奥村聡(事業承継デザイナー)
NHKスペシャルで「会社のおくりびと」として取り上げられた奥村聡が現場で培った経験を元に話します

「借金が増えたときどうする?」着地戦略会評定(神戸)

(追記)開催後の記録

8月31日に神戸のコワーキングスペース『コロコ』様より会場をお借りし、着地戦略会評定を開催しました。

コロナ下なので少人数でと考えていたら、あっという間に定員に達してしまった今回の評定(≒勉強会)です。



今回のテーマは、「借金が増えたときの立ち振る舞い方」。


債務整理の方法などの話は聞けるケースが多いのですが、経営者はどうしたらいいか?というテーマの話は皆無だったのではないでしょうか。

今回は、借金に対するリテラシーを高めることを目的としました。


コンテンツ

①借金の返済状況のものさし

返済状況が青信号なのか、黄色、赤信号なのか


②検証

実際に借金まみれで窮地に陥った社長のケースをもとに検証。

どうしてそうなった?

このまま破産をしたらどうなる?

今からでもできることは?

事例から得られる教訓は?


③ケース紹介

奥村が過去にコンサルティングした事例をいくつか紹介。


まとめ


いつもと同じく、ただ知るのではなく、身につけることを目的として勉強会を開催しました。

参加者の皆さんの顔を見ると、発見や深い学びも多かったのではないかと感じました。


着地戦略会の会員さんには、今回の様子を動画でお送りいたします。

お集まりいただいたみなさん、どうもありがとうございました。


イベント告知文


「借金が増えたときの立ちふるまい方」

次回の着地戦略会評定(勉強会)のテーマはこちらで実施します。

新型コロナ融資もあって、借金が大きくなっている会社がかなり増えたと思われます。

資格業等の経営指導をされる方は、どのように社長をガイドするか?

実際に経営に従事している社長は、いかにふるまいつつ、事業や身内を守ることができるか?を考えてみませんか。

今は大丈夫でも、会社はいつ借金に縛られるようになるかは分かりません。

社長業を営む方ならば先に押さえておきたい素養だと考えます。

大きくなった借金にまつわる様々な場面を想定して、とるべき姿勢と取りうる手段を検討してみましょう。



新型コロナの感染拡大が広がっているため、今回は神戸のみでこじんまりと開催するつもりです。

恐らく東京開催は見送ります。

また、参加型にしたいため、オンライン開催もいたしません。

(もちろん、着地戦略会会員のみなさんは、後日動画で様子を観ていただけるようにいたします)


想定する参加者

・中小企業の社長さん

・中小企業を承継予定の方

・士業等の経営指導に従事する方

※今苦しい状況になっている社長は参加しにくいかもしれませんが、参加者の個々の状況を開示させるような場面は作りません。
気にせず、借金への立ち向かい方を学びにきてください。


開催情報

●日時 8月31日(火) 17時から18時30分終了予定

●会場 コロコ(神戸三宮)
   651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通6−1−17 ウェンブレービル

●定員 8名まで

●申込方法 申込フォームをご利用ください
 ⇒申込フォーム


●参加費(税込)

 会員様 1,000円

 一般  3,000円

おわりに

たとえば、自己破産などの法的処理をする場合でも、その前にいかにふるまうかで結果は全然違ってきます。

法律論ではない、活きた知恵を持って帰ってください。

プロフィール

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は850社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられたコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?
興味いただけた方は、リンク先もお読みください。