事業承継デザイナー奥村聡のプロフィール

プロフィール

奥村 聡 (おくむら・さとし)
事業承継デザイナー/司法書士/ひょうごエンジン株式会社代表取締役/あまなだあわじ合同会社代表

23歳で入社した職場は破綻目前の百貨店。
ドラマのような祖父の会社の倒産劇では鎮静化のために奔走。
自宅も工場も金もあっさり消え去った結末に、人の居場所の儚さを知る。

平成21年、自らが立ち上げた地域最大の司法書士事務所を他者へ譲渡。
コンサルタント転身後は社長のおわりに寄り添い600社以上を支援。事業承継や相続、M&A等の出口に会社を導き、その仕事ぶりから『社長のおくりびと』の異名を持つようになる。事業の残し方と引継がせ方を熟知し、分社手法や法的ツールを駆使した作戦立案を得意とする。
もったいない廃業や倒産を回避し、次へバトンがつながれる世の中を作ることが使命。

著書に『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ(ビジパブ)』や『リノベラー(徳間書店)』。
日本フルハップの機関誌『まいんど』では、18カ月間事業承継のコラムを連載。

専門分野

奥村が特に力を発揮する分野です。

● 会社の事業承継やМ&A、廃業、再生支援

●会社再編、グループ再編支援
(特に、会社分割の活用)

● 社長の相続支援

●社長の交代と次世代経営者のための参謀業

 

奥村の事業承継支援の特徴

上記の必殺技に加え、このような特徴を持っています

①現場力・提案力

これまでの場数と、案件の本質的理解による提案力や判断力を自負しています。

たとえば、事業承継の事前取組として会社を分けることがあったとしましょう。

そのとき銀行や顧客、従業員に「いつ、どのように伝えるか?」という問題が出てきたとします。

この手の問題には、いつでもどこでも通用するような答えはありません。

しかも、下手を打てば大きな損害を生みかねません。

奥村はこんな答えのないところに答えを出してきました。

 

②コミュニケーションへの踏み込み

事業承継や相続などでは、法律や税金のテクニックの話が先行しがちです。

でも私は、お客さんの感情やお客さんと私の関係性をより重視します。

人の心を大切にすることが、遠回りのようで、結果的に良い仕事をすることにつながるためです。

そのため仕事をはじめるまえに関係者と丁寧に面談をさせてもらうこともあります。

家族会議や利害が対立しかねない相手との話し合いに同席させてもらうことも多々あります。

 

③事業承継全体への視点

事業承継は、会社の経営や人事、後継者育成、財務や借金、マーケティング、М&Aなど様々な分野に関連します。

社長個人としても相続や家族の問題、個人資産、連帯保証、相続税などの問題が関わります。

これに対し、一般的な事業承継の専門家を自称する人間でも、自分が得意とする狭い範囲の専門分野しか支援していない(できない)のが現実でしょう。

一方、奥村の場合は、社長のおわりをよりよいものにするため、全体に気を配って寄り添います。

 

④法的ツールの活用

法律職出身のコンサルタントのため、遺言など、相続の場面で活躍する法的ツールを活用してきました。

また、債務整理や破産、会社の再生に携わってきたため、借金や連帯保証に対するツールも使います。

会社分割や事業譲渡等の会社再編ツールも駆使できます。

社長のおわりや事業承継の場面で出口を切り拓くための必要な手口を取り揃えていることを意味します。

 

⑤柔軟性

案件を成功させるために、柔らかい頭で、柔軟に対応することを大切にしています。

杓子定規の対応はしません。

仕事のやり方や、どこまでを自分の仕事の責任範囲とするか…

フィーをどのようにいただくか…

現実は制限が多く、難しい状況ばかりです。

お客さんに本当の価値を提供するため、自らを変化させることはためらいません。

 

仕事の対応範囲

東京と神戸に拠点を有しています。

そのため大阪をはじめとした関西や、関東一円の仕事は多くなっています。

しかし、中部や山陰、北陸等にも足を伸ばすケースもかなりあります。

普通は、支援者を地元で探そうとするでしょう。

しかし、ピッタリな人間を見つけることは困難なようです。

現場への踏み込み方、事業承継の問題への全方位での対応、そして提案力、このあたりに差があるのでしょう。

結果、遠方の会社からもお呼びがかかる状況となっています。

距離があると仕事のクオリティが下がることを心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、専門家によるネットワークを活用したり、メールや電話でやり取りすることも可能なので、ほぼ不便なくお仕事ができているはずです。

距離のことは気にせずお声がけいただければ幸いです。

ご相談、ご依頼についてはこちら

 

 

事業承継デザイナー奥村聡の横顔

埼玉県川越市生まれ。

埼玉と大阪・兵庫の間で何度か引っ越しを繰り返してきました。

現在は神戸市東灘区に家族と暮らしています。

昭和歌謡と甘いものを好み、仕事に飽きるとすぐカフェに逃避する癖があります。

奥村へのご連絡は、リンク先のフォームをご利用ください。
問合せフォーム

他の活動のご紹介

体験の幅と場数が本業の会社支援の力になっています。

情報発信系

➢ 出版
『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』
既存の会社の古きを活かして事業を作り直すコンセプトを提案。

『リノベラー』
神戸を舞台として会社再生と事業承継を描いた小説。

➢ 講演
講演活動は多数実施しています。
テーマ例「事業承継をチャンスにかえる方法」
「自分の仕事は自分で作る~街で生きるキャリア論」

➢ 取材・ライティング
◇ 『まいんど』
日本フルハップの会員誌にて1年半事業承継をテーマに連載。

➢ 知識提供型サイト運営
『会社分割ドットコム』
経営に活かすための会社分割等の手法の普及を目的に運営。

事業づくり系

リノベーション起業カレッジ
商店街の空き店舗などを使い、起業を学び、実践するためのイベントを開催。

淡路島プロジェクト
空き家をリノベーションした居場所づくりや、農園の承継に挑むプロジェクト。
現地で古民家を改修した宿『のびのび日和』を運営中。

 

奥村へのご連絡は、リンク先のフォームをご利用ください。
問合せフォーム

相談申込・お問合せ(事業承継や廃業、М&A、社長の相続等)