900社の支援で得られた体験と知恵をシェア 着地戦略会

【会社分割】大阪と東京・・・いっそのこと会社を分けてしまっては?

とある会社の分社の支援をしています。

その会社には、東京の本社の他に、
大阪に事業所がありました。

一つの会社ではあるのですが、
内部的にはバラバラでした。

大阪の事業所は独自の給与体系を作っていましたし、
借金や取引も独断でしていました。

たしかにその状況自体がおかしなことで、
「なんでそんなことになってしまったのか」
と不思議でなりません。

会社の過去の長い歴史があったようですが・・・

ただ、今となっては、
東京本社と大阪店の間での軋轢が強くなってしまっているのも事実。

大阪のほうは義務や責任がないのに、
自由だけ与えられているといった不整合も
生じてしまっています。

 

 

「何か手はないか?」と、
東京の社長たちが奥村のところに
相談にこられたのは半年以上前のこと。

強権をもって東西を統一するという方向も検討しましたが、
かえって事態を悪くしてしまいかねません。

そこまでの強いリーダーシップは持っていないと
東京の社長たちは自覚されているようでした。

仮に統一を目指すにしても距離の問題もあります。

 

そこで結局、大阪店の分社という結論をとりました。

社内で別々に運営されているという状況を肯定し、
それに法人格という形式を合わせるかたちです。

これからは大阪の法人は独立した存在として、
経営がなされます。

大阪がした契約や銀行からの借金なども、
東京からすれば「別会社のあまり関係のない話」
ということになります。

 

一方で、ただ関係を断つのももったいない面もあります。

協力した方がお互いにとって
メリットのある場面もあるでしょう。

そのようなつかず離れずの思惑から、
独自に営業活動をする一方で
「同グループとして相乗効果が狙える部分では協同しよう」
ということになりました。

 

手続きや細かな決め事はまだまだ残っていますが、
大きな方向性が見えたことで、
ようやく会社全体で前を向いて進めそうな雰囲気となりました。

 

※会社分割については、こちらのサイトをご参照くだされば。

会社分割ドットコム

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられた神戸に住むコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』

900社の支援で得られた体験と知恵をシェアします

奥村はメールマガジン『社長の着地戦略会』を発行しています。
事業承継や廃業、M&A、相続対策支援から得られた気付きやヒントをお届けしています。 セミナー等のイベント開催のお知らせも。
本サイトを訪問していただいたご縁です。 メルマガのご登録もしていただけたら嬉しいです。

神戸オフィス
(グッドミーティング神戸六甲内


神戸市灘区篠原中町2丁目1-3-2 

阪急電鉄六甲駅より徒歩5分
JR六甲道より徒歩14分


目次
閉じる