廃業・清算コンサルティング

廃業・清算支援で提供できるもの

ほとんどの方にとって、廃業ははじめての体験になるはずです。。

また、そもそも廃業をした方がいいのか、まだ続けられるのか・・・

こんな判断だって難しいことだと思います。

奥村の経験がお役に立てることを願います。

 

継続か、撤退か?

経営において一番難しいのは撤退かもしれません。

撤退を判断した方がいいのか、それとも何か手がないのか。

これまで見聞きしてきたケースもお伝えしつつ、ご相談に乗らせていただきます。

外部からの視点や知恵を活用してください。

 

廃業の戦略を実行する

廃業を決意したとしても、その後の進め方は一本道ではありません。

それぞれの会社ごとに背景や利害関係が異なります。

そこまで踏まえたうえで、よりよい道を進みたいところです。

奥村が一緒に作戦を立て、実行の指揮をとることも可能です。

「銀行にどんな言い方をすればいいのだろう」

「従業員に打ち明けるタイミングと方法は」

「家族に迷惑をかけないで済まないか」

社長の様々な不安や悩みに、お応えしていきます。

 

自宅はどうなる?

廃業を選ぶことで、自宅等の不動産に影響が出る場合があります。

たとえば、銀行の担保に取られていて、借金が残ると競売にかけられそうなとき、など。

こんな不動産の保全や処理までも目を配ります。

 

よりよいゴールを一緒に探ります

廃業を希望されて相談に来られた方が、新たな闘志を抱いてお帰りになる場合は
過去に何度もありました。

会社を蘇らせるアイデアをお伝えしたことで、「まだやれる」とお感じになったためです。

このように「廃業をしたい」と相談に来られても、私はそのまま鵜呑みにしません。

まだやれる事業ならば、そう伝えます。

そして、一緒にその方法を考えます。

 

後継者さがし、相続までも・・・

一度は社長が廃業を決めた会社でも、後継者や事業の継ぎ手を探して
成功したことがあります。

廃業後に起こり得る相続を考え、ご家族に損害が及ばないような手を打つこともあります。

奥村が届ける価値は、単なる事務処理ではなく、もっと大きなメリットだったり損害の回避です。

まずはお話を聞かせてください。

奥村への相談やご依頼方法について

 

 

▽この記事をシェアする