事業承継で女性が突然社長に、について

 

「私は女だから、弟が家業を継ぐものだと長年思っていました。

社長である父も、周囲も、みんなそう考えていたはずです。

しかし、弟が父とケンカして会社を飛び出して音信不通になってしまい、結果、私が会社を継がなければいけなくなって・・・・」

 

私のクライアントの女性社長が、社長になった経緯を語ってくれたことがあります。

 

このようなパターンは、他社にもたくさんあります。

2月22日の日経新聞に「事業承継で突然社長に 夫や父からバトンタッチ」という記事がありました。

そこで紹介されているエヌエヌ生命保険アンケートでは、

 

中小企業の女性経営者に聞いたところ、事業承継で社長になった人の57%は後継者になることを「想定していなかった」と答えた。

承継にあたり事前の準備期間が「(ほとんど)なかった、突然だった」と答えた人は45%に上った

 

となっていました。

 

さらに、帝国データバンクの調査による、M &Aや社内承継、起業等も含めた女性が社長になった経緯については、半分以上(51%)が「同族承継による」とのことです。

 

ここから典型パターンが見えてきます。

・後継者候補だった男の他の兄弟が、会社を辞めてしまったり、死亡してしまった

・社長だった夫が、死亡等の理由で経営を継続できなくなってしまった。

こうして女性は、自分が思わぬかたちで会社を継ぐことが多いのでしょう。

 

私の亡くなった母親も同様でした。

後継者候補の弟がいましたが、彼がいなくなってしまったことで、会社の後継ぎになっています。

 

社長になるための準備不足

この承継パターンでは、本人に会社を継ぐ自覚がないため、準備が不足しがちです。

ただ、その女性後継者のほうが、元の後継者候補だった男性より社長に向いていると感じるケースが実は多かったりします。

先代の父とも、女性のほうがうまくやれるケースが多いですしね。

 

とはいえ、準備が不足していることは事実です。

急に出番が回ってきた女性の後継者はどうしたらいいでしょうか。

 

私がすぐに思いつくのは、「とにかくメンター見つけること」ことです。

 

自分がいずれ社長になると思っていた人でさえ、基本的に先代よりもずっと視野は狭いものです。

社長として本来持つべきマインドもなかなか持てていません。

急に社長になった人となればなおさらでしょう。

 

このあたりの欠如を自覚し、考え方や価値観などを変えていかなければまずうまくいきません。

あなたの想いをぶつけられて、忌憚のない意見をくれ、導いてくれる人がほしいですよね。

 

メンターはどんな人がいいのか?

では、どんな人がいいのか。

最近手にした安藤美冬さんの著書『新しい世界へ』に、「感情的のバランスがとれている人と話をするのがいい」と書いてありました。

感情のバランスの取れている人の定義は、「あなたが恐れていることを恐れていない人」ということだそうです。

 

この助言は、今回の話でも参考になるもののような気がします。

ただあなたに同調するだけの人では、共感こそあっても導くことはできません。

一方、あなたが歩む先の世界を見える人ならば、「あなたが恐れていることを恐れていない人」に該当するはずです。

 

 

そう考えれば、親身に相談に乗ってくれる先輩の女性経営者あたりがベストでしょう。

 

気がかりなのは、相手も忙しいでしょうし、仮にOKをもらえたとしてもどれくらいコミットしてもらえるか、です。

相手が善意で受けてくれた場合では、無理強いはできません。

 

いっそのこと仕事として対価を払い、本気になってもらうのも一案です。

お金を払うことは、相手を拘束する有効な手段です。

 

 

先輩経営者のあてがない場合は、コンサルタントなどのプロの経営支援者を雇うことが現実的なのかもしれません。

この場合でも出費をケチってはいけません。

 

 

元々サラリーマンだったり、主婦だった方が社長になると、これまでの延長でなんでも切り詰めようとする場合があります。

もちろん節約は大切です。

しかし、社長というのは、先にお金を投じて後の利益を引き寄せる生きものです。

そして、社長の場合、自分自身への投資が一番会社の利益に直結することだったりもします。

社長にふさわしいお金の考え方や使い方がありますね。

 

 


【月額3000円で現場の知恵にアクセス】

社長と支援者コミュニティ『業承継地戦略会』★

【奥村に一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

着地戦略会・芦屋評定『新型コロナ大反省会』

『新型コロナ大反省会』をテーマに、着地戦略会ミーティングを開催

世界を混乱に陥れた新型コロナウィルス。

まだ終息には至りません。

しかし、コロナ渦に端を発した様々な出来事は十分に見えたのではないでしょうか。

騒動を振り返るには今しかないと考えます。

終息したらしたで、痛みもコロッと忘れてしまうのが私たちですから・・・

 

