奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

後継者が事業承継の蚊帳の外に・・・

遥々富山から大阪までお越しいただきました。

僕の本を読んだ方から
「相談にのって欲しい」と面談の依頼があったのです。

 


 

会社の後継者の立場の方で、
現在の社長とは血縁はありません。

そして、社長と顧問税理士が事業承継の話を進めているけど、
後継者たる自分は蚊帳の外に置かれている、と。

「どうなるか不安だし、そもそも不満だし・・・」

「こちらとしてもできる備えをしておきたい」

というお気持ちがあったようです。

 


 

社長が後継者不在で事業承継を考えてしまう・・・

こんなケースは他の案件でもありました。

 

現社長(継がれる側)から相談が来たケースで、
「それで後継者さんの同意は得られますか?」
と差し向けても「あいつは大丈夫」と。

後継者のことはどうにでもできると軽く考えている様子でした。

 

このパターンは結構ありがちな気がします。

もちろん後継者は社長が思い通りにコントロールできる
ロボットではありません。

甘く見ていると
思いもよらぬ方向に話が進んでしまいかねません。

 


 

 

税理士と話を進めるものの
お金のことしか気が回っていないこともありますね。

「税金を少なくしようとか」

「株価をどうするとか」

そんなお金の話より、
ずっと経営面の本質の承継の方が難しいわけでして。

(そして、たいていそっちのほうが大切)

今回のご相談では、現社長との今後の立ち位置や、
社内の他のスタッフと後継者さんの関係性をどうするかの問題などがそれにあたります。

お客さんがついてきてくれるかも、もちろん・・・

 

 

とりあえず今回のご相談では策を2つ献上しました。

すっきりした表情で帰ってもらえましたが、
結果はどうなるでしょうか。

 
〈リンクのご紹介〉

会社分割ドットコム

「事業承継や会社再生、組織再編に役立つ分社手法の活用を紹介」

プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。