共同経営の限界を感じて分社の相談

分社でそれぞれ別の会社にしたい

 

10年以上前に元同僚(Bさん)と会社を立ち上げたという相談者(Aさん)。

株式は、AさんもBさんも半々で持ち合っている。

従業員はパートが1名のみだ。

 

ここ数年経営に関して意見が合わなくなり、お互いがお互いに不満を持っている状況だったという。

そして、ここにきて限界を感じ、会社を別々にする方法を模索し始めたそうだ。

コロナによる業績の低迷が、Aさんの許容範囲を狭める原因にもなったのだろう。

 

顧問税理からの分社提案

Aさんたちは顧問税理士に相談したところ、「今の会社の下に子会社を二つ作ってそれぞれが独自に経営をすればいい」という提案があった。

仕事は従来の会社で受け、それぞれの子会社へ仕事を外注するというイメージのようだ。

 

しかし、提案を受けたAさんは釈然としないものを感じ、別の相談相手を探しているところで奥村を見つけた。

 

率直なところ、私は、顧問税理士さんからの提案をナンセンスだと感じた。

Aさんも感じていたように、根本的な問題解決にまったくなっていない。

 

この規模の事業で会社の数を増やすという方向性はまずないだろう。

収益から考えても、そんなに節税の必要性もない会社だ。

ものごとはいたずらに複雑にすべきではない。

会社が増えればコストもかかる。

「税理士さんは、会社を増やして顧問料を増やそうという魂胆でしょうかね・・・」とつい考えてしまった。

 

スキーム提案前に手を付けなければいけないこと

顧問税理士さんの提案に乗らないほうがいいと思ったそれ以上の理由がある。

問題は、いきなりスキーム提案をしている点だ。

 

「別れてやろう」と考えるようになった根底には、複雑な感情や考え方が絡み合っているはずである。

 

たとえば、Aさんは「俺が大半の売り上げを作って会社を支えてきた」と自負しているし、Bさんは「Aばかりが経費を好き放題使ってきた」と不満を持っていたりする。

 

感情的なわだかまりを残したままでは、提案を受けいれてもらえないか、途中でひっくり返されてしまうのがおちだ。

こうした感情問題を無視して本当の問題解決はできない。

結局のところ、他の問題同様、この相談も「人間関係の問題」なのだ。

 

奥村からの提案

上記のような考えを経て、奥村は次のような提案を行った。

①まず、分社はしない。

規模や状況を考えれば、きっちりとした分社手続は費用対効果が悪すぎる。

 

②次に、話し合いの軸は、廃業および清算とすること。

これまでの関係を解消するため、会社をたたみ、残ったお金を半々にするという着地点をベースにするのが妥当だろう。

 

③しかし、会社を閉じて、Aさんたちがまた新たに会社を設立するのは非効率となる。

そこで話し合いがついた場合のみ、どちらかが今の会社に残り、他者は株を時価で売って外に出ていくことにする。

なお、退職金を使えば、株の単純な売買より税金を減らせそうなので、話が進んだら顧問税理士と相談して決めることを注意した。

 

④最後にBさんとの話し合いのルールを先に作っておくことを助言。

・論点をリストアップしておくこと

・第三者を介して話をする

・話し合いのタイムリミットを作る・・・など

 

相談者の反応

方向性と具体的な話の進め方までつめて個別コンサルティング(初回相談)は終了。

Aさんは「モヤモヤがスッキリした」と晴れた表情を浮かべていた。

先方からは、奥村に対し、別途契約を結んだうえでの継続支援も求められたが、キャパシティオーバーのため辞退させていただいた。

解決までのルートが明確にできており、また、Aさんが私の意図をしっかり理解している点などから、自力での実行が十分可能だという感触を得ていたためでもある。

 

ブログお引越しのお知らせ

 

奥村ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。

 

これまでは「社長のやめ方.COM」内で記事更新をしてきましたが、この度ブログ部分を独立させることにしました。

新しいブログはこちらになります。

『事業承継デザイナー奥村聡のブログ』

 

是非こちらにも遊びにいらしてください!!

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

大田区池上「継業シンポジウム」のご案内

 

10月31日(土)大田区池上で開催される『継業シンポジウム』に登壇します。

17時スタート。

 

第一部は、継業に興味のある方向けのお話

第二部は、継業経験者によるパネルディスカッション

第三部は、現事業オーナー向けに事業承継のお話です。

 

街ぐるみで継業を盛り上げていきましょう!!

ぜひ、遊びにいらしてください。

詳細はこちらのチラシをごらんください
↓ ↓

201017継業シンポジウム_チラシ

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

東京大田区開催「廃業コーディネーターゼミ」参加者募集開始!

