経営方針が合わない兄弟は会社分割でそれぞれの道へ

会社を分ければ突破口が見えてくる

「会社を分けられないか?」と、ある会社の専務から相談がありました。

創業25年。

2代目となる長男が社長、次男が専務を務めています。

 

社長と専務では経営ビジョンが異なり、関係がこじれているようでした。

旧来のスタイルで資産等の所有にこだわる社長と、資産を持たずソフトで稼ごうと考える専務です。

また、専務としては経営者としての社長のやり方にも不満があるようでした。

二人の間では何度もバトルが展開され、専務から「社長を自分に変わってくれ」と申し出をしたこともあるそうです。

そして、それぞれが別の会社をやるのがいいと考え、私のところに相談に来られました。

 

仕事を引き受ける条件

「社長も同意してくれるならば、仕事を引き受けます」

私の答えです。

専務だけでなく、兄の社長からも私が間に入ることを求められれば、私はこの仕事ができます。

逆に、「奥村を間に入れるつもりはない」「分社なんて言語道断」と拒絶されるようならば仕事はできません。

対立構造になってしまったら、そのときは弁護士なりの出番でしょう。

私は、お互いが「会社を分けたい」という同じ方向を向くことを条件に、会社のためにコーディネート等を行います。

 

専務におぜん立てをしてもらい、単身で社長に会いに行きました。

これまでの経過を聞きつつ、分社の話をもちだしたところ、「ここまできたら、それも仕方ない」との回答がありました。

 

コーディネート開始

まずは社長と専務、再度、それぞれと深くコミュニケーションを取りました。

目的はこれまでの経緯を知ることと、その「人」を知るためです。

法律や会計の問題だとしても、結局は人間感情の話です。

何が許せなくて、どうなれば納得できるのか。

その人の持つ価値観のものさしを把握できていないと、打ち手を誤りかねません。

 

次に、会社の状況やそれぞれの要望をふまえた分割案のたたき台を作り、調整をしていきます。

資産や負債の分け方(貸借対照表)と、売上や経費の案分(損益計算書)、従業員の処遇などについてがメインです。

それぞれの意見を聞いて、内容を計画に反映させていきます。

かたちが見えてきたら、税理士も交えて税金的な問題がないか、あればどのように解決するかを検討しました。

今回は、新会社に移る専務が旧会社より退職金をとることで、節税を実現しています。

 

「話し合いのルール設定」や「対外的な対応の仕方へのガイドラインづくり」もとても大切です。

たとえば「分社に関するやり取りはすべて奥村を通じて行うこと」などを、話し合いのルールとして設定しました。

また、銀行にはどのタイミングで、誰がどのように話をするか。

顧客にはどんな言い方をして、分社を理解してもらうか。

このようなポイントでガイドラインも作りました。

 

会社の価値を損なわないために

常に意思しておくべきは、今回の件で会社の価値を棄損しないことです。

話し合いが紛糾すれば、会社分割が成功しないだけでなく、深い傷跡を会社に残します。

周囲に上手な根回しができなければ、分社で新たな旅立ちを迎えても、顧客等が付いてきてくれなくなります。

下手な手を打ってマイナスを生むことなく、さらには今回の分社を新たなチャンスに変えられるよう油断してはいけません。

 

計画が整って社長と専務の間で同意がとれたら、あとは手続を実行するだけです。

社長とともに銀行を訪ねて今回の会社分割についえ説明し、理解を得ました。

従業員を集めて今後の会社の方針や待遇についてミーティングを開催しました。

登記の申請や税務、労務の手続などをも行い、会社分割の実行日を迎えました。

 

会社分割で想いとかたちを整える

兄と弟はそれぞれ、旧会社と新会社の社長として新たな旅立ちを迎えました。

本当に修復不能になってしまう前に、落としどころを見つけられたと思います。

関係者の想いをかなえたり、各自のチャレンジを後押しする手段としての会社分割の利用価値を改めて感じた一件でした。

 

アクションのススメ

事例をお読みいただき、ありがとうございました。

読んで終わりではなく、次につながるアクションにつなげて頂ければ幸いです。

奥村はの相談の申込などは、こちのフォームから可能です。

「まだ、すぐには・・・」という場合は、メルマガにご登録いただくことをおすすめします。

『それでも、社長のおわりに挑む会』メルマガ

 

 

▽この記事をシェアする