事業承継もM&Aも、補助金に惑わされずに本質からアプローチ

 

「経営資源引継ぎ補助金」というキーワードで、インターネット検索をかける機会がありました。

経営資源引継ぎ補助金はM&Aの仲介手数料などにも補助金が出るようになったということで、その関連の仕事をしている者には話題となっています。

 

検索をかけてみると、このビジネスチャンスを逃すなと、多くの業者が群がっているようすが伺えます。

中には、「着手金だけでも補助金がでます!」と。

最終的には売らなくてもいいから、(補助金がもらえるし)着手だけでもしましょうよ、というメッセージに読み取れます。

 

こんな風景を見ていつも思うところですが、補助金の類は害のほうが多い気がします。

浅はかな取り組みが増えます。

会社のほうとしても、補助金ありきで行動を起こすから、リズムや感覚がおかしくなってしまいます。

 

世はコロナで、大変です。

でも、こんな時だからじっくり本質的な取り組みをしていただきたいところです。

特に、事業承継やM&A、廃業といった重たいテーマならば、なおさらではなないでしょうか。

その場しのぎなものに飛びつかないでほしいところです。

その場すらしのげない打ち手も多いものです。

 

 


【「奥村と一度相談をしてみたい!」ならば】
個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】
事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』
奥村関連のイベント・セミナー情報
【新刊】
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)
▽この記事をシェアする