奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

会社が分離する際の交渉プロセスの失敗・・・

一つの法人でしたが、内部的には、
東京本店と地方支店で別々に運営されている
会社から依頼がありました。

本店からすると
「大阪支店のコントロールができなくなっているので、
それぞれ別々の会社にしたい」と。

「銀行からの借金も大きく、
そのあたりをどう処理すればいいのかもわからない」とも。

 

僕が会社に入り、会社分離に向けた絵を描きました。

金融機関との折衝もうまくいきそうです。

あとは、書類に落として実行・・・
という段階で問題がおきました。

 

 

本社の社長が
「もっと高く買ってくれないと売れない」
と言い出したのです。

それに対して、
支店の事業を買い取って独立しようとしていた支店長は、大激怒。

これまで積み上げてきたものがすべて台無しになるレベルでした。

 

 

社長は、2つの失敗を犯しました。

一つは、後で金額を釣り上げるような、
いわば後出しジャンケンをしたことです。

当初は、「2000万円でどう?」と言っておきながら、
先方がそれでOKすると「でも、それじゃ安すぎる」と。

欲が出てきたのか、分離後の経営が不安になったのか・・・

オファーを出した以上、
その金額でOKされたら
それで交渉が成立すると考えなければいけません。

当たり前に思わるかもしれませんが、
М&Aの交渉などの時に、
こういう態度をとった社長はほかにもいました。

 

 

もう一つは、調整役である僕を飛び越して話をしてしまったことです。

こうなるともう修正が効かなくなってしまいます。

感情的にならないように僕が間に入っていたわけです。

また、不当な要求は、
その時点で「おかしい」と指摘する役目でもありました。

それを思いついたままに社長が支店長に伝えてしまったために・・・

 

急いで支店長をフォローし、
社長に非を認めてもらって、
再度話し合いの席についてもらえることができました。

 

でも、本当に危なかった。

分離がきれいにできなければ、
お互いにいろんな損害が生じてしまったでしょう。

支店従業員が離反したり、

顧客から取引を切られたり

銀行から愛想を尽かされたり・・・

 

会社を左右する大きな話なのですから、
慎重にいかなければいけません。

プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。