中国古典の易経には、大騒動の場面を描いた震為雷という卦があり、その解説をする彖伝ではこのように書かれています。

「彖に曰く、震は亨る、震の来たるとき虩虩たりとは恐れて福を致すなり、笑言唖唖たりとは後に則あるなり」

最後の部分を私なりに解釈すると、恐ろしい騒動から今後の規範を見出せば福を得られる、です。

こんな気分で、今後の経営や仕事に生かせる教訓や自分のルールを見つけましょう。

 

会の進め方

まず奥村がテーマに合わせた呼び水となる話をします。

それをふまえて、自分の考えを検討したり、他の参加者の意見を聞いただきます。

脳内へのダイナミックな刺激が、次の行動につながることを目指します。

 

こんな方にお越しいただきたい

・コロナ後の会社を考える経営者

・会社の引継ぎを考える後継者や起業家

・経営支援に関わる士業

 

日時と場所

2021年3月13日(土曜日)
9時開場(9時半開始)~12時まで

colle (芦屋ギャラリー)
〒659-0093兵庫県芦屋市船戸町10-19 光ビル 1階
JR「芦屋」駅から徒歩約3分
阪急「芦屋川」駅から徒歩約8分

詳しいアクセス方法は、こちら

 

参加方法

①参加費:

着地戦略会員 1,000円(税込)

一般参加  3,000円(税込)

※現金による当日現地払いでおねがいします

②申し込み

こちらのリンク先からお申込みください。

 

※注意事項※

①会場の定員に達した場合は募集をストップします。ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

②新型コロナウィルスの感染拡大防止にご注意願います。

当日はマスクの着用をお願いします。

また、体調不良や熱のある方場合は、参加をお控えください。

 

事業譲渡を使ったM&Aが初耳ですと!?

 

事業譲渡によるM&Aの依頼を受けました。

条件をまとめて、相手を探していきます。

 

前から「会社をどうしようか」と考えていた社長さんです。

相談も受けていましたし、私の『着地戦略会』の会員さんでもあります。

なのに、です。

M&Aを決断したきっかけをお聞きして、衝撃を受けました。

 

「いやね、某M&A会社の人が営業に来てね。

『会社は残して、事業だけを売却することができますよ』って言われたんだ。

その話を聞いてなるほどって思って。

ただ、どうせ頼むなら奥村さんにお願いしたくて」

と、社長は語りました。

 

私は心の中で驚きの声をあげました。

(え! 部分的なM&Aでもできるなんて、私たちの間では常識では!?)

 

 

前から一緒にお話をしていた社長です。

私の本も読んでくれています。

当然にこのような手法があることは、当然伝わっているものだと思っていました。

 

会社分割や事業譲渡を使った分社スキームは奥村が十八番にしていたものです。

今でこそ、奥村と言えば事業承継や廃業ですが、その前は奥村と言えば会社分割が代名詞だった時代もあるくらいです。

それを、私のお客さんが他社の営業マンから説明されて、「なるほど、その手はいいですね」ってなるなんて。

驚きと、申しわけなさと、ふがいなさと・・・諸々です。

 

 

私が勝手に伝えたつもりになっていただけで、本当はそんな機会が無かったのかもしれません。

私の伝え方が下手だから、社長にピンとこなかっただけかもしれません。

 

話と言うのは、こちらが思っている以上に、受け手に伝わっていないものなのですね。

あらためて痛感しました。

よく、肝に銘じておきます。

 

 

1人に賭けられるか?

ブログを復活します。

他の独立ブログをしばし続けていましたが、当初のスタイルに戻すことにしました。
もう顔も思い出せない社長さんなんですが、いまでも毎年私の好物を贈ってきてくださいます。

 

そちらの会社は、大きな負債を抱えて行き詰まりました。

私は会社の再建と社長の自宅保持を支援させていただきました。

 

作戦立案者としては、こうしてお礼がつづくということで「問題が起きていないのだ」と安心させてもらえます。

策は、後になってみないと本当に正しかったのかわからないものですからね。

 

 

ただ私の功績なんてどうでもいい話で、当時のご自身の判断を祝っていただきたいところです。

 

