900社の支援で得られた体験と知恵をシェア 着地戦略会

借金の返済に行き詰まりそうになったらどうする?(動画あり)


借金の返済が厳しくなってきたときどうしたらいいか。

返済猶予(リスケジュール)をするのはオーソドックスな打ち手となります。

しかし、結局本業で利益が出ていなければ墜落回避は免れません。

利益を出せるようにすることが経営持続の至上命題です。




とはいえ、売上アップをいくら叫んだところで、上手くいかないケースのほうが多いのも事実。

経営破綻の可能性は、冷静に受け入れておきたいところです。



もしその事実から目を背ければ、やるだけやったあげく、最後は周囲を巻き込んでの大事故を引き押すのがオチです。

個人や夫婦の資産を使い果たし、友人知人からの返せない借金を残し、仕入れ先や売掛先の支払いを踏み倒し・・・

こうなったらもう社長の居場所は残されていません。


でも経営破綻まで視野に入れて立ちふるまえば、迷惑をかける範囲をコントロールできます。

自宅を含めた最低限残したいものを保全することだってできるかもしれないのです。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられた神戸に住むコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』

900社の支援で得られた体験と知恵をシェアします

奥村はメールマガジン『社長の着地戦略会』を発行しています。
事業承継や廃業、M&A、相続対策支援から得られた気付きやヒントをお届けしています。 セミナー等のイベント開催のお知らせも。
本サイトを訪問していただいたご縁です。 メルマガのご登録もしていただけたら嬉しいです。

神戸オフィス
(グッドミーティング神戸六甲内


神戸市灘区篠原中町2丁目1-3-2 

阪急電鉄六甲駅より徒歩5分
JR六甲道より徒歩14分


目次
閉じる