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

11月21日から廃業コーディナートを学べるゼミを開催します。

主に資格業の方向けです。

 

今回は東京大田区とのコラボ企画であり、同地域の事業承継や廃業などの支援をしていく仲間探しも狙っています。

詳細やお申込みは下記のリンク先からお願いいたします。

 

社長によりそうための『廃業コーディネーター』ゼミ

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

廃業という話題が受け入れられつつあるようです

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

 

昨日は水戸で「廃業」をテーマにお話しました。

事業承継でもM&Aでもなく、廃業なのです。

 

一昔前なら「廃業なんてとんでもない!」という感じでしたが、少しずつ現実的に考えようという呼びかけが受け入れられるようになってきました。

現場の方は前からわかっていたのです。

でも「廃業」を前に出した企画を出すと、怒られてしまいそうだと・・・

 

私の「廃業を基準に考えましょう」という訴えは、けして後ろむきなものではありません。

そして、従来の承継やM&Aを否定するものでもありません。

 

理想論ではなく、いつでも、誰でも、確実にできる廃業とまずは向き合いましょうということです。

 

それは、現実を見ながら、ねばり強く取り組みましょうという事でもあります。

中身がない、きれいごとだけのポジティブシンキングなんてクソ喰らえ!ということでもあったり、と(笑)

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

三重県事業承継セミナー終了

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)

読書会企画も募集!!


 

三重県での2日連続セミナーが終了しました。

一日目は四日市、二日目は津です。

第一部で私が講演し、第二部ではファシリテーターとしてパネルディスカッションを実施しました。

この機会をくださった三重県事業承継ネットワーク様、パネラーのみなさま、そしてお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

長丁場であり、また大役だったためずっと気を張っていました。

そのなかで特に印象的だったのは、質疑応答の際にこのようなご質問をいただいたことです。

 

「新型コロナの影響で業績が低迷し、自分の事業に自信が持てません。

それなのに承継や売却を考えるのもどうかと思い気が進みません。

どう考えればいいでしょうか」

 

切実で重たい質問です。

そして、確かにこのような状況の会社も多いことでしょう。

勇気をもって質問していただいたことに感謝です。

 

私がいかに答えたかは、ここでは書きません。

やはりあの臨場感があっての回答なので、伝わり方が大きく変わってしまうでしょう。

 

会社のことをどうするかは簡単ではありません。

そこに新型コロナで環境も難しさも加わりました。

 

それでもしぶとくあきらめず、社長さんとよりよい着地点を見出していかなければならないと、決意を新たにさせていただきました。

 

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

奥村を呼んで読書会・勉強会をしてみませんか?

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

新刊の『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』が発売されてから2週間ほどが経ちました。

本を読んでいただいた方からのコンサルティング依頼が来たりと、反響も起きています。

社長、会社を継がせますか?廃業しますか?

 

 

この流れを加速させたい!! ということで「読書会」「勉強会」のご提案です。

 

参加者を集めていただければ、奥村が出向いてお話をさせていただきます。

 

たとえば、地元のネットワークで社長さんを集めて読書会を企画していただいたり。

または、資格業などの経営支援を仕事とする方が、勉強会を開催していただいたり。

本と奥村を使って、学びや出会いの機会と場を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、私の講演料は1回最低10万円、平均では15万円となっています。

これ以上言うといやらしくなってしまいますが、おもしろい機会ではないでしょうか。

是非、企画してみてください。

 

条件等は下記のようになります。

お気軽にお問合せください。

 

読書会・勉強会開催の条件

〇主催いただく方は参加メンバーを集め、開催場所を確保してください

〇実施のための最低定員は7名といたします

〇参加者は、ひとり一冊新品をご購入ください。
※出版業界に資金を回すことが目的のひとつであるため、古本屋等で中古品を購入されることは認めません

〇条件と時間が合えば日本全国に対応しますが、交通費のご負担はお願いいたします。

〇オンライン開催のご依頼はお断りしております。
※感染対策はしっかりやりましょう

〇あくまで本業優先であるため、すべてのご依頼にお応えできないケースがありえます。また、予告なく募集を終了することがあります。

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

易について語ってみたくなりました。

世間は、今日から4連休。

気分を変えて、私と「易」との付き合い方を紹介してみようかと思います。

 

易経とは

易は中国、いや世界最古の書物であると位置づけられているようです。

四書五経のひとつでもあります。

人として正しく生きるための道徳的な話や、生きる知恵も書かれています。

このあたりは、The中国古典といったところでしょう。

 

易にはもう一つ、占いのテキストという顔もあります。

今日はこちらの話です。

 

