奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

金さえ払えば喜んで仕事を受けると思ってません?


事業承継や廃業に関する相談を受ける。

私は「これこれを、こうやればいいです」

「あそこにこんな問題があるから、こうケアしましょう」と答える。


すると相談者から「それはいくらでやってくれますか?」と質問されることがあります。



正直、この質問には違和感があります。

「それって、私が仕事を受けることが前提になっていませんか?」と。


この質問からは、「金さえ払えば私が仕事を受けるものだ」と決めつけている姿勢が見えます。

さらに言えば、誰でも仕事(金)は欲しいものという、その人の常識までも透けて見えます。




でも、違うんですよ。



相談についてはライフワークなので、間口を広くし、かなり無理をして対応してきました。


相談行為を価値あるものにしたいので、ちゃんと具体的な行動に落とし込むレベルの話までするように心がけてもきました。

(この点、なんだかんだと御託を並べて、結局どうすればいいのか分からないレベルの相談は巷に溢れています)


しかしだからと言って、その後の実行につながるプロジェクトやコンサルティングまで引き受けるかは、別問題です。

私はそんなにたくさんの案件を抱えたいと思っていません。


そしてなにより、気が乗らない仕事は受けたくありません。

どんな大金を積まれようが、この人の仕事は受けたくないと思えばお断りします。

そもそも忙しくて、新しい仕事を受けれられない場合だってありますし・・・


自分の組織を手放してからは、やりたい仕事、支援したいと思える人の仕事だけをやることに決めました。

それゆえ、組織を大きくすることで、売り上げを追わなければいけなくなることは避けています。

仕事のえり好みを堂々とさせてもらうために、コンサルティング料金は低めに抑えてもいます。


仕事を受けることが当然と思われるのは、正直癪に障るのです。

別に私が特別高飛車なのではなく、仕事に困っていないコンサルタントやデザイナー等はみんなそうなのではないでしょうか。


ここのところをはき違えちゃうと、せっかくの出会いも縁も、残念な結果になってしまうことでしょう・・・


プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。