900社の支援で得られた体験と知恵をシェア 着地戦略会

事業譲渡を使って突破口を開いた大阪の事業継承

第三者の後継者に事業を引き継がせるという案件をまとめました。

大阪のものづくりの会社です。

・株が高いため、後継者が買えない問題

・関係者の感情面のケア

このあたりが重要なポイントになったケースです。

詳しくは、リンク先をお読みください。

あわせて読みたい
【事業承継】またひとり、社長を卒業させました・・・
【事業承継】またひとり、社長を卒業させました・・・ ついに事業譲渡の契約書に調印する瞬間がきました。「会長プレゼントです」と、事業を引き継ぐことになる後継者の方が小さな箱を手渡しました。開けると黒く光る...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』

900社の支援で得られた体験と知恵をシェアします

奥村はメールマガジン『社長の着地戦略会』を発行しています。
事業承継や廃業、M&A、相続対策支援から得られた気付きやヒントをお届けしています。 セミナー等のイベント開催のお知らせも。
本サイトを訪問していただいたご縁です。 メルマガのご登録もしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる