易について語ってみたくなりました。

世間は、今日から4連休。

気分を変えて、私と「易」との付き合い方を紹介してみようかと思います。

 

易経とは

易は中国、いや世界最古の書物であると位置づけられているようです。

四書五経のひとつでもあります。

人として正しく生きるための道徳的な話や、生きる知恵も書かれています。

このあたりは、The中国古典といったところでしょう。

 

易にはもう一つ、占いのテキストという顔もあります。

今日はこちらの話です。

 

易で占ってみた実例

じつは最近の私、仕事で悶々としていました。

最低限の仕事はこなしているものの、ちょっとした燃え尽き症候群のような感じです。

スカッとしない気分を引きずりながら働いていました。

そこで、易先生に「どうしたものでしょうか?」と問いを立てさせていただいたのです。

 

筮竹という棒を手にして、ゴニョゴニョやって出てきたのが、「水山蹇」という卦でした。


※筮竹です

 

易では、天、地、水、火、沢、雷、山、風の8つのシンボルを2つ組み合わせ、64の場面を描いて世界を表現しようとしています。

私が引いた「水山蹇」は、上に水、下に山で、困難が目の前にあって進めない状況を表現しています。

 

この時点で私は「もう、勘弁してよー」と、内心嫌な気分になりました。

 

今私がいる場所

64の卦は、さらに6つの段階や状況に分かれています。。

同じ「水山蹇」の中でも、さらに細かく様子が解説されるのです。

 

私は再び、筮竹をゴニョゴニョやって、自分が6つのどこにいるのか占いました。

すると、下から2番目のニ爻に位置していると告げられました。

 

水山蹇のニ爻には、こう書かれています。

「王臣蹇蹇たり。躬の故にあらず。」

 

すごく雑に訳すと、自分のことではなく、自分が忠誠を誓うべき君子や国家が困難を迎えていて、それにより苦労をするといった感じであります。

 

ここでわが身をふり返ります。

私にとっての貢献すべき君主は中小企業の社長さんです。

 

なるほど、どこも事業承継等で困難を迎えているところばかりです。

国家で考えても、廃業や事業承継問題は今や重大な社会問題とされています。

 

易先生の言葉から、困難の真っただ中でヒーヒー言いながら悪戦苦闘している奥村の姿が、まさに浮かんでくるではありませんか。

 

世界は変わり続ける

ただ、ずっと同じ状況がいつまでも続くわけではありません。

世の中は変化しつづけます。

そして、その変化を読み取ることが、易において一番重要なことだと思います。

当たったとか、外れたで、一喜一憂している場合じゃありません。

 

 

易の卦は、陽と陰の組み合わせでできています。

陽だったものは陰となり、陰だったものは陽となります。

私がいる「水山蹇」のニ爻は陰でしたが、あくまでこれは今の状況です。

これからニ爻は陽に転じるのです。

 

すると困難を表す「水山蹇」が、「水風井」という卦に変わりました。

「井」の文字から分かるように、井戸です。

 

井戸は人々の生活の中心にあります。

また、淡々と上下運動を繰り返して粛々と役割を果たします。

人が集まる中心にあり、私欲もなくただインフラとしての役割をまっとうするようなイメージが浮かびます。

 

お告げをいかに読み解くか?

この卦を見て、私はハッと思い出すのです。

「そういえば、いつか社長が集まる仕組みを作りたい」と思っていたことを。

それは会員サービスのようなものでした。

まさに、人の中心にある井戸。

すっかり忘れていました。

 

また、井戸の仕事ぶりから、易先生に「淡々黙々と仕事をしておけ!」との戒めも感じとりました。

 

ふりかえれば、今の私には焦りのようなものがありました。

また「何か閉塞感を吹き飛ばしてくれるようなものがやってこないか」と、自分でどうにもならないことに期待してしまっている面もありました。

そんな私に「欲も下心もいらんから、黙って働け!!」というわけです。

痛い・・・

 

易との付き合い方

こんな感じで、たまに易を立てています。

単純に、占いが当たったかどうかというのとは、ちょっと違うと思いませんか。

易を媒介にして、自分が気づいていないことにアプローチしようという試みです。

かっこよくいえば、自分との対話のために使っています。

 

あまり期待し過ぎないことが、占いとしての易と付き合うポイントだと思います。

「易の意見も聞いてみるか」くらいに接すると、いい気付きをくれることもあったり。

とにかく、依存してはいけないのでしょう。

 

おわり

かなりマニアックな話をしましたが、果たしてどれほどの方が興味を持って読んでいただけたのでしょうか・・・

そして、変な奴だと思われたかもしれませんね。

 

今回は占いとしての易の話をしましたが、もちろん古典としても学ぶ価値はすごく高いです。

事業承継の知恵もあったりします。

来年あたり、易と事業承継をテーマにセミナーとかもやってみたいと思っています。

はたして誰か聞きに来てくれるのかなぁ・・・

 

 

新刊出版記念動画、公開中です

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』(翔泳社)


 

出版記念対談で、編集者の柳原さんとお話しています。

 

 

本の紹介もしていますが、話題はそこからいろいろはみ出ています。

面白いかもしれません。

 

新刊の紹介ページはこちらです。

『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?  ー誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』 出版のお知らせ

 

ようやく気候も過ごしやすくなってきました。

みなさん、夏の疲れをいやしてくださいね。

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

会社の承継廃業問題を解決する新刊発売です!

