、前提知識の有無で、話がかみ合わない時がよくあります。まずは、ご自身で本書を読んでみてはいかがでしょうか。
「参考になりそうな本を見つけたよ」と社長にプレゼントしてあげてもいいかと思います。

●中小企業の経営幹部

「ウチの会社はこの先どうなるのか」「社長はちゃんと準備しているのか」
こんな心配をする経営幹部や従業員さんもいらっしゃることでしょう。本書には考え方や対応策が秘められています。

●お仕事で経営支援をしている方

税理士や弁護士、司法書士、中小企業診断士など、事業承継や廃業を支援したい方や、商工会議所等の支援機関の方にもおすすめです。
注目していただきたいのは、ノウハウやスキームばかりではありません。いかに社長の心に寄り添い、思考を整理したり、背中を押すか。そんな社長との関係性の参考になるものが書かれているはずです。
こ の本をクライアントである社長にも読んでもらい、感想を語り合うことで心の距離を縮めることもできると考えます。

 

目次

第1章 廃業視点のススメ

第2章 廃業視点で事業承継に取り組むメリット

第3章 最後に残るのは、お金か、それとも借金か?

第4章 資産超過×黒字は「決断あるのみ」

第5章 債務超過×黒字は「時間を味方に」

第6章 資産超過×赤字は「逃げの一手」

第7章 債務超過×赤字は「負ける勇気」

終章 やりきった爽快感と充実感があなたを待っている

 

社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 
―誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意―
(翔泳社)

 

購入方法

最寄りの書店か、Amazonでお求めください。

 

▽この記事をシェアする