易で占ってみた実例

じつは最近の私、仕事で悶々としていました。

最低限の仕事はこなしているものの、ちょっとした燃え尽き症候群のような感じです。

スカッとしない気分を引きずりながら働いていました。

そこで、易先生に「どうしたものでしょうか?」と問いを立てさせていただいたのです。

 

筮竹という棒を手にして、ゴニョゴニョやって出てきたのが、「水山蹇」という卦でした。


※筮竹です

 

易では、天、地、水、火、沢、雷、山、風の8つのシンボルを2つ組み合わせ、64の場面を描いて世界を表現しようとしています。

私が引いた「水山蹇」は、上に水、下に山で、困難が目の前にあって進めない状況を表現しています。

 

この時点で私は「もう、勘弁してよー」と、内心嫌な気分になりました。

 

今私がいる場所

64の卦は、さらに6つの段階や状況に分かれています。。

同じ「水山蹇」の中でも、さらに細かく様子が解説されるのです。

 

私は再び、筮竹をゴニョゴニョやって、自分が6つのどこにいるのか占いました。

すると、下から2番目のニ爻に位置していると告げられました。

 

水山蹇のニ爻には、こう書かれています。

「王臣蹇蹇たり。躬の故にあらず。」

 

すごく雑に訳すと、自分のことではなく、自分が忠誠を誓うべき君子や国家が困難を迎えていて、それにより苦労をするといった感じであります。

 

ここでわが身をふり返ります。

私にとっての貢献すべき君主は中小企業の社長さんです。

 

なるほど、どこも事業承継等で困難を迎えているところばかりです。

国家で考えても、廃業や事業承継問題は今や重大な社会問題とされています。

 

易先生の言葉から、困難の真っただ中でヒーヒー言いながら悪戦苦闘している奥村の姿が、まさに浮かんでくるではありませんか。

 

世界は変わり続ける

ただ、ずっと同じ状況がいつまでも続くわけではありません。

世の中は変化しつづけます。

そして、その変化を読み取ることが、易において一番重要なことだと思います。

当たったとか、外れたで、一喜一憂している場合じゃありません。

 

 

易の卦は、陽と陰の組み合わせでできています。

陽だったものは陰となり、陰だったものは陽となります。

私がいる「水山蹇」のニ爻は陰でしたが、あくまでこれは今の状況です。

これからニ爻は陽に転じるのです。

 

すると困難を表す「水山蹇」が、「水風井」という卦に変わりました。

「井」の文字から分かるように、井戸です。

 

井戸は人々の生活の中心にあります。

また、淡々と上下運動を繰り返して粛々と役割を果たします。

人が集まる中心にあり、私欲もなくただインフラとしての役割をまっとうするようなイメージが浮かびます。

 

お告げをいかに読み解くか?

この卦を見て、私はハッと思い出すのです。

「そういえば、いつか社長が集まる仕組みを作りたい」と思っていたことを。

それは会員サービスのようなものでした。

まさに、人の中心にある井戸。

すっかり忘れていました。

 

また、井戸の仕事ぶりから、易先生に「淡々黙々と仕事をしておけ!」との戒めも感じとりました。

 

ふりかえれば、今の私には焦りのようなものがありました。

また「何か閉塞感を吹き飛ばしてくれるようなものがやってこないか」と、自分でどうにもならないことに期待してしまっている面もありました。

そんな私に「欲も下心もいらんから、黙って働け!!」というわけです。

痛い・・・

 

易との付き合い方

こんな感じで、たまに易を立てています。

単純に、占いが当たったかどうかというのとは、ちょっと違うと思いませんか。

易を媒介にして、自分が気づいていないことにアプローチしようという試みです。

かっこよくいえば、自分との対話のために使っています。

 

あまり期待し過ぎないことが、占いとしての易と付き合うポイントだと思います。

「易の意見も聞いてみるか」くらいに接すると、いい気付きをくれることもあったり。

とにかく、依存してはいけないのでしょう。

 

おわり

かなりマニアックな話をしましたが、果たしてどれほどの方が興味を持って読んでいただけたのでしょうか・・・

そして、変な奴だと思われたかもしれませんね。

 

今回は占いとしての易の話をしましたが、もちろん古典としても学ぶ価値はすごく高いです。

事業承継の知恵もあったりします。

来年あたり、易と事業承継をテーマにセミナーとかもやってみたいと思っています。

はたして誰か聞きに来てくれるのかなぁ・・・

 

 

『着地戦略会』会員募集開始

「着地戦略会」会員サービスについて

着地を成功させたい社長と支援者のためのコミュティを立ち上げることにしました。

※2020年12月スタート予定

「着地戦略会」の目的

誰でも、どんな会社でも「社長をおえる時」が来る。

この確実な出来事を意識し、着地の成功を目指す集い「着地戦略会」を立ち上げます。

会員の皆さんに対する着地への意識づけ、有効な情報収集、そして相談やつながり作りの機会をもたらします。

仲間入りしませんか。

 