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?- 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』(翔泳社)


 

 

いよいよ奥村の新刊が発売となりました。

『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?- 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』(翔泳社)

 

こらは本当に売るのが難しい本です。

 

ニーズがないわけではありません。

本を必要としている社長はたくさんいます。

 

・コロナで、半年以内の廃業を考えている会社は27万社相当

・社長が70歳以上なのに後継者が決まっていない会社は127万社

 

こんなデータからも間違いありません。

 

 

しかし、どうやって売ればいいのかがわかりません。

主たる読者である高齢の社長でネットに親しんでいる人は多くありません。

書店にもあまり足を運びません。

企画がなかなか通らなかった大きな原因でもありました。

 

今回リスクを負ってチャレンジしてくれた出版社さんを、賭けに勝たせてあげたいです。

そして何より、中小企業の社長が会社の承継問題を上手く乗り越えられるか否かが、地域経済に多大な影響を及ぼします。

 

必要としている方に本が届きますように、みなさまのお力をお貸しいただけたら嬉しいかぎりです。

 

 

追伸:オリジナルの本の紹介ページを作りました!

『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?  ー誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』 出版のお知らせ

 

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

小山社長の事業承継の本を再読

※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?- 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-』(翔泳社)


 

久しぶりに小山社長の事業承継の本を読みなおしてみました。

もう10年以上前の発売なんですね・・・

「社長!会社を継がせたいならココまでやっておかなくちゃ!」

 

 

著者としての小山社長の痛快な語り口は好きです。

本書でも切り口が鋭く、バシッと両断してくれています。

 

ただ全体的には「俺はこうやったから、あんたもこうやればいいんだ!」というノリが全体に漂っております。

 

こういうノリの本には、面白く分かりやすいという利点はあります。

しかし、いざ自分がやる時に、そのまま採用していいのかは別問題であります。

 

世の中に散らばっているノウハウのようなものには、そのときはたまたま上手くいったレベルのものが氾濫しています。

その人が、その時にやったら結果が出たというだけで、普遍性や汎用性がなかったりします。

そもそも誰にでも有効な魔法なんて存在しないという面もあるのでしょう。

 

ゆえに私たちは、発信者の言うことを鵜呑みにしてはなりません。

 

 

では、どうすればいいか。

まず、発信者が想定している前提をまずちゃんと押さえることです。

 

本書のケースでは、中小企業といえ、それなりの規模感があるところを前提にしていると思います。

株式の話のボリュームが大きいところもその現れでしょう。

 

 

そしてもうひとつ。

どういう条件がそろえば、発信者の言うノウハウが成立するのかを冷静に見極めることです。

 

たとえば本書の中では、後継者は継いでから1年間は何もするな、と書かれています。

これは、裏を返せば「一年間社長が何もしないでも安泰な経営であること」という必要条件があるわけです。

しかし、そのあたりのことをくみ取らずに、傾いている会社なのに後継者社長がなんの行動も起こさなければ・・・奈落の底に落ちるだけですね。

 

ノウハウが成立するための条件を探る。

とても大切な心構えに思えます。

 

 

本の総評としては、上記のような理由もあって、事業承継の教科書にはならないと感じました。

(あくまで個人的な見解です)

取り組みのヒントをさぐったり、自分の考え方の幅を広げるための本という位置づけがいいのではないでしょうか。

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

日本政策金融公庫「起業家応援マガジン」にコラム掲載

【お知らせ】
9月1日専門家向け出版記念セミナー開催
→ 出版記念セミナーについて


 

日本政策金融公庫さんが発行している『起業家応援マガジン』に奥村のコラムが掲載されております。

事業承継や廃業分野が専門なので、起業というのは真反対に思われるかもしれません。

 

でも、誰かのおわりは誰かのはじまり。

裏側ではつながっているのですね。

 

なお、公庫さんのこの件は、しばらく連載が続く予定です。

 

 

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

【福岡】事業承継セミナー登壇

 

福岡の事業承継セミナーに登壇することになりました。

NHKスペシャルをご覧になられたという弁護士の先生から、お声がけいただきお会いしました。

そこから話はトントン進み、福岡のセミナーを企画してくださいました。

フットワーク、スピード感、オープンマインド、確実な実行力・・・僕が抱いていた弁護士像は完全に覆されました。

 

主催は弁護士法人アジア総合法律事務所さんです。

詳細やお申込みはこちらのチラシをご覧ください。

事業承継セミナーチラシ(福岡)

 

なお、内容は中小企業オーナー向けとなります。

経営支援者の方は、こちらをどうぞ。

→ 出版記念セミナーについて

出版記念セミナー 『96%のクライアントから“直接”依頼される 私の仕事術』

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

9月1日(会社支援者向け)出版記念セミナー開催

 

社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』の発売を記念して、セミナーを開催することにしました。

対象は、事業承継や廃業、M&Aを支援する専門家の方向けです。

※会社社長や後継者向けではありません!

