新型コロナウィルスの影響下、廃業を悩む社長へ

「新型コロナウィルスの影響で業績が落ち込んでいるため、廃業しようか悩んでいる」

このところ何件か、このような相談をオンラインで受けています。

振り返ると、だいたい同じようなことをお話させてもらっていると思ったので、改めて書き残しておこうと思います。

なにかの参考になれば、と。

 

①今廃業したほうがいいか、粘ったほうがいいかは、僕には分からない。

収束にどれくらいの時間がかかり、売上がどれくらい回復するかは分からないため。

 

②選択肢は2つしかない。

今すぐ一目散に逃げる(=廃業)か、もう5年でも10年でも経営を続けると肚を括るか。

決断できないまま過ごし、後になって「あのときやめておけばよかった」となるのは絶対避けたい。

なお、今をしのぐために借金を増やしたとしても、利益さえ出る事業ならばなんとかできる。

 

③廃業だけは自力で実現できる戦略。

借金を増やしたくない。

残っている利益を確定させたい。

ならば、すぐに廃業を選ぶべき。

 

④損得勘定では答えは出ない。

売上や利益の予測が立たない以上、廃業した場合と続けた場合の金銭的比較はできない。

 

⑤結局、生き様の問題。

社長個人の価値観が問われている。

会社をどうしたいのか。

さらには、自分はどう生きたいのか。

覚悟を持てば道は拓けてくる。

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)
▽この記事をシェアする