主宰者は奥村聡

社長のおくりびとの異名を持つ奥村聡(事業承継デザイナー/司法書士)が主宰します。これまで800社以上の会社と社長のおわりに立ち会ってきました。

詳しいプロフィールは、こちら

 

会員として想定している方

・中小企業社長

・後継者候補

・社長のご家族

・資格業などの支援者

 

会員の特典

会員になるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

①奥村の意見・助言を聞けます

迷ったとき、何かを決断する時にいつでも奥村の意見を聞けます。

メールは随時、電話やオンラインの場合は時間の予約をお取りいただきます。

相談と初動の重要性については、多くの方が甘く考え過ぎていると言わざるを得ません。大切な初動を誤らないように、奥村の経験と頭をご利用ください。

 

※初動への意見提供が目的であり、問題解決までを約束するものではありません。
ひとつのテーマについて何度もメールの往復をしたり、長時間の電話での相談を行うことはできません。

 

②専門家の紹介

「いい税理士がいたら紹介してほしい」
「こんなケースは誰に相談したらいいか」

こんな紹介のリクエストにも、奥村の人脈の中から可能な限りお応えいたします。

 

③会員さん向けメルマガ発行

会員さん限定のコンテンツ提供を行います。

新たな視点、自分とは異なる視点を得ることで、失敗の可能性を下げていただくことを願います。

 

④セミナー・勉強会への特別招待

奥村主催や、他者との共催のイベントに招待いたします。

 

⑤オンラインサロンへの参加

オンラインサロンを開設し、皆さまのお仕事や経営のサポートをしていきます。

 

⑥タイムチャージで奥村をレンタル

会議や交渉の場への同席、資料作りなどタイムチャージで奥村の時間を利用することができます。

 

着地戦略会への参加条件

 

月額

会費、お一人3,000円(税別)

※個人での入会となり、法人会員はありません。

 

その他

主宰者が会員としてふさわしいと方と判断することが条件です。

趣旨に反する方やコミュニティを乱す方等は、主宰者の独断で脱退していただく可能性があります。

また、適正なサービス提供を行うため、入会を制限し、会員数や内訳の人数調整を行う場合があります。

 

入会のご希望やお問い合わせについて

当サイトの問合せフォームをご利用ください。

→ 問い合わせフォーム

 

 

入会規約

合同会社 会社の後見人(以下、「当社」という)が提供する『着地戦略会』に入会されるにあたり、入会規約の内容をご理解・ご承諾いただくようお願いいたします。

 

第1条(会員)

会員は、会の目的に同意し、当社が定める手続に従って、入会の申し込みを行った個人とする。会員の権利は登録いただいた本人のみが利用できるもとし、他者へ譲渡・貸与できない。

 

第2条(会員情報の取扱)

会員が当社に届け出た事項は、当社のデータベースに登録され、当社が所有するものとする。当社は、登録された個人情報について、個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとする。

 

第3条(変更)

会員は、氏名、住所など当社に届け出た事項に変更があった場合には、速やかに当社へ連絡する。

 

第4条(会費)

会費は月額3,000円(税別)とする。入会時、会員は当月と翌月分の会費を支払い、以後翌月分を前月までに支払うものとする。会費は当社の判断により変更されることがある。

 

第5条(損害賠償)

当社は、当社の責めに帰すべき事由以外で、会員サービスの利用により発生した損害に対しては一切の責任を負わない。

 

第6条(会員資格の抹消)

次の各号のいずれかに該当する場合、当社は該当会員の会員資格を何ら通知することなく抹消することができる。

・虚偽の情報を申告した場合

・会員の権利を不正に使用し、または使用させた場合

・当社の運営を故意に妨害した場合

・会費の支払いが2ヶ月以上滞った場合

・当社から提供する情報および商品を許可無く転載・複製・再販売・オークションなどへ出品をした場合

・その他、当社が会員として不適当だと判断した場合

 

第7条(退会)

会員は、当社が定める手続きに従いいつでも退会の申し出をすることができる。退会は、申し出日の属する月の末日で効力を生じ、すでに支払った会費の返金は生じないものとする。

 

第8条(合意管轄裁判所)

本規約に関して紛争が生じた場合、兵庫地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とする。

 

第9条(規約改定)

入会規約は、状況の変化等により、当社の判断のもと予告なく変更されることがある。

 

 

2020月9月1日

合同会社 会社の後見人

代表 奥村 聡