後継者や家族からの仕事の依頼は受けられません

私は会社の意思決定者である、社長に求められたときしか仕事はしません。

求められてもお断りするケースもありますが、少なくとも社長から求められることは最低条件です。
どんなに後継者や家族の方から熱望されても、社長にその気がないのならば話にならないわけです。

最初は後継者や家族の方から声がかかる場合もあります。

でも、コンサルティングの仕事を受ける場合は、最終的に社長の決断と依頼があるわけです。

 

 

先日もありました。

後継者の立場の方が会社の将来を悲観し、悩んでいました。

一方、父親である社長のピントはズレています。

危機感が共有できていなく「どうにかなるだろう」くらいにしか状況を見えていません。

 

奥村の見立てでは、「借金を残したくなければすぐにでも廃業したほうがいい。

それと並行して、ダメ元で事業や会社の引継ぎ先を探してみてもいい」

といった感じでした。

でも社長は「廃業なんてする必要ないし、売るならば最低1億円だ」と・・・

まあ、お話になりません。

私は「できることはありません」と、帰らせてもらいました。

(後継者の方には、すこしアドバイスはさせてもらいましたけどね)

 

 

後継者のお子さんとしては、私が最後の希望だったようです。

ことの深刻さが分かっていない社長に対し、涙を流しながら「奥村先生の力をかりて会社を着地させよう」と訴えていました。

でも、社長には伝わりません。

そうなると私には何もできないわけです。

かわいそうですが。

社長がその気になって、はじめてプロジェクトをスタートできるのです。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)
▽この記事をシェアする