 

同じ方向を目指す専門家の皆さんに何かお役に立てる話をシェアできないかと思い、企画しました。

是非、奥村の話を聞いてやってください。

 

→ 出版記念セミナーについて

出版記念セミナー 『96%のクライアントから“直接”依頼される 私の仕事術』

 

開催日は9月1日で、オンライン参加とオフライン参加がございます。

オンラインは無料で、オフライン参加のほうは書籍付きです。

席数が少ないので、オフライン参加をご希望の方はお早めにお申込みください。

 

 

【新刊はこちら】

社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 
(翔泳社)

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

 

 

事業承継と廃業の新刊が出ます!(社長向け)

 

9月に奥村の新刊がでることになりました。

すでにAmazonでは予約が始まっています。

 

社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 
―誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意―
(翔泳社)

 

「社長をやめるとき、そこにはどんな景色がひろがっているのか?」

 

自主的か強制的かの差はあれ、全国に約300万人いると言われる社長の誰もに「やめるとき」がやってきます。

でも、社長のおわりの世界はよく見えません。

世の中にある情報は、社長の“はじめ方”ばっかりだったりで・・・

 

ようやく「社長のおわりの地図」を明らかにすることができました。

 

中小企業の社長にとって、終末には何が待っているのか。

どんなおわりがあるのか。

それを知ることで、はじめて自分に相応しい取り組みが見えてきます。

 

司法書士事務所を手放してから10年。

長年このテーマに取り組んできた奥村です。

この本を書くために仕事をしてきたと言っても過言ではありません。

 

これまで仕事の依頼をいただいたお客様をはじめとするみなさまのおかげで、構想がかたちになりました。

ご報告と感謝を申し上げます。

 


 

【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

★※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★

部分最適のワナ

 

今回はメルマガからのコラムの転載です。

※メルマガ登録いただける方は、こちらからお願いします※
→ メルマガ★事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

 

---------------------

 

顧問先の会社が訴えられていました。

無理難題を押し付けるユーザーからの要求をスタッフが拒絶したら、激情し、裁判を起こしてきたそうです。

完全なる言いがかりと言っていいレベルだったと社長は言います。

一種のクレーマーでしょう。

顧問先は弁護士を立てて応じていました。

 

裁判は進み、相手から「50万円を支払うならば和解してもいい」との案が出てきました。

しかし、こちらにはなんの落ち度もありません。

「こんな相手に金を支払う必要なんてない」と弁護士は鼻息を荒くしているようでした。

判断を求められている社長も、弁護士の意見に同調しつつありました。

 

さて、どうしたものでしょうか。

普段ならば社長の気が済むようにしてもいいのかもしれません。

ただし顧問先の会社はM&Aによる会社売却も進めていたのです。

すでに相手は見えてきており、1億円ちょっとでの売買が具体化しつつある状況でした。

 

「50万円くらい支払って、さっさと終わらせてしまったほうがよくないですか?」

私は社長にこう提言しました。

裁判がこじれ、M&Aの話に悪影響を及ぼすことを懸念したのです。

裁判の原告が騒ぎ立てることで風評被害が生まれ、会社売却の縁談自体が流れてしまうことだってあるかもしれません。

1億円に対する50万円です。

このレベルのコストで不安材料を一掃できたら安いものです。

申し訳ありませんが、納得いかない社長の感情なんてどうでもいいレベルに思えます。

 

部分最適というやつです。

限定的は範囲で見たらベストな判断かもしれないけれど、全体から考えるとむしろマイナスとなってしまうケースがあります。

この事例、法律問題だけを考えれば弁護士の意見は正解でした。

でももっと視野を広げると正解と思われるものは別にあったということです。

 

コンサルティングのお仕事をさせていただいていると、いたるところでこの部分最適が見受けられます。

社長は「自分は間違っていない」と思っていることも多く、なかなか落とし穴に気づけません。

 

部分最適の落とし穴から逃れる一番の方法は、第三者の意見を聞くことでしょう。

しかも、全体が見える相手からの意見でなければいけません。

 

こうして書くと本当に簡単なことのように感じてしまうのですが、現実はなかなか難しいところです。

 

 


【奥村と一度相談をしてみたい方へ】

個別コンサルティング

【奥村聡のメルマガ】

事業承継メルマガ『おわりを良くする経営』

【相談会・イベント】

奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】

『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)

★『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)』★