「誰を信じるべきか」

「どの意見を信じるべきか」

きっと悩みがあったはずです。

外野からのいろんな意見もあったはずです。

困難に陥ると、いろんな人間(とくに胡散臭いやつ)が登場したり、周囲が好き勝手いろんな意見を言い出すものです。

 

実際それで、キョロキョロ周囲を見回すだけで、優柔不断の沼に落ちてしまう人がいます。

 

何人もの専門家を掛け持ちすることで失敗する人もいます。

責任者は最後、一人に絞らないとうまくいきません。

人の意見を部分的に採用しようとする人がいますが、絶対NGです。

まず失敗します。

 

うまい話、自分に都合のよい話に心が惹かれて、最後は苦い思いをさせられる人もいます。

 

一人を選び、その人を信じぬくということは、僕ら支援者サイドが思うよりずっと大変なんでしょうね。

その状況で奥村を選び、最後まで賭けきった勝利です。

おめでとうございます。

 


ブログお引越しのお知らせ

 

奥村ブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。

 

これまでは「社長のやめ方.COM」内で記事更新をしてきましたが、この度ブログ部分を独立させることにしました。

新しいブログはこちらになります。

『事業承継デザイナー奥村聡のブログ』

 

是非こちらにも遊びにいらしてください!!

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

大田区池上「継業シンポジウム」のご案内

 

10月31日(土)大田区池上で開催される『継業シンポジウム』に登壇します。

17時スタート。

 

第一部は、継業に興味のある方向けのお話

第二部は、継業経験者によるパネルディスカッション

第三部は、現事業オーナー向けに事業承継のお話です。

 

街ぐるみで継業を盛り上げていきましょう!!

ぜひ、遊びにいらしてください。

詳細はこちらのチラシをごらんください
↓ ↓

201017継業シンポジウム_チラシ

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

東京大田区開催「廃業コーディネーターゼミ」参加者募集開始!

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

11月21日から廃業コーディナートを学べるゼミを開催します。

主に資格業の方向けです。

 

今回は東京大田区とのコラボ企画であり、同地域の事業承継や廃業などの支援をしていく仲間探しも狙っています。

詳細やお申込みは下記のリンク先からお願いいたします。

 

社長によりそうための『廃業コーディネーター』ゼミ

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

廃業という話題が受け入れられつつあるようです

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

 

昨日は水戸で「廃業」をテーマにお話しました。

事業承継でもM&Aでもなく、廃業なのです。

 

一昔前なら「廃業なんてとんでもない!」という感じでしたが、少しずつ現実的に考えようという呼びかけが受け入れられるようになってきました。

現場の方は前からわかっていたのです。

でも「廃業」を前に出した企画を出すと、怒られてしまいそうだと・・・

 

私の「廃業を基準に考えましょう」という訴えは、けして後ろむきなものではありません。

そして、従来の承継やM&Aを否定するものでもありません。

 

理想論ではなく、いつでも、誰でも、確実にできる廃業とまずは向き合いましょうということです。

 

それは、現実を見ながら、ねばり強く取り組みましょうという事でもあります。

中身がない、きれいごとだけのポジティブシンキングなんてクソ喰らえ!ということでもあったり、と(笑)

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

三重県事業承継セミナー終了

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)

読書会企画も募集!!


 

三重県での2日連続セミナーが終了しました。

一日目は四日市、二日目は津です。

第一部で私が講演し、第二部ではファシリテーターとしてパネルディスカッションを実施しました。

この機会をくださった三重県事業承継ネットワーク様、パネラーのみなさま、そしてお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

長丁場であり、また大役だったためずっと気を張っていました。

そのなかで特に印象的だったのは、質疑応答の際にこのようなご質問をいただいたことです。

 

「新型コロナの影響で業績が低迷し、自分の事業に自信が持てません。

それなのに承継や売却を考えるのもどうかと思い気が進みません。

どう考えればいいでしょうか」

 

切実で重たい質問です。

そして、確かにこのような状況の会社も多いことでしょう。

勇気をもって質問していただいたことに感謝です。

 

私がいかに答えたかは、ここでは書きません。

やはりあの臨場感があっての回答なので、伝わり方が大きく変わってしまうでしょう。

 

会社のことをどうするかは簡単ではありません。

そこに新型コロナで環境も難しさも加わりました。

 

それでもしぶとくあきらめず、社長さんとよりよい着地点を見出していかなければならないと、決意を新たにさせていただきました。

 

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★