奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

決算期末を迎える中小企業のオーナー社長へ

 

先日、品川のプリンスホテルで打ち合わせをしていたら、三菱グループの会社の株主総会もそこで行われていました。

あれだけの大企業になると、すごい数の人間が動くことになるのですね。

 

6月は株主総会がたくさんあります。

中小企業の場合は、そんなに株主がいません。

むしろほとんどはオーナー企業でしょう。

株主総会を実際に開催するところは少なく、議事録に押印だけして「はい、おわり!」といった感じで次の期に進むケースが多いのではないでしょうか。

 

 

株主総会はたとえ適当であっても、決算の申告の内容には気を使う社長は多いでしょう。

それ次第で、納めるべき税金の額が上下します。

また、銀行から融資を受けている場合は、決算内容を提出しなければいけません。

現実は赤字でも「さすがに赤字の決算書を提出したら、融資を引き上げられてしまうかも」と心配になり、黒字にするための何らかの作業がなされたりします。

 

 

決算は会社経営の一大事です。

決算を乗り切るために、小手先のテクニックがごにょごにょと活用されたりもしています。

ただ、こんなタイミングだからこそ、広い視野で先のことまで考えてみていただきたいとも思います。

 

例えば、利益をあげられていない事業。

黒字に見せて決算を乗り切ったところで、いつか無理がやってきます。

やみくもにがんばるだけでは傷口を広げてしまうかもしれません。

 

例えば、社長さんが高齢なのに、後継者がいない会社。

いつまで会社を続けられるでしょうか。

また、ただ状況が変わるのを待っているだけでは、おそらく何も変わらないでしょう。

 

 

決算は、年に一回状況を整理できる機会です。

一度足を止めて、普段は考えなかったことを考えてみてはいかがでしょうか。

不都合な事実を前に、見て見ぬふりをしていたことだってあるかもしれません。

(人間だからそんなものです)

 

決算が固まり、社長が持つ会社の株式の価格が見えたところで、相続のことなども考えてみていただきたいタイミングですね。

もちろん、この先の事業や会社をどうしていくか、という事業展開的な面も同様です。

 

 

★奥村聡の顧問サービス★
継がせられる会社をつくる「事業承継デザイナー顧問」

★社長の終着点と事業承継を考えるメルマガ★
「事業承継デザイナー奥村聡のメルマガ」

★顔の見える公開型後継ぎさがし★
後継ぎさがしの『あきないバトン』

★引き継げる会社の情報が欲しい方★
あきないバトンFacebookページ

 

プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。