奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

経営者の自宅等保全支援

いざというとき社長の自宅は?

中小零細企業において、
社長は債権者からの借入の個人保証をしているのが通常です。

また、担保として自宅などの不動産を
差し出しているケースもおいでしょう。

経営が順調なときはいいのですが、いざ返済が滞るようになると・・・

突如不動産を失ってしまう危険にさらされてしまうのです。

自宅の場合、社長だけの問題では済みません。

そこにはご家族との関係も重なってくるため、
問題はより複雑化してしまいます。

 

策を講じる

上記のようなリスクがあるのだから、
あらかじめ悪い状況まで想定して
手を打っておければベストです。

ご相談いただければ、
何らかのアドバイスができるかもしれません。

 

 

仮に会社で借金が払えなくなったとしても、
まだ手は残されているときがあります。

親子間売買や任意売却等の手法を使って、
自宅を手元に残せる場合があります。

 

まずはご相談を

法律的な素地を持ち手続きに精通している
専門家にまずご相談いただければ
お役に立てるかもしれません。。

これまで会社の再生の場面などで、
経営者の自宅等をはじめとする不動産問題を
数多く扱ってきました。

場数による経験と知恵がお役にたてば幸いです。

 

→ お問合せフォーム

→ 奥村聡について